キャバクラ在籍

【キャバ嬢を体験】キャバクラを体験入店するメリット・体入までの流れを解説

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

これからキャバクラで働こうと思っている人にとって『体験入店(体入)』はメリットだらけです。

体験入店で、実際店の中に入ることでお店の雰囲気や働く環境、夜の仕事が合っているかどうかも分かります。

体験入店をせずに本入店すると、「こんなはずじゃなかった」なんて後悔も出てきやすいんです。

外から見るだけでは分からないお店事情ってたくさんありますし…。

人間関係なんかは働く上で重要なポイントですよね。

何も知らずに飛び込むと損をするかもしれません。そこで今回は、

  • 体験入店のメリット
  • 体験入店までの流れ
  • 体験入店とキャバクラ派遣の違い
  • 体験入店に対するQ&A

など元キャバ嬢が体入についてガッツリ解説します!

体験入店に対する不安がある方はぜひ最後まで読んでくださいね♪

キャバクラで体入(体験入店)するメリット

私自身、体験入店をしてから働くお店を決めてきました。

私は水商売経験が10年ありますが、何年働こうが新しいお店に行く時は必ず体験入店をしていました

実際に中に入ってみないと分からないことはたくさんあります。

体験入店で、お店の雰囲気が合わないと感じれば本入店を断ることもできますし、キャバクラ初心者なら尚更、体験入店はしておくべきです!

①お店の雰囲気を確認できる

体入すると、その日1日はお店のキャストとして働くわけですから、お店の雰囲気が確認できます

キャバクラでなくても、嫌な先輩や上司などが居ると、どれだけ条件の良い職場でも長続きしませんよね。

更衣室での雰囲気や控室の雰囲気も確認できますし、お店の客層やレベルもある程度分かります

お触りがやたら多いお店なんかは、普段からボーイがしっかり見ていない店なのかもしれませんし、少しくらいのお触りは許可しているようなお店なのかもしれません。

そんなお店はほとんどないと思いますが、そういったことも本入店してから分かっても遅いですからね。

②キャストやボーイの人間関係が分かる

人間関係は働く上でとっても重要なことだと思います。

キャスト同士がギクシャクしていたり、控室や更衣室の雰囲気が殺伐としている…などは体入して初めて分かることですよね。

また、店長がボーイに対して厳しく当たっていたり、ボーイがキャストに冷たかったり、なんてお店がある場合も。

キャスト同士で仲良く話していたり、ボーイとキャストが仲良くしているような雰囲気って結構すぐに分かるものです。

体入では、自分に対して先輩キャバ嬢やボーイ、店長が優しいかどうかを見るのではなく、他の人に対する態度を見ておきましょう。

店長やボーイは基本的に、体入の女の子には本入店してもらいたいので、優しく接することが多いです。

③他店舗と比較できる

体入はお試しで1日だけお店に入店し働くことですから、体入OKのお店であればどこに行こうが自由です。

とはいえ、体入だけを目的に様々な店舗に行くのは『体入荒らし』と呼ばれお店に嫌われるのでやめておきましょう。

>キャバクラの体入荒らしは辞めるべき【意味と理由、効率的な働き方も紹介】

あくまで『本入店』できるお店を探す過程で体入を利用してくださいね。

キャバクラは店によってコンセプトや女の子のレベル、客層が違います。

初心者の方は特に、何店舗か体入をして『どういうお店で働きたいか』というイメージを具体化させていくのも大切です。

環境や待遇を優先するか、給料を優先するか、などが体入をすることによって分かってくると思います。

他店舗と比較することである程度、キャバ嬢にとっての平均(時給やノルマ、待遇など)が分かるので、働くお店を決める時にはとても参考になるはずです♪

④ほとんどの店が全額日払い

体入では、ほとんどのお店が全額日払いです。

私は体入が全額日払いでないお店は聞いたことがないですね。

最初に提示された時給×時間のその日の給料が、仕事終わりにお店から渡されます。

正しい金額を渡してくれるお店は信頼できるので、給料面では安心して働けると思って良いでしょう。

キャバクラでは10%の雑費や源泉徴収が引かれることもありますが、そういったものも最初にきちんと説明してくれていたか、給料を渡す時になんだかんだと理由を付けて差し引くことはないか、しっかり見ておきましょう。

