このブログを書いてる人のプロフィール

元キャバ嬢が伝授!キャバクラ面接におすすめの服装と髪型【NG例も紹介】

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。
  • キャバクラの面接で受かりやすい見た目って?
  • キャバクラの面接におすすめのファッションやメイクは?

今回はキャバクラの面接に受かりやすくなる服装・メイク・髪型を解説します!

服装やメイクに気合い入れなくても、美人なら誰でも働けるんじゃないの?

女の子

そんな風に思っている女性も少なくありませんが、キャバクラの面接では美人でも落ちることがあります

逆に、美人と呼べる女性でなくても、身だしなみ次第で好印象を持ってもらえることもかなりあります。

『キャバクラは選ばれし美女のみが働ける…』と元キャバ嬢的には言いたいところですが(笑)、実際はそんなことありません。

キャバクラの面接で大切なのは『女子力』と『清潔感』!この2つを抑えておけば、確実に面接は受かりやすくなります!

キャバクラの面接内容についてはこちらをチェック!

【質問】キャバクラの面接って何を聞かれる?面接の心構えを元キャバ嬢が話そう

キャバクラの面接に受かりやすい服装とは?

『面接』と聞くと、私服でもパンツスタイルを意識してしまいがちですが、キャバクラでパンツスタイルはNG

お店の雰囲気に合わせることも大切ですが、『女子』を強く意識できるようなファッションが採用されやすいです!

キャバクラでは面接でスタート時給が決まることが多いので、面接にも本気の女子力を出して行きましょう!

魅力をアピールできる服装

キャバクラで働くとドレスを着ます。

肌を露出するドレスが多いので、『ドレス映え』するかどうかは非常に重要

極端に太っていたり、細すぎるとドレスは似合わないんですよね…。

『ドレスが似合わなそう…』と思われると採用される可能性は下がります

そのため、自分の魅力をアピールできる服装が好ましいです。

脚に自信があるならショートパンツやスカート、スタイルに自信があるならタイトなファッションなどが良いですね♡

サリー

スタイルが良ければもちろん言うことはないけど、良い・悪いに関わらず、魅力的な部分を持っていれば大丈夫!

デートに行くときのようなファッション

具体的に言えば、彼氏や好きな人とデートに行く時のようなファッションがかなりおすすめ

デートのときにジャージやスウェットは着て行きませんよね?

ワンピースやスカートスタイルなど、女子力満載で行くはずです。(笑)

キャバクラの面接でも持ちうる限りの女子力を発揮してください♡

友人の結婚式に行くときのようなファッション

普段からパンツスタイルが多く、デートにもパンツスタイルで行きますが?という女性なら、友人の結婚式に行くときのようなファッションを意識してみてください。

派手すぎず、地味すぎず、女子らしさもある…そんなファッションがキャバクラではウケが良いです。

キャバクラの採用基準についてはこちらもチェック!

キャバクラ面接の採用基準って?お店が見てるのは容姿だけじゃないってお話

ヒールがおすすめ!

靴はヒールがおすすめです♡スタイルが良く見えやすいですし、女性らしさも感じさせるのでポイント高めです。

ペタンコ靴でも、女性らしい靴でファッションに合っていれば問題はありません。

サリー

意外と多いのが『靴が汚れている』女子!

ヒールがすり減っている、爪先がハゲている…なんて靴はヒールでもNG。

キャバクラの面接に受かりやすい髪型・メイクとは?

続いてはキャバクラの面接に受かりやすい髪型とメイクを解説します。

髪型やメイクはファッションよりも重要かもしれません!

濃いめのメイクがおすすめ!

デートに行くようなファッションが良いなら、デートに行くようなメイクが良いの?

女の子

それは少し違うんです。メイクはデートに行くときよりも派手で少し濃いめにした方が良いですね!

キャバクラはほとんどのお店が少し暗めになっているので、夜に映えるメイクをした方が良いです。

いつもよりもアイメイクや肌のメイクも濃いめを意識すれば大丈夫!

清潔感のあるメイクで!

