このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラの体入(体験入店)するメリットを元キャバ嬢が紹介するよ

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

これからキャバクラで働こうと思っている人にとって『体験入店(体入)』はメリットだらけです。

体験入店で、実際店の中に入ることでお店の雰囲気や働く環境、夜の仕事が合っているかどうかも分かります。

体験入店をせずに本入店すると、「こんなはずじゃなかった」なんて後悔も出てきやすいんです。

外から見るだけでは分からないお店事情ってたくさんありますし…。

人間関係なんかは働く上で重要なポイントですよね。

何も知らずに飛び込むと損をするかもしれません。そこで今回は、

  • 体験入店のメリット
  • 体験入店に対するQ&A
  • 体験入店で見ておくべきポイント

など元キャバ嬢が体入についてガッツリ解説します!

体験入店に対する不安がある方はぜひ最後まで読んでくださいね♪

キャバクラで体入(体験入店)するメリット

サリー

私自身、体験入店をしてから働くお店を決めてきました。

私は水商売経験が10年ありますが、何年働こうが新しいお店に行く時は必ず体験入店をしていました

実際に中に入ってみないと分からないことはたくさんあります。

体験入店で、お店の雰囲気が合わないと感じれば本入店を断ることもできますし、キャバクラ初心者なら尚更、体験入店はしておくべきです!

①お店の雰囲気を確認できる

体入すると、その日1日はお店のキャストとして働くわけですから、お店の雰囲気が確認できます

キャバクラでなくても、嫌な先輩や上司などが居ると、どれだけ条件の良い職場でも長続きしませんよね。

更衣室での雰囲気や控室の雰囲気も確認できますし、お店の客層やレベルもある程度分かります

お触りがやたら多いお店なんかは、普段からボーイがしっかり見ていない店なのかもしれませんし、少しくらいのお触りは許可しているようなお店なのかもしれません。

そんなお店はほとんどないと思いますが、そういったことも本入店してから分かっても遅いですからね。

②キャストやボーイの人間関係が分かる

人間関係は働く上でとっても重要なことだと思います。

キャスト同士がギクシャクしていたり、控室や更衣室の雰囲気が殺伐としている…などは体入して初めて分かることですよね。

また、店長がボーイに対して厳しく当たっていたり、ボーイがキャストに冷たかったり、なんてお店がある場合も。

キャスト同士で仲良く話していたり、ボーイとキャストが仲良くしているような雰囲気って結構すぐに分かるものです。

体入では、自分に対して先輩キャバ嬢やボーイ、店長が優しいかどうかを見るのではなく、他の人に対する態度を見ておきましょう。

サリー

店長やボーイは基本的に、体入の女の子には本入店してもらいたいので、優しく接することが多いです。

③他店舗と比較できる

体入はお試しで1日だけお店に入店し働くことですから、体入OKのお店であればどこに行こうが自由です。

とはいえ、体入だけを目的に様々な店舗に行くのは『体入荒らし』と呼ばれお店に嫌われるのでやめておきましょう。

>キャバクラの体入荒らしは辞めるべき【意味と理由、効率的な働き方も紹介】

あくまで『本入店』できるお店を探す過程で体入を利用してくださいね。

キャバクラは店によってコンセプトや女の子のレベル、客層が違います。

初心者の方は特に、何店舗か体入をして『どういうお店で働きたいか』というイメージを具体化させていくのも大切です。

環境や待遇を優先するか、給料を優先するか、などが体入をすることによって分かってくると思います。

他店舗と比較することである程度、キャバ嬢にとっての平均(時給やノルマ、待遇など)が分かるので、働くお店を決める時にはとても参考になるはずです♪

④ほとんどの店が全額日払い

体入では、ほとんどのお店が全額日払いです。

私は体入が全額日払いでないお店は聞いたことがないですね。

最初に提示された時給×時間のその日の給料が、仕事終わりにお店から渡されます。

正しい金額を渡してくれるお店は信頼できるので、給料面では安心して働けると思って良いでしょう。

キャバクラでは10%の雑費や源泉徴収が引かれることもありますが、そういったものも最初にきちんと説明してくれていたか、給料を渡す時になんだかんだと理由を付けて差し引くことはないか、しっかり見ておきましょう。

⑤入店を強要されることはない

店としては、『体入した女性には本入店してもらいたい』と思うものです。

だからといって体入した後に、入店を強要されることはありません

入店するかどうかは完全に自由。

経験上、体入すると仕事後に「次はいつ来れる?」「働けそう?」と聞かれることも多いですが、悩んでいたり他の店も見てみたいなら断っても大丈夫です。

サリー

断りにくい場合や入店を悩んでいる場合は「また連絡します」といっておきましょう。

キャバクラ体入(体験入店)に対するよくある質問

キャバクラ初心者の方は、体入をするのもドキドキしちゃいますよね!