⑤入店を強要されることはない

店としては、『体入した女性には本入店してもらいたい』と思うものです。

だからといって体入した後に、入店を強要されることはありません

入店するかどうかは完全に自由。

経験上、体入すると仕事後に「次はいつ来れる?」「働けそう?」と聞かれることも多いですが、悩んでいたり他の店も見てみたいなら断っても大丈夫です。

断りにくい場合や入店を悩んでいる場合は「また連絡します」といっておきましょう。

キャバクラの体験入店の流れ

キャバクラの体験入店までの一連の流れについても見ていきましょう。

お店を選ぶ

まずしなければいけないことは、当然ですがお店選びですね。

どのキャバクラ店舗で体験入店をしたいかを決めていきましょう。

このブログではいつもお話していますが、一人での店舗選定はおすすめしていません。

詳しくは、キャバクラの求人サイトの嘘の記事を見て下さい。

未経験者ほど、キャバ専門の紹介会社に頼ってお店を選びましょう。

面接をする

体験入店するお店が決まったら、面接の予定を組みます。

体験とはいえ、誰でもOKというわけではありませんので、面接をクリアしましょう。

キャバクラ面接で聞かれる質問やおすすめの服装、髪型の記事も後で読んでみて下さいね。

採用されれば体験入店

面接をクリアすれば採用です。

あとは、お店側と日程を相談し体入に臨むだけです。

もちろん、スタッフがしっかりと仕事内容の説明はしてくれますよ。

なぜか、面接に落ちされる・・・そんな方にはこちらの記事↓

キャバクラ未経験者が体入面接に落ちる原因を徹底解説する

キャバクラの体入(体験入店)をするために必須の持ち物!

キャバクラで体験入店する場合には、準備しておくべき持ち物がいくつかあります。

が、その中でも体入であったとしても必ず用意しておかなければいけない持ち物があるんです。

顔写真付きの身分証明書

キャバクラで体験入店するためには、絶対に「顔写真付きの身分証明書」が必要です。

求人に「手ぶらOK」と書かれているのは、ドレスや靴などのこと。

1日でも水商売で働くときは「顔写真付きの身分証明書」が必須。

これに関しては「風営法」で定められているものなので、提示しなければ働けません。

もしも「身分証は必要ない」と言われたら、そのお店は「違法営業」している可能性大。

面接や体験に行くのはやめておいた方が良いよ!

キャバクラの体験入店で用意しておくべき持ち物!

キャバクラ未経験の方は「体験入店」に何を用意すればいいか、分からないことだらけですよね。

キャバクラの体験入店の際に必要な持ち物についてもまとめておきましょう。

体験入店ではドレスや靴のレンタルをさせてくれるお店もあります

ただ、お店によっては貸し出ししていない場合もあるので、自分のものを持っていない場合は事前にお店に確認しておいた方が良いでしょう。

「手ぶらでOK」と求人に書いてあるお店もありますが、用意できるものは自分のものを持って行っておいた方がおすすめですよ。

ドレス・靴

ほとんどのキャバクラで、ドレスや靴は貸し出ししているでしょう。

しかし、そのドレスや靴は不特定多数の人が使った後のもの…。

クリーニングに出すタイミングもお店次第なので、毎回洗っているかどうかも確認しようがありません。

特に靴は「ハダシ」で履いている可能性も高いので、自分のものを持って行っておいた方が良いですね。

お店によってはドレスの形や色などに指定がある場合もあるため、不安な場合は事前に確認しましょう。

もしくは、一応持って行っておいて、お店の雰囲気に合わないと言われたらレンタルを借りるのもアリです。

ストッキング・ヌーブラ

当たり前ですが、ストッキングやヌーブラはレンタルはありません!

ヌーブラを付けるか付けないかは人によりますが、お店によっては「生足NG」なんてお店もあるので、ストッキングは履く・履かないに関わらず、持って行っておいた方が良いでしょう。

「黒のストッキングはNG」というお店もあるので、肌色のストッキングを選べば無難です。

ハンカチ・ライター

ハンカチとライターはキャバ嬢の必需品です。

ライターは忘れることも多いですし、お店の名前入りのライターなんかもあるので、最悪忘れても問題ありません。

ハンカチも貸し出ししてくれるお店はありますが、使いまわしていますから、あまり清潔ではないでしょう。

ハンカチは自分で用意しておくのがおすすめです。

ポーチやミニバック

キャバ嬢にとって、必ず必要なのがポーチやミニバックです。

ライターや名刺、スマホやメイク道具を入れて持ち歩くものは必要。

入れるものに合わせて大きさを選ぶと良いでしょう。

最初はメイクポーチのようなものでも構いません。

ポーチやミニバックもレンタルはありますが、あまりキレイでなかったり、趣味でない柄や形だったりするので、自分で用意しておいた方が良いです。

できるキャバ嬢の持ち物|店内ポーチに何を入れるべきか元キャバ嬢が話すよ

レンタルがあっても、自分で用意しておいた方が「意識が高い」とお店から思われるよ♪

体験入店は、キャバ嬢がお店の雰囲気や客層をチェックできる良いシステムです。

しかし、お店からもチェックされていることは忘れないでください。

体験入店で礼儀やマナー・持ち物など、キャバクラで働く上で必要なものが揃っているキャバ嬢なら、本入店後の時給も上げてくれてる可能性があります!

