このブログを書いてる人のプロフィール

身分証が必要ないキャバクラはマジで危険だよ!体入に必要な身分証も紹介

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラで働くためには「顔写真付きの身分証明書」が必要です。

少し前までは住民票や保険証のみでも働けた時代もあったのですが、現在では「顔写真付きの身分証明書」以外を提出しても働くことはできません。

入店前に「体験入店」する際にも必須です。

今回はこの「身分証」についてのお話をします♡

キャバクラで働くために身分証が必要な理由

キャバクラで働くのになぜ身分証が必要なのか?

「夜のお店だし、個人情報のコピーを取られるのは抵抗がある」と思う人もいるかもしれませんね。

キャバクラが身分証の提出を条件にしているのは法律で決まっているからです。

決して店が個人情報を集める目的ではないので安心してください。

年齢確認のため

キャバクラを含め、夜のお仕事は風俗営業法で「18歳未満」は働けないと決まっています。

また18歳以上であっても「高校生」は働けません。

これは法律で決まっているため、18歳未満を働かせていることが分かると警察の捜査が入り営業停止処分などになってしまうんです。

しかし、少し前までは「ミテコ」と呼ばれる18歳未満の女性がいた時代もあります。

身分証の提示が「住民票のみ」で働けた時は、いくらでも誤魔化すことができたからでしょう。

店も騙されていたパターンも多いですが、その場合でも法律違反で営業停止処分になります。

そういったことを避けるために誤魔化しの効かない「顔写真付きの身分証」が必要なのです。

不正就労を防ぐため

また風俗営業法では他にも「永住権がある外国人を除き、日本人以外の雇用は禁止」されています。

不法滞在者ではないか、不正就労ではないかを確認するためにも身分証の提示が必要です。

顔写真付きのコピーではない身分証が必要なので、誰かの身分証を借りたり偽造することは不可能ですよね。

法律で定められているため

上で紹介した理由以外にも、風俗営業法では「風俗店は、お店のスタッフやキャバ嬢など従業員全員の本籍地と生年月日が載っている従業員名簿を保管しておかなければいけない」と決まっています。

「ミテコ」や不法滞在している外国人による風俗営業などがあったため、厳しくなったのかもしれませんね。

法律で決まっていることなので、身分証の提示に抵抗があるなら夜のお仕事はできません。

昔と違って取り締まりも厳しくなっていますし、風俗店は定期的に警察の立ち入りもあります。

その時に従業員名簿もしっかり確認されるので法を犯してミテコを雇うなんてデメリットしかないわけです。

身分証が必要ないキャバクラは「違法風俗店」

キャバクラで働く上で身分証が必要な理由は「法律で決まっているから」です。

ということは、身分証が必要ないお店というのは「違法風俗店」となります。

現在はそんなお店はほとんどないでしょう。

たまに体験入店なら「身分証なしOK」なんてお店もあるようですが、それももちろん違法です。

入店前の体験入店でも働くなら身分証の提示は必須だと法律で決まっています。

そんなお店は摘発されますし、もし18歳以上であったとしても働いているお店が摘発されてしまうと警察署で事情を聞かれることもあります。

摘発されてミテコが働いていることが分かった場合、お店は罰金を払う上に営業停止処分を受けるのでお給料をもらえないまま…なんて可能性もあります

キャバクラで働くなら身分証の提示が必須のところで働く方が安全ですし安心です。

体験入店するために必要な身分証って?

「顔写真付きの身分証明書」といっても何が必要なのか分かりにくいですよね。

免許証を持っていればそれでOKですが、私をふくめ免許を持っていない人も多いですし。

キャバクラで働くには

  • 顔写真
  • 本籍地
  • 生年月日

これらが記載された身分証の提出が必要

「顔写真付きの身分証明書」とは?

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 写真付きマイナンバーカード
  • 住基カード

これらの身分証があれば問題なく体験入店も入店も可能です。

どれも写真付きで本籍地や生年月日が記載されているので1枚で問題ありません。

ただし、ICチップの運転免許証の場合は本籍地記載の住民票も必要です。

ちなみに昔は身分証のコピーでも大丈夫でしたが、現在はコピー不可のお店がほとんどです。

大体の場合お店でコピーを取って原本を返します。

身分証がない場合はどうすればいい?

身分証が保険証や住民票しかない。

顔写真付きの身分証なんて持っていない!という場合は

  • 保険証(住民票)+顔写真付きの学生証
  • 保険証(住民票)+顔写真付きの社員証
  • 保険証(住民票)+卒業アルバム

など、本籍地と顔写真、生年月日が確認できるものを複数提示すれば働けます。

外国籍の場合に必要な身分証は?

外国籍の人の場合は「外国人登録証」「在留カード」「パスポート」が必要です。

永住権を持っているのであれば本籍地記載の住民票も必要ですね。

本人に永住権がなくても旦那さんが日本人だったり永住権を持っていれば大丈夫です。

ただし、お店によって決まりも違うので必要なものは事前に店に確認しておいた方が安心でしょう。

働くなら身分証の提示必須のお店で!

くどいようですが、キャバクラで身分証の提示が必須なのは「法律で決まっているから」です。

そのため、身分証が必要ないお店は「違法店」でありおすすめしません。

法律を守らないお店に優良店はありませんし、運よく摘発を免れても「給料の未払い」などのトラブルがないとも限りません。

働くなら風営法を守って安心できるお店で働いてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です