このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラのナンバーとは?ナンバー入りするためにやるべきことを元キャバ嬢が話すよ

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバ嬢の多くが目指している「ナンバー入り」

今回は「ナンバー」に入っているキャバ嬢に共通している特徴や、ナンバー入りするためにやるべきことを解説するよ♪

ナンバーに入るために必要なのは「美貌」や「スキル」ではありません!

スキルはもちろん高い方が良いですが、そういったものはやっていれば身に付いてくるもの。

大切なのが「マインド」です。自分で自分の機嫌を取りながら、仕事に対するプライドを持って働いていれば必ず結果は付いてくるはずです。

売れているキャバ嬢は人一倍努力していますし前向きです。

ナンバー入りを目指したいキャバ嬢はぜひぜひ参考にしてくださいね♡

キャバクラの「ナンバー」とは?

そもそもキャバクラの「ナンバー」とは何か?について説明しましょう。

「ナンバー」とは成績(売上など)がその店でTOP5に入るキャバ嬢のこと。

(お店によってはTOP10までを「ナンバー」と呼ぶこともある)

要はお店で売れている・人気があるキャバ嬢のことを「ナンバー入りキャバ嬢」と呼びます

「ナンバー」のキャバ嬢はもちろん、店にとっては欠かせない存在ですし売上も上げているので給料も高いです。

キャバクラで本気で頑張ってみたい人は店の大小関係なしに、その店で「ナンバー入り」を目指してみましょう!

ナンバー入りしているキャバ嬢に共通する特徴

では、「ナンバー入りしているキャバ嬢」に共通する特徴を見ていきましょう!

私が過去10年のナイトワークで見てきた売れっ子キャバ嬢全員に共通していたことなので、参考になるはずです♪

サリー

ちなみに私も売れっ子キャバ嬢さんの真似をしてナンバー入りを果たしていますよ♪

幅広い接客ができる

キャバ嬢によって「得意なお客」「苦手なお客」というのはあるものです。

どんな売れっ子キャバ嬢さんでも「苦手なタイプ」はあるものなので気にする必要はありません。

ですが、ナンバー入りしているキャバ嬢さんたちは基本的には「どんなお客でも接客できる」人が多いです。

苦手なお客が来ても顔に出したり態度に出したりせず、分け隔てなく接客ができるということ。

苦手なタイプのお客でも失礼なくある程度会話ができる接客技術を持っているんですよね。

接客技術を磨く努力をしなければこうはなれません。

キャバクラの接客のコツ|指名が増える接客方法を元キャバ嬢が大暴露

お客のタイプを見分ける目を持っている

接客をする上で、お客のタイプを見分けるのはとても重要なことです。

接客の仕方を間違えていると、どれだけ努力をしてもお客に気に入られることはできません。

お客に合わせた接客をするためにある程度お客をカテゴライズするのもキャバ嬢には必要なスキル。

お客のタイプを見分けるには経験が必要ですから、色んなお客を接客しながら見る目を付けていきましょう。

キャバ嬢の営業の種類|指名客を増やしたいなら確認しとこう

前向きに努力している

キャバ嬢なら心当たりがあると思いますが、売れているキャバ嬢さんほどネガティブなことを言わないものではないでしょうか。

「しんどい」「疲れた」「今日はやる気がない」なんて待機場で話すキャバ嬢ほど売れていませんよね。(笑)

これはキャバ嬢あるあるでしょう。

ナンバー入りしているキャバ嬢さんたちは常に前向きに努力しています。

お給料をたくさん稼ぐためもありますが、自分のプライドや責任感を強く持ってキャバ嬢という仕事をしているからだと思います。

頑張りすぎても辛くなるだけだということを経験上分かっているので、自分に合った方法で努力するのも上手なんですよね。

働く環境を重要視している

私が今まで見てきた「ナンバー入りキャバ嬢」たちはみんな素敵な先輩でした。

他のキャバ嬢の悪口を言ったり、店の愚痴を同じ店のキャバ嬢に話したりする人はいませんでしたね。

ある程度売上を上げられるようになると勘違いするキャバ嬢もいますが、お店があるからキャバ嬢は稼げるわけです。

そして、キャバ嬢がいるからお店があるわけです。

ですから店とキャバ嬢は持ちつ持たれつ。良い環境で働いて稼ぐためにそれを分かっていなければいけません。

店や他のキャバ嬢を敵に回してしまうと、ナンバー入りは難しいでしょう。

【キャバクラで働くなら!】お店・先輩キャバ嬢に気に入られる方法を知っておこう

ナンバー入りを目指すためにやるべきこと

「ナンバー入りを目指している」「目指したい!」というやる気のあるキャバ嬢さんなら絶対にできる!