体験入店とキャバクラ派遣の違いって何?

よくある疑問の一つに、キャバクラの体験入店とキャバクラ派遣って何が違うんですか?って質問。

この2つは根本的に目的や働き方が全く違いますから、どちらが良いのか悩んでいる方は、しっかり違いを確認しておきましょう!

目的が違う

キャバクラ派遣はキャスト不足を補うためのもの。

そもそもキャバクラ派遣とは、キャバクラ専用の派遣会社のことです。

派遣会社に登録して、働きたい時に連絡をすれば、会社がその日派遣を求めているお店を紹介してくれます。

キャバクラ派遣は『派遣キャスト』としてキャバクラに出勤するため、在籍せずに働くことができます。

そのため、ノルマが一切ありません。ただお店に行って接客をし、場内指名などをもらったりドリンクを頼むだけ。

特定のお店でずっと働くわけではないので、営業も必要ありません。

キャバクラ派遣と違って、体験入店は『入店を前提としてキャバクラで1日働いてみること』です。

体験入店をしてみて、客層やお店の雰囲気を知ることが出来るので、キャバクラに入店する前には体験入店をまずすることがおすすめです。

お店としては入店を前提として1日体験をしてもらう形になるので、同じ店で何度も体験入店はできません

面接の違い

体験入店をする時は、必ず面接があります。

面接にパスしなければ体験入店も入店も出来ません。

何度も違うお店で体験入店をするなら、その度に面接が必要です。

また、短期間で複数のお店に体験入店をするのは『体入荒らし』と呼ばれてキャバクラ店からは嫌がられることが多いので注意しましょう。

キャバクラ派遣では、お店での面接はありません。

働きたい日に連絡をして、キャバクラを紹介してもらいお店に行けばそのまま働けます。

出勤時に何かを記入したりする必要も無いので、精神的に楽ですね♡

面接があるとすれば、派遣会社に登録する時のみ。登録が完了すれば働くお店での面接・面談はありません。

サポートの違い

体験入店の場合は、店によって対応が違います。

キャバクラでは、実際に行ってみたら求人で書いてあることと違う…ということも多々あります。

お店の雰囲気なども行ってみないと分からないため、体験入店で嫌な思いをすることも…。

例えば『求人に書いてある時給と違った』『体験入店してみたらキャストの仲がギスギスしていた』『仕事に関しての説明が無くてどうすればいいか分からなかった』など、よく聞く話ですね。

もちろん、体験入店でもしっかり仕事を教えてくれるお店もありますが、店によって違うので注意しましょう。

キャバクラ派遣は未経験女性でも事前に流れを教えてくれる

キャバクラ派遣なら、未経験の女性でも派遣会社の人が仕事の流れを教えてくれます

お酒の作り方から接客のマナーまで、派遣先のキャバクラで粗相がないようにしっかり教えてくれるので心配いりません。

また、事前に『どんな雰囲気のお店なのか』なども教えてくれる場合があるので、初めて行くお店でも安心して働けます。

働ける回数が違う

体験入店は、あくまで『体験』なので、何度も同じ店で『体入』はできません

基本的には1回のみとしているお店が多く、何度か出来ても、せいぜい2~3回くらいでしょう。

同じ店にまた出勤したい場合は、店から「入店して」と言われる可能性も高いです。

キャバクラ派遣なら、お店からNGが出ない限り何度でも働くことが可能です。

お店の雰囲気やコンセプトに合った女性や、接客が上手な女性なら、店から「来てほしい」と指名をもらえる可能性もありますね♡

キャバクラ派遣に登録していれば、どのキャバクラでも働きたい時に何度でも働くことができます。

時給が違う

体験入店の場合は、面接した後に時給が決まります。

体験入店は2500~3000円くらいでしょうか。

容姿や経験などを含めて時給を提示されるため、求人に記載されている時給よりも下がる場合も。

事前に『どれくらいの時給で働けるか』が分からないのがデメリットですね。

求人には5000円と書いてあっても、実際に行ったら3000円だった…なんてことはキャバクラでは珍しくありませんからね…。

キャバクラ派遣は3500~5000円以上も。

キャバクラ派遣では、あらかじめ店が時給を確定して派遣会社に女の子の派遣を頼みます

そのため、実際に店に行ってから時給が変わることはありません。

時給以外のバックに関しても、キャバクラ派遣は明確なので安心して働けますね♪

キャバクラ派遣の時給は店や派遣会社によって違いはありますが、大体3500円~が多いでしょう。

キャバクラ体入(体験入店)に対するよくある質問

キャバクラ初心者の方は、体入をするのもドキドキしちゃいますよね!

