このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラの給率制とは?給率制のお店で働くメリット・デメリットを話すよ

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

一般的にキャバクラは「時給+バック」という給料システムが多いです。

しかし、高級キャバクラやクラブなどでは日給制や給率制などの給料システムを採用しているお店も多いため、未経験者は特に注意が必要!

今回は大阪の北新地や東京の一部で採用されている「給率制」の給料システムについて解説します!

働くお店の給料システムを理解しておくことは、お給料を上げるためにも重要なこと!

しっかり覚えておくようにしましょう。

キャバクラの給率制とは?

まずは「給率制」の給料システムの仕組みを解説します。

「給率制」のお店は、そんなに多くないためキャバ嬢経験者でも仕組みを知らない人がほとんど。

  • 給料÷本指名売り上げ×100=給率

給率制は時給ではなく、売上至上主義!

給料と売り上げの割合を出すので、黒字キャストか赤字キャストかがハッキリ分かる厳しいシステムになっています。

「給率制」の給料例

給料が32万円・売り上げが35万円だった場合…

320,000÷350,000=約91%

100%を切っているため「黒字」となり、給料アップ!

「給率」で黒字だった場合は、給料に各種バックが付いたり時給が上がります。

売り上げを上げられるキャバ嬢は「給率制」のお店ならかなり稼げるでしょう。

給料が50万円・売り上げが40万円だった場合…

500,000÷400,000=約125%

100%を超えているため「赤字」となり、給料カットやバック無しなどのペナルティが発生

給率100%を超えるキャストは「赤字キャスト」と呼ばれ、ペナルティ以外にもお店から注意や指導が入ることも。

「給率制」の基準

大体、どこのお店も給率70%を下回ると優秀キャストと見られますね。

また、80%程度を基準にしているお店が多く、80%を下回ると給料アップ、100%を超えるとペナルティというのが一般的なシステムでしょう。

ただ、どの程度の割合を求められるかはお店にもよるので注意してください。

サリー

私の友人は「給率制」のお店で「給率50%が基準」と言われ80%を下回っても、給料アップしなかったことがあるそう…。

このあたりはお店によってまちまちなので、判断がしにくいところです。

給率制のお店で働くのを希望するのであれば、キャバ専門の紹介会社を通すのをおすすめします。

私が現役のときにお世話になっていた紹介会社が→JANELさん

事前にシステムを確認してから、どうするべきかを検討できるので後々にお店とトラブらないように相談したほうが絶対に安心ですよ!

→紹介会社JANELに無料で相談してみる

給率制のメリット

給率制のメリットは「時給ではない」というところにあります。

大体のキャバクラは「時給+バック」制を採用しており、スライド制であってもバック制であっても、出勤した時間が給料になりますよね。

給率制は「完全売上主義」になるため、極端に言えば「自分のお客が来店するときだけ出勤すればいい」わけです。

また、自分の給料は自分の売り上げで稼ぐ…という形になるため、しっかりと売り上げを上げられるキャバ嬢なら、給率制システムの方がメリットが多いでしょう。

スライド制の給料システムはこちらの記事をチェック!

【給料システム】キャバクラのスライド制の仕組みを分かりやすく解説するよ

バックシステムについてはこちらの記事をチェック!

給率制のデメリット

給率制のデメリットも「時給ではない」という部分になるでしょう。

時給制であれば、出勤すれば売り上げが無かったとしても、ペナルティなどで引かれたとしても時給分の給料はもらえますよね。

しかし、給率制は「売り上げ」がお給料になるため、売り上げがゼロなら給料もゼロ

自分のお客がいない、出勤日数が少ないキャバ嬢には向いていないシステムと言えます。

お店が「保証期間」を設けてくれている場合もありますが、その間にしっかりとお客を掴んでおかないと稼ぐのは難しいですね。

キャバクラの保証期間についてはこちらの記事をチェックしてね!

給率制が向いているキャバ嬢とは?

給率制のシステムを紹介しましたが、どのような人に向いているシステムなのか解説します。

冒頭で言った通り、「給率制」は初心者キャバ嬢や未経験キャバ嬢には向いていません。

経験者であり、自分がどのくらい稼げるのか挑戦したいキャバ嬢向きと言えるでしょう。

本指名客(太客)を持っている

太客や指名客を持っているキャバ嬢であれば、給率制が向いているでしょう。

完全売上至上主義なので、働いた時間や日数よりも売り上げが重視されます

月に1回の来店でも高額を落としてくれるお客が数人でもいれば、給料は安泰でしょう。

「給率制」は、「赤字キャスト」「黒字キャスト」が指名数ではなく「売り上げ」でハッキリ分かるため、そこそこ自信が無ければ厳しい条件でもあります。

キャリアがある

キャバ嬢としてのキャリアがあり、自分がどの程度売り上げを上げられるか、どの程度稼げるかなど、キャバ嬢として挑戦したい方にも向いています。

上手くいけば、時給制のお店よりも、少ない日数でかなり稼げるため、キャバ嬢としてやっていきたい!という専業キャバ嬢の方にも良いでしょう。

キャリアやお客が無ければ厳しいシステムですね。

キャバクラの給率制のまとめ!

今回はキャバクラの「給率制」という給料システムについて紹介しました。

「給率制」はデメリットも大きいですが、メリットもかなり大きいです。

キャリアやお客がいるキャバ嬢なら「時給制」よりも稼げるのでおすすめかもしれません。

また、「給率制」を採用しているキャバクラは東京では少なく、大阪に多いです。

サリー

大阪でも「北新地」などの一部地域に限られるよ。

給率制のお店で働いてみたいなら、ホント紹介会社を利用してくださいね。

私が現役のときにお世話になっていた紹介会社が→JANELさん

給率の割合基準もあいまいなお店も実際に存在するので、勤務後にトラブルになるのだけは絶対に避けたほうがいいです。

仮に、揉めることが起きても紹介会社を通していれば直接お店にものを言わなくても紹介会社の人に相談できるので心強いですよ。

→紹介会社JANELに無料で相談してみる

→希望エリアに気になるお店があるか一覧で見る

サリー

JANELさんは厚生省認可の紹介会社なので安心して相談してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です