ナイトワーク雑記

終電上がりを条件にキャバクラで働きたいけど可能なの?元キャバ嬢が解説

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

今回はキャバクラの「終電上がり」について解説していきたいと思います!

キャバクラではダブルワークや主婦、学生も働いているため「終電上がり」で働くキャバ嬢は珍しくありません。

ありませんが…ぶっちゃけちょっと嫌がられることはあります

店でラストまで働いていたキャストがプライベートなどの事情で途中から「終電上がり」で働くようになる…というのはたまにあることです。

それまでに働いているので店との信頼関係もありますし、この場合はそんなに難しいことではないでしょう。

難しいのが「面接」で「終電上がり」を希望することですね。

時間やお店によってはそれが原因で面接を落とされることもあります。

どうしても「終電上がりで働きたい!」という女性のために、キャバクラで終電上がりを条件に働く方法を紹介するので参考にしてください。

キャバクラで終電上がりで働くのは可能?

結論から言ってしまえば、終電上がりで働けるキャバクラも存在します。

しますが、大半のお店が終電上がりができないと考えてるほうがいいかもしれません。

キャバクラで働く場合、終電上がりを条件にするとかなり採用される確率は低くなってしまうのが現状です。

終電上がりしようと思うと、具体的な時間で言えば23時半~0時くらいでしょうか。

後で詳しく話ますが、この時間帯から基本的にキャバクラって客入りが増えることが一つ終電上がりが難しい何よりの理由になってきます。

お店側の立場にたちはっきりと言ってしまえば、終電上がりするキャバ嬢は必要ない…と考えられることもあるということです。

終電上がりOKと求人応募に書かれてるお店もあるけど・・

キャバクラには「終電上がりOK」というお店はあります。

そういったお店をスムーズに見つけることができれば終電上がりで働くことは可能です。

求人応募を見ると、終電上がりOKと書かれてるキャバクラ店も多く見かけますがあまり真に受けないほうがいいです。

というのも、実際は「終電上がり」で働くなら「条件」を出してくるお店も多いんです。

キャバクラでは学生や昼の仕事をしている人がお小遣い稼ぎ感覚で気軽に働きにくることもあります。

決まった時間居るだけで、仕事をしてくれない女の子は店も雇いたくないわけです。

そのため、「終電上がり」で働く代わりに個別にノルマが設定されたり、働く日数を増やされることもあるでしょう。

「終電上がりで働くことは可能ですが、代わりの条件を出されることもある」というのが答えですね。

また、終電上がりといっても最寄り駅によって終電時間も違うと思います。

「0時過ぎが終電」というならまだ終電上がりも納得してもらいやすいですが、「23時」や「22時」台となると厳しいかもしれません。

キャバクラで終電上がりが嫌がられる理由

「終電上がり」を条件に働くのが難しい理由を紹介します。

難しいといっても、できないわけではありません。

お店選びや働き方に意識をすれば「終電上がり」でも歓迎してくれるお店は多いです。

お店選びや働き方についても後程解説するので参考にしてくださいね。

終電辺りの時間から忙しくなる

キャバクラは大体19時~20時オープンのお店が多いです。

仕事帰りの男性は、大体そのくらいの時間から食事をして1杯引っかけた後にキャバクラに来る人も。

なのでキャバクラが盛り上がる時間帯は早くて「22時~」遅いお店でも「23時~」です。

ちょうど終電くらいの時間から混みだすお店が大半でしょう。

指名客がいても帰らなければならない時がある

お客様は「指名料」を払って女の子を指名しています。

本指名でも場内指名でも同じことです。

本指名ならまだ自分のお客様なので納得してもらいやすいかもしれません。

しかし、場内指名が入ってしまってから「終電だから」と途中で帰られるとお客様も気分良くありません

お金を払っているのに一緒に居られる時間が少ないわけですからね。

そのため、お店側も終電近くなると時間を逆算してフリー客に着けないようにするなど考えなくてはいけなくなります。

ラストまで働けるキャバ嬢と違って少し面倒なのも事実です。

アフターは絶対できないとお客様に思われる

キャバ嬢がアフターに付き合うかどうかはお客様との関係性や、キャバ嬢によって異なります。

必ずしなければならないものではないですが、営業努力の1つとしてしておいた方がいいものでもあります。

ぶっちゃけほとんどのお客様は「キャバ嬢とのアフター」を期待しているんです。

「終電上がりのキャバ嬢=アフターできないキャバ嬢」とお客様に思われますから、指名や人気も減りやすいといえるでしょう。

キャバクラで終電上がりで働く方法

では、キャバクラで終電上がりの条件をOKしてもらうためにできることを紹介します!

