10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

スカウトマンを使ってお店を探すときはその人の専門性を最重視すべし

どうも。夜職屋さんです。

スカウトマン、いっぱいいて誰を選べばいいか分からんよね。

本記事では、

キャバクラを探しているが全くの無知なのでスカウトマンに相談したいが、どのスカウトマンに相談すればいいのか分からない。皆どんな仕事でも紹介できると言うし、騙されて風俗に紹介されたりするのもコワイ…。優良なスカウトマンの見分けた方やこんなスカウトマンに相談するのがオススメって見分け方があれば知りたい。

 

と言った方向けにご説明します。

本記事の執筆者である僕は元路上スカウトでして、自分がスカウトしていた時の女性に対する心理も嘘偽りなく晒せますし、現役でスカウトをしている方との接点を持つことで見えてくるものも多かったので、その辺の内容も織り交ぜながら書いていきます。

 

本記事の内容

  • 失敗しないスカウトマンの選び方
  • スカウトマンには悪い人もいれば良い人もいる
  • 複数の業種を紹介できることが悪という訳ではない話

 

これからスカウトマンに相談しながらお店を探そうとしている方や、過去にスカウトマンに騙された経験がある女性に読んでいただければと思います。

スカウトマンを使ってお店を探すときはその人の専門性を最重視すべし

スムーズに店舗決定を進めるにはシンプルにコレに尽きます。

専門性を持ったスカウトマンはその分野において最強

オールジャンルで業種を扱うスカウトマンとキャバクラ専門で紹介を行うスカウトマンでは、後者の方が条件的に優遇される可能性が高いです。

理由は簡単でして、多くの女性をお店に入店させてくれるスカウトマンには店舗側から特別条件を貰えるからです。

『◯◯さんが紹介してくれる子なら保証期間長めに出してもいいよ』みたいなやつですね。

 

店舗側からすれば頻繁に女性を紹介してくれるスカウトマンを逃したくはありませんし、このスカウトマンに頼めば高ランクで仕事のできる女性を連れてきてくれると思われる訳です。

契約しているお店の雰囲気や客層・基本システムなどはスカウトマンなら全員全て把握しているはずですが、どれだけお店に顔が効くかによって表面上の条件は大きく変わります。

 

ちなみに、僕はとある特定地域専門でキャバクラ派遣をメインに女性紹介を行なっていたのですが、派遣ですら他社との条件の差は凄まじかったです。

同じお店が同じ日時で募集をかけているにも関わらず、ウチの方が時給が1000円高くて引かれる物もオールカットにしてくれたりとか全然ありました。

 

やはり専門性の高いスカウトマンは頻繁にお店に顔を出す機会も増えますし店舗の人とも仲がいいので、好条件として女性に還元できる部分が多いです。

最終的に専門性が高いスカウトマンに仕事が流れるケースがある

仮にオールジャンル紹介できるスカウトマンに紹介を依頼したとしても、実際はその業種にあまり詳しくなく、専門スカウトに紹介代行を依頼するケースも多いです。

 

例えば、スカウトではありませんがキャバクラ紹介専門で言えば関東エリアで絶大な紹介実績を誇るJANELというキャバクラ紹介専門企業があります。

この会社は多くのスカウトマンと提携をしており、キャバクラに弱いスカウトマンでも女性を紹介できるようにスカウトマンに変わって条件交渉から店舗選定まで行なってくれます。

 

要は、風俗専門のスカウトマンでもJANELを利用すればキャバクラ希望の女性を逃すことなくお金に出来るということです。

流れとしては下記です。

  1. 風俗スカウトマンが女性スカウトする
  2. キャバクラ希望の為、自分の専門外
  3. 風俗スカウトマンがJANELに紹介代行を依頼
  4. 女性は風俗スカウトマンではなくJANELのスタッフと店舗相談
  5. JANELの紹介店舗に女性が入店
  6. JANELがスカウトバックを回収後、風俗スカウトマンに支払う

 

これを見て分かるように、たらい回しにされて最終的に辿り着くのは専門性の高いスカウト(又は紹介会社)になります。

 

