ナイトワーク雑記

お酒飲めないキャバ嬢はキャバクラで稼げないは本当なの?

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

「キャバクラで働きたいけど、お酒が飲めない…得意じゃない…。」

そんな女性もいるはず。キャバクラではお酒が飲めなくても働くことは可能です!

お酒が飲めなくても、売れっ子キャバ嬢になっている人や、稼いでいるキャバ嬢は結構多いんですよ♡

お酒を浴びるように飲まないと稼げない…なんて大昔の話です。

お客様にとって、キャバ嬢が飲めるか飲めないかはそんなに重要なことではありません

飲めなくても稼ぐ方法や、飲めないキャバ嬢だからこそできる働き方を紹介します!

お酒が飲めないキャバ嬢は稼げない?

キャバ嬢の仕事のイメージがあるだけに、稼いでるキャバ嬢はガンガンお酒を飲める女性!

そう思ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

しかし、知っておいてほしいのはお酒が飲めないキャバ嬢も大勢いますし、当然稼いでいる人もたくさんいます。

ちなみに私もお酒が飲めないキャバ嬢でしたが、そのせいで売り上げが落ちることはありませんでしたよ♪

なので、キャバクラで働きたいし、働くならしっかりと稼ぎたい!と思ってるならお酒が飲めないことは特にマイナスにはならないのでまずは安心してください。

お酒飲めないキャバ嬢がキャバクラで働くポイント

経験上、スナックやラウンジ・クラブなどでは、お客様が入れているボトルを飲むことも多く、飲む機会も多かったです。

キャバクラはボトルよりも1杯ずつドリンクを頼むことが多いので、1日ノンアルコールで仕事が終わる日もしょっちゅうありました♪

お酒が飲めない女性がキャバクラでどうやって働くかを解説します。

どれくらい飲めないのか店に伝えておく

「お酒が飲めない」にもレベルってありますよね?

  • 1杯くらいなら大丈夫…。
  • カクテル系や甘いお酒なら飲める。
  • 一滴も飲めない!

などなど、どのくらい飲めないのか面接時にお店に伝えておきましょう

飲めないことをお店にも隠して働く女性がたまにいましたが、働きにくくなるだけなのでおすすめしません。

お店に理解してもらっていれば、お酒を飲まないといけない席も避けられますし、そういった場面では協力もしてくれるので安心して働けます♪

私はアルコールを摂取するとテンションが下がって接客できなくなっちゃうので必ず伝えてました。

フェイクや専用ボトルを用意してもらう

キャバクラには「フェイク」というノンアルコールがあります。

カクテルやお酒の色をしたノンアルコールです。

お店によって使っているものは違いますが、カクテルの場合は赤い色のシロップなどをお茶などに混ぜて、見た目だけカクテル…といった感じですね。

また、「焼酎のウーロン割」を頼んで実はウーロン茶だけ…なんてことも。

頼む時にお店によってノンアルのサインが決められています。

お酒が飲めるキャバ嬢でも、その日の体調によって飲めないこともあるので、大体のお店にフェイクは用意されていますよ♡

また、協力的なお店なら、高めのジュースボトルをキープボトルとしてメニューに加えてくれる可能性もあります!

ある程度、お客様を掴んでくればお店も協力的になってくれるはず。

飲めなくてもシャンパンやボトルを入れてもらうことも可能!

キャバ嬢が飲めないからといって、ボトルやシャンパンを入れてもらうことを諦めなくても大丈夫です。

お客様がシャンパンやボトルをおろすのは、指名しているキャバ嬢に協力したいから。

お酒をたらふく飲ませる目的で、キャバ嬢の売り上げに貢献するお客様なんてほとんど居ません。

人によりますが、飲めないことを理解してくれた上で、それでもシャンパンなどをおろしてくれるお客様もいます。

お酒が飲めなくても口を付けるくらいで大丈夫。

また、ボトルの場合はウーロンや緑茶などのピッチャーを頼んでもらって、コッソリ自分のグラスにはウーロン茶だけを入れておけばOKです。

飲めるキャバ嬢は確かにそれが強みになりますが、飲めないなら「飲ませ上手」になればいいだけの話

本指名のお客様なら理解してくれるはずですよ♪

お酒が飲めないけどキャバクラで働くデメリット

お酒が飲めないキャバ嬢だった私が、キャバクラで「お酒が飲めないことで感じたデメリット」を紹介します。

酒席に着けない

正直言ってお酒が飲めないデメリットはあまり感じたことはありませんが、あえて言うなら「お酒を飲む・飲ませる客席に着けない」ことですかね。

常連客などで、来店したらとにかく飲む!飲ませる!なんてお客様はどこの店にもいると思います。

そういう客席ってテンション高めで楽しそうなんですよね~。

でも、私はお酒が飲めないですし、店にもそれを伝えていたので「そもそもお酒を飲ませる客席」には着けてもらえませんでした。

有難いことですが、どんなお客でも接客できるようになりたかった私としては残念でしたね。

酔ったフリなど演技力が必要

もう1つデメリットをあげるなら、酔ったフリが必要なことです。

飲まないということはドシラフなわけですが、ずっとシラフで相手をされてもお客様も冷めますし、フェイクカクテルなどで飲んでいるフリをしているのであればなおさら、酔ったフリをしなければいけません。

要は、シラフで高テンションを保たなければいけないということ。

これは慣れれば難しいことではありませんし、すぐに慣れるのでそんなに心配しなくても大丈夫です。

お酒を勧めてくるお客さんを上手に交わす方法

お客様の中にはカクテルを頼むよりもボトルやシャンパンなどを飲むように言ってくる人もいます。

しつこく飲まそうとしてくるお客様は少数ですが、そんな状況になってしまった時の交わし方や断り方も覚えておかなくてはいけません