濃いめのメイクで気を付けなければいけないのが『清潔感』です。

メイクをバッチリすると、逆に細かい粗が目立つこともあるんですよね。

  • ファンデーションにムラがある
  • マスカラがダマになっている
  • アイラインが滲んでいる
  • 顔の色と首の色が違う

濃いめのメイクをやりなれていない女性は、こんな風なミスをやりがちです。

こういった特徴があると、清潔感のある印象は持たれません

メイクをバッチリしていても、ファッションが決まっていても、清潔感が無ければ採用は難しいですね。

軽く巻くだけでも大丈夫

人の見た目、特に女性の見た目は髪型でかなり印象が変わります

ボサボサで傷みまくりの髪や、ノーセットでキャバクラの面接に行くのはNGです。

髪がボサボサだと『清潔感』は持てませんし、メイクと服装が完璧でも『見た目に気を遣っていない』と思われてしまいます。

キャバクラの面接では、わざわざヘアセットに行く必要はありません。

自分で軽く巻くだけでも全然大丈夫です。きちんとセットしている感じが伝わればOK。

サリー

最近は盛り髪をするキャバ嬢もいないから、毛先を巻くだけでも十分だよ♪

キャバクラの面接でNGな見た目って?

キャバクラの面接で、絶対に落とされる…!そんな見た目を解説します。

キャバクラでは『見た目』といっても、美人だとか可愛いだとか、顔の造りは重要ではありません

1番大切なのは雰囲気なんです!女性を感じる見た目、清潔感ある見た目、可愛い雰囲気など、その人が持つ雰囲気がキャバクラに合うかどうかを見て、採用するかどうかを決めます。

とりあえず面接に行くだけだから、と気を抜くと時給額も上がりませんし、面接に落ちることもあるので要注意!

ナチュラルメイク・すっぴんメイク・すっぴん

世間ではナチュラルメイクやすっぴんメイクが流行っていますが、キャバクラの面接ではイメージは良くありません。

そもそも店内が暗いので、すっぴんメイクだと顔の印象が薄くなってしまうんですよね。

女性として素敵でも、キャバ嬢としては薄いメイクは不正解なのです。

また、私が過去に面接をした女性の中には、すっぴんで面接に訪れた強者も居ましたが、もちろん不採用。

メイクをしたらどんな顔立ちになるのかが分かりませんし、すっぴんで働けると思われたら困りますからね。

ジャージ・ボーイッシュな服装

ジャージやスウェットは1番嫌われます。

私が過去に働いていたお店では出勤時の服装でもジャージやスウェットは禁止でした。

キャバクラではどこもそうだと思います。いつどこでお客様に見られているか分からないですから、ジャージにすっぴんでお店の回りをウロウロするなんて言語道断

面接にそんな恰好で来たら、「何しに来たの?」と思われてしまうかも…。

ボーイッシュな服装も、面接には不向きですね。女子のボーイッシュスタイルはとっても可愛いのですが、キャバ嬢には「ボーイッシュ」は求められません。

個性的すぎる服装やメイク

私が過去に面接をした女性の中にたまにいたのですが、パンク系やロック、ゴスロリなどのファッション・メイクを好んでする女性も多いですよね。

個人的にはそういった格好をしている人を見るのは、とても好きなのですが、キャバクラの面接ではウケも印象も悪いです。

正直に言ってしまうと「管理が難しそう」だと思ってしまうんですよね…。

どういった場面でも自分の個性を通してくる女性は、店が「入店後、ちゃんと管理できないかも…」「我が強すぎるかも…」と思ってしまうんです。

TPOが出来ていない…と思われる可能性もあるので個性的なファッションはプライベートで楽しみましょう。

清潔感がない見た目

先述の通り、清潔感は必須です。キャバクラは接客業ですから、清潔感ある女性であることは第一条件。

髪がボサボサでプリンになっている、ネイルがハゲたまま、メイクが適当…といった見た目は清潔感を与えないので注意しましょう。

面接で時給が決まる!自分の魅力は最大限にアピールしよう!

キャバクラでは、面接でスタート時給が決まることがほとんどです。

女性によって時給が上下するということは、自分次第で、高時給で働ける可能性もあるということ!

キャバクラの面接では『女子力』と『清潔感』を意識したファッション・メイクで自己アピールをしてくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です