最終的に専門性の高いスカウトマンに紹介してもらえてかつ条件も上がればいいじゃんと思われるかもしれませんが、スカウトマンによっては女性の希望業種を無視して自分の専門業種に紹介しようとする方もいますので、その辺りのリスクを避けるためにも最初から専門性の高いスカウトマンや紹介業者に相談することがオススメです。

仕事が丁寧かつ早い

これは僕の周りのスカウトマンだけかもしれませんが、自分のメインじゃない紹介案件を抱えた時に仕事が適当になるスカウトマンが多く感じます。それに比べて専門性の高いスカウトマンは仕事が早い。

 

例えば、オールジャンル紹介しているけど出稼ぎをメインに力を入れているスカウトマンがいるとしましょう。

キャバクラの紹介と出稼ぎの紹介どちらが儲かるかと言えば紹介店舗によりけりですが、リピートなどを考えても出稼ぎの方が儲かると思います。

そこで、たまたま上がったキャバクラ希望の女性に対して自分でも紹介出来るのに面倒臭がって部下に対応を任せたり、紹介業者に代行を頼むスカウトマンもいます。

失礼な話ですが、どこの高級店でも面接通っちゃうような容姿綺麗な方は別でして、当たり障りのない普通レベルの容姿の子に多いです。

このようなスカウトマンは、あくまでメインは出稼ぎだしキャバクラは決まればラッキーくらいに考えています。

逆を言えば、専門性の高いスカウトマンが仕事が早いのではなく、専門性の低いスカウトマンが適当なだけかもしれません。

 

もちろん全業種しっかり迅速な対応を心がけているスカウトマンもいますが、残念なスカウトマンもいるのが事実です。

専門性の高いスカウトマンを見分けるには

単純に『紹介出来る業種は何ですか?』と聞けばOKです。

多くのスカウトマンは取りこぼしの無いように全て紹介可能と答えると思いますが、マジで紹介業種を絞ってるスカウトマンは正直に答えますよ。

もしくは、『キャバクラ専門だけど、風俗に強いスカウトも知り合いにいるから紹介出来ないことはないよ』と答えるはずです。

 

僕はキャバクラ専門でしたが、稀に風俗も紹介希望の相談をされることがありまして、その際は正直に自分は紹介できないがその手に強い知り合いを紹介することは出来ると伝えていました。

どれくらいその分野に専門性置いているかによりますが、僕の場合は『キャバクラならお任せ!』と強く押しているのにも関わらず、『風俗も紹介できるよ』とイメージを変えたくなかったというのもあります。

結局希望している子には良かったとしても、噂で『キャバクラだけでなく風俗も紹介している』となりブランドイメージに傷がつくのを避けたかったというのがあります。信用を築ければ友達紹介もメキメキと増えますからね。

風俗が悪い仕事と思ってる訳ではなく、コレが逆でも僕は同じような対応をします。

スカウトマンには悪い人もいれば良い人もいます

残念ながら事実です。

キャバクラ希望なのに自分が儲かるという都合で風俗への提案を強めたり、会社のノルマや顧問店の都合でキャバクラで働くことを強く進めたりと。

しかし、逆を言えば新宿スワンのタツヒコみたいな優しいスカウトマンもいます。

オールジャンルを扱うスカウトマンに相談する際は、しっかりと自分の意見を聞いてアドバイスをくれるか重視しましょう。

 

ただ勘違いしないで欲しいのですが、必ずしも自分の希望業種と別の業種を提案してきたから悪いスカウトという訳ではありません。

彼らもナイトワーク紹介のプロですから、女性のタイプや性格を見て的確に稼げる業種を提案します。

『どうしても風俗は出来ない』と断っても断っても進めてくるスカウトマンは悪かもしれませんが、一度断ったらサッと希望業種の最善提案をしてくれるスカウトマンは寧ろ女性のことをしっかりと考えている優良スカウトマンですよ。

複数の業種を紹介できることが悪という訳ではなく、自分の中で希望業種が決まっているなら専門性の高いスカウトマンの相談するのがベスト。

自分に合ったスカウトマンを見極める為に本記事の内容が参考になれば幸いです。