私も最初はそうでした。右も左も分からない状態での体入はめちゃくちゃ緊張します。

ここからは、初心者キャバ嬢の体入に対する疑問にお答えしていこうと思います♡

体入をするのも勇気がいる…できるか不安…なんて女性はこちらも参考にしてください!

Q.求人サイトの体入時給って本当なの?

全てとは言わないけど、少し信頼性には欠けるかなというのが本音です。

体入時給を高く設定しておけば応募も増えますし、面接のときに上手いこと言われてごまかされるパターンは残念ながら少なくないです。

実際のところ、嘘のケースの方が多いので私は求人サイト経由でキャバクラのお店探しはしたことないです。

自分一人で探すということはなく、キャバ専門の紹介会社を通してお店は選んでました。

ちなみに、私が現役のときにお世話になってた紹介会社がJANELさんです。

紹介会社の方がちゃんと体入時給の確認もしてくれますし、なんだったら時給交渉もやってくれるので安心ですからね。

後々、「あれ?話と違う…」みたいなことにならないので。

よかったら、こちらの記事も後で読んでみて下さい↓

キャバクラの紹介会社は利用すべき?メリットを元スカウトが徹底解説

Q.体験入店では何をするの?

サリー

まずは接客や流れの説明を受けて、実際に接客に入ります。

体入の場合はフリー客やヘルプの席に着くことがほとんど

接客といっても難しく考えなくて大丈夫です。

ボーイが席まで案内してくれるので「失礼します」とお客の隣に座り、タバコに火を付けたりグラスを拭いたり、必要ならお酒を作ったりして会話を楽しみます

ボーイに名前を呼ばれたら、お客に挨拶をして席を離れる…これだけです。

この時にお客に気に入られ場内指名が取れる可能性もありますね♡

分からないことは先輩キャバ嬢やボーイ、店長に聞けば教えてくれますよ。

Q.誰でも体験入店できる?

サリー

体入OKと書いていても誰でも体験入店ができるわけではありません。まずは面接に受からないとダメです。

体入希望でお店に行くと、まず面接があります。

面接といっても店長やボーイが面接で色々聞いてくるので、それに答えるだけ。

『週何回出勤できるか』『お酒は飲めるか』『キャバクラでの勤務経験はあるか』などを聞かれることが多いですね。

お店によってコンセプトやカラーがあるので、それに合わない場合は面接を落とされることもあります。

Q.体験入店に必要なものはある?

サリー

キャバクラなどの夜のお仕事で働く時には、顔写真付きの身分証が必要です。

体入希望で面接の連絡をする際に、お店側が身分証が必要なことは伝えてくれると思います。

身分証を忘れた場合は、面接のみで体入は後日…となってしまうので注意しましょう。

ドレスや靴などは店がレンタルさせてくれることも多いので、持っていない場合は事前にお店に聞いておくと良いでしょう。

ハンカチやポーチは自分で用意しておくと良いですね。

Q.体験入店でやってはいけないことはある?

サリー

足を組んだり、肘をつくなどの行為はNGです。

控室や更衣室など、お客から見えないところでは許可しているお店も多いですが、客席や待機席などではだらしない座り方は禁止されています。

また、指名のキャバ嬢がいるお客の席にヘルプで着くこともあるかもしれませんが、指名のキャバ嬢がいるお客との連絡先交換もNG

これは体入に限らず、キャバ嬢全体のルールですね。

キャバクラ体入(体験入店)するメリットのまとめ

最後に体入で見ておくべきポイントをまとめました!

  • 店長のキャストやボーイに対する態度
  • 店長やボーイのお客に対する態度
  • お店の雰囲気と客層
  • キャスト同士の雰囲気
  • 給料面の説明はしっかりしているか
  • 店の備品や全体の清掃具合

この辺りをチェックし、問題無さそうであれば本入店後も働きやすいお店の可能性が高いですよ♪

体入はキャバクラ初心者の方は絶対にした方が良いです!

キャバクラというものを知らずに本入店してしまうと、実はノルマが厳しかったり、店長やボーイの態度が横柄だったり、キャバ嬢同士の仲が悪い…なんて働きにくいお店が普通だと思ってしまうかもしれません

働きやすいキャバクラもあれば、そうではないキャバクラもありますから、体入をして何店舗か見ておくのがおすすめです♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です