出勤日数は多め

終電上がりで働く代わりに、多めに出勤できることをアピールすれば面接も受かりやすいでしょう。

キャバクラではシフトの融通が利くキャストは歓迎されやすいです。

特に週末は必ず出勤できることをアピールすると効果的ですね。

週末はラストまで出勤する

終電上がりで働きたい理由はさまざまだと思いますが、昼の仕事と兼業で…という場合や学生さんの場合は「週末ならラストまで出勤できる」ことをアピールしましょう。

平日は終電まででも、週末はラストまで頑張れるという女性であれば「やる気がないわけではない」と思ってもらいやすいです。

終電ではなく送りで早めの帰宅

キャバクラでは「送り」というシステムがあるお店がほとんどです。

「送り」は電車がないキャストを自宅まで送ってくれるというもの。

金額は店によって違いますが、ほとんどがタクシー代よりも安い金額で送ってくれます。

家が近い場合だと送り代がかからない場合もありますね。

終電上がりで無理に帰るよりも、少し早めの時間に送りで帰る希望を出す方が良いかもしれません。

短時間でも売り上げを上げる(努力をする)

終電上がりが嫌がられるのは「やる気がない子を雇いたくない」「仕事をしない子を雇いたくない」と思われるからです。

例え終電上がりでも、仕事はきっちりこなしましょう。

指名を取る努力や売り上げを上げる努力をしていることが分かれば、終電上がりだろうがお店は文句を言いません。

アルバイト感覚で働くにしても、仕事は仕事なので求められた仕事はこなしてくださいね。

キャバクラ紹介会社を通す

求人に「終電上がりOK」と書いてあるのは信用しない方が良いでしょう。

いざ面接に行ってみたら「週4以上勤務なら終電上がりOK」とか、そもそも終電上がりOKと書いていてもそれが原因で落とされることもあります。

お店選びに時間をかけるのは体力も時間ももったいないので、紹介会社を通すのがおすすめです。

お話したように、お店側も別に嘘をついてるわけではないのですが、容姿や条件の追加がある可能性は比較的高めです。

もちろん全てのお店がそうではないのですが、どんな子でも終電上がりをOKして採用してくれるかどうかは実際に面接に行って話を聞くまで分かりません。

とはいえ、連絡して面接行って…を繰り返しすることはかなりの労力と時間を消費します。

そんな時こそ、キャバクラ紹介会社を活用しましょう!

私が現役のときにお世話になっていた紹介会社が→JANELさん

紹介会社に終電上がりで大丈夫なお店で働きたいのですが…と相談すれば事前に条件にマッチしたお店を探してくれます。

店舗選びの時短はもちろんですが、紹介会社を通すべきいろんなメリットがあるのでキャバクラの紹介会社は利用すべき?の記事も参考にしてください。

終電上がりは譲れないならキャバクラ派遣で働くのもあり!

在籍の場合であれば、終電上がりを希望して働くのは簡単なことではない…のは事実だといえます。

優先順位を決め、どうしても終電上がりは譲れない!というのであれば、キャバクラ派遣という選択肢は考えてみるべきかなと思います。

キャバクラ派遣は文字通り、人手不足のお店に派遣されキャバ嬢の業務をこなします。

とはいえ、仕事内容は基本的にはヘルプ業務になり、在籍のキャバ嬢をサポートするポジション。

なので、営業もしなくていい、ノルマもない、当然、アフターなどお客さんと連絡先を交換する必要もないです。

だから、お店に嫌がられることもなく終電上がりを条件として働くことが可能です。

派遣キャバ嬢なら在籍よりも終電上がりのハードルがかなり下がります。

たまにお店が忙しいと「忙しいから残れる?」と聞かれることもあるかもしれませんが、「終電なくなるので帰ります」と断ればOKですよ。

夜ログがおすすめするキャバ派遣会社はこちら↓

▶︎Jewels(ジュエルズ)
|高時給を求める方向け

▶︎TRY18(トライ)
|時給より依頼数重視の方向け

▶︎MORE(モア)
|LINEで自宅から登録したい方向け

▶︎LoveCaba(ラブキャバ)
|神奈川県のお店に出勤したい方向け

▶︎GeM(ジェム)
|千葉県のお店に出勤したい方向け

「とりあえずお試しで1社…」って人は、迷わずJewelsさんに登録してください。

とくに関東圏の人ならJewelsに登録してないとキャバ派遣ライフは始まりませんよ!

キャバクラの「終電上がり」の働き方まとめ

キャバクラで終電上がりで働く方法や、終電上がりが嫌がられる理由を紹介しました。

居るだけで華があるくらいの美人や、もともと指名客を持っている女性なら終電上がりでも働けるお店は多いでしょう。

そうでないなら、面接で落とされることも珍しくありません。

とはいえ、終電上がりで働けるお店も多いのでこの記事を参考にしてお店選びをしてみてくださいね!

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