私も最初はそうでした。右も左も分からない状態での体入はめちゃくちゃ緊張します。

ここからは、初心者キャバ嬢の体入に対する疑問にお答えしていこうと思います♡

体入をするのも勇気がいる…できるか不安…なんて女性はこちらも参考にしてください!

Q.求人サイトの体入時給って本当なの?

全てとは言わないけど、少し信頼性には欠けるかなというのが本音です。

体入時給を高く設定しておけば応募も増えますし、面接のときに上手いこと言われてごまかされるパターンは残念ながら少なくないです。

実際のところ、嘘のケースの方が多いので私は求人サイト経由でキャバクラのお店探しはしたことないです。

自分一人で探すということはなく、キャバ専門の紹介会社を通してお店は選んでました。

ちなみに、私が現役のときにお世話になってた紹介会社がJANELさんです。

紹介会社の方がちゃんと体入時給の確認もしてくれますし、なんだったら時給交渉もやってくれるので安心ですからね。

後々、「あれ?話と違う…」みたいなことにならないので。

よかったら、こちらの記事も後で読んでみて下さい↓

キャバクラの紹介会社は利用すべき?メリットを元スカウトが徹底解説

Q.体験入店では何をするの?

まずは接客や流れの説明を受けて、実際に接客に入ります。

体入の場合はフリー客やヘルプの席に着くことがほとんど

接客といっても難しく考えなくて大丈夫です。

ボーイが席まで案内してくれるので「失礼します」とお客の隣に座り、タバコに火を付けたりグラスを拭いたり、必要ならお酒を作ったりして会話を楽しみます

ボーイに名前を呼ばれたら、お客に挨拶をして席を離れる…これだけです。

この時にお客に気に入られ場内指名が取れる可能性もありますね♡

分からないことは先輩キャバ嬢やボーイ、店長に聞けば教えてくれますよ。

Q.誰でも体験入店できる?

体入OKと書いていても誰でも体験入店ができるわけではありません。まずは面接に受からないとダメです。

体入希望でお店に行くと、まず面接があります。

面接といっても店長やボーイが面接で色々聞いてくるので、それに答えるだけ。

『週何回出勤できるか』『お酒は飲めるか』『キャバクラでの勤務経験はあるか』などを聞かれることが多いですね。

お店によってコンセプトやカラーがあるので、それに合わない場合は面接を落とされることもあります。

Q.体験入店に必要なものはある?

キャバクラなどの夜のお仕事で働く時には、顔写真付きの身分証が必要です。

体入希望で面接の連絡をする際に、お店側が身分証が必要なことは伝えてくれると思います。

身分証を忘れた場合は、面接のみで体入は後日…となってしまうので注意しましょう。

ドレスや靴などは店がレンタルさせてくれることも多いので、持っていない場合は事前にお店に聞いておくと良いでしょう。

ハンカチやポーチは自分で用意しておくと良いですね。

Q.体験入店でやってはいけないことはある?

足を組んだり、肘をつくなどの行為はNGです。

控室や更衣室など、お客から見えないところでは許可しているお店も多いですが、客席や待機席などではだらしない座り方は禁止されています。

また、指名のキャバ嬢がいるお客の席にヘルプで着くこともあるかもしれませんが、指名のキャバ嬢がいるお客との連絡先交換もNG

これは体入に限らず、キャバ嬢全体のルールですね。

キャバクラ体入(体験入店)するメリットのまとめ

最後に体入で見ておくべきポイントをまとめました!

  • 店長のキャストやボーイに対する態度
  • 店長やボーイのお客に対する態度
  • お店の雰囲気と客層
  • キャスト同士の雰囲気
  • 給料面の説明はしっかりしているか
  • 店の備品や全体の清掃具合

この辺りをチェックし、問題無さそうであれば本入店後も働きやすいお店の可能性が高いですよ♪

体入はキャバクラ初心者の方は絶対にした方が良いです!

キャバクラというものを知らずに本入店してしまうと、実はノルマが厳しかったり、店長やボーイの態度が横柄だったり、キャバ嬢同士の仲が悪い…なんて働きにくいお店が普通だと思ってしまうかもしれません

働きやすいキャバクラもあれば、そうではないキャバクラもありますから、体入をして何店舗か見ておくのがおすすめです♡

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-キャバクラ在籍
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