ナンバー入りするためにやるべきこと、を紹介します。

これらは実際に私が働いていた時にお店のスタッフや代表、先輩キャバ嬢が教えてくれたこと。

実際にこれらを実践して「ナンバー入り」できたので試してみて損はないと思いますよ♡

自己分析

まず初めに、ナンバー入りを目指したいなら自分の接客やタイプを見直してみましょう。

自分の得意な接客方法を知っておくことで、得意なお客のタイプも見えてきます。

自分の欠点や長所を知り、どこをどのように伸ばせば成長できるのか考えてみてください。

苦手なことを無理にしても大きく成長するのは難しいですから、得意なことを「プロ」と呼ばれるくらい磨くのがコツです。

サリー

自分で見なおすのが難しい場合は、先輩キャバ嬢やお店のスタッフに相談してみるのもアリ!

自分磨き

キャバ嬢にとっては「自分磨き」も仕事のうちです。

容姿だけでなく性格などの内面的な魅力も磨きましょう。

「自分磨き」をしっかりすることで自分に自信も付いて前向きになりますしおすすめです。

エステや運動、趣味を充実させるなど「リフレッシュ」も「自分磨き」には必要ですよ♪

お客を大切にする

お客に優劣を付けるキャバ嬢は多いですが、それはやめておいた方が良いです。

お客はキャバ嬢である自分のためにお金と時間を使って来てくれるわけです。

どこかで「感謝の気持ち」を持っていなければ接客も苦痛になりやすいでしょう。

優劣を付けるのではなく、区別をするようにしてください。

細客・太客といったように区別を付けるのは悪いことではありませんが、どちらのお客も大切なお客であることに変わりありません。

基本的にどんなお客であったとしても手を抜いていい接客はありません

【NG例】キャバクラでやってはいけない接客を元キャバ嬢が話すよ

顧客管理

顧客管理はナンバー入りを目指すなら絶対にしておいた方が良いです!

キャバクラには毎日たくさんのお客が来ますし、頭の中だけでお客の情報を覚えておくのは難しいでしょう。

お客はキャバ嬢と前回した話を覚えているもの。

前回の話を忘れて同じ質問をしてしまったりすると印象が悪くなってしまいます。

スマホのメモ帳でも良いですが、ノートにお客の情報を書いておくのがおすすめです。

  • お客の特徴
  • 来店してくれた日にちと曜日
  • タバコの銘柄や好きなお酒
  • 趣味や好きなこと、好きなタイプ
  • 既婚未婚、彼女の有無

他にもたくさんありますが、お客の情報を書いておけば久しぶりの来店でも話が盛り上がります。

お客からしても、キャバ嬢が自分のことを覚えていてくれるのは嬉しいものですよ♪

マメな営業

営業は欠かせない仕事です。

ナンバー入りを目指すなら営業努力は欠かせません

メールやLINE、電話などを使ってお客と常にコンタクトを取っておきましょう。

営業せずに来てくれるお客も稀にいますが、かなり少数なので期待しない方が良いですね。

キャバ嬢は営業電話もするべきか?上手な電話コツまで元キャバ嬢が解説

ニュースや新聞、スマホで情報を仕入れる

接客技術を上げるためには、色んなお客をとにかく接客すること。

そして、毎日ニュースや新聞、スマホのニュースなどを見て話題をチェックしておくことです。

興味がなくても株や投資、海外のニュースまでサラっとでもチェックしておくのがおすすめ!

徹底的に詳しくなる必要はありません。

「ある程度知っている」くらいで十分です。

会話中に分からないことがあれば素直にお客に聞いてみましょう。

SNSを上手く利用する

TwitterやInstagram、Facebookなど、キャバ嬢としての自分のアカウントを作ってお客にアピールするのもおすすめですよ。

上手くいけば「ファン営業」ができるお客ができる可能性もあります♡

また、SNSを見て地方から来てくれたなんてことも。

お客からすればSNSでお気に入りのキャバ嬢のプライベートが見れるので嬉しいでしょう。

といっても、本当にプライベートをアップする必要はありません。

キャバ嬢がファン営業するメリット!テクニック話もするよ

キャバ嬢をするなら「ナンバー入り」を目指そう!

ナンバー入りするためにするべきことを解説しました!

どうせキャバ嬢をするなら「ナンバー入り」を目指してみるのがおすすめですよ♪

頑張れば頑張るほど結果もお給料も付いてくる仕事ですから、上手くいけばきっと楽しいはずです。

努力の方向性は間違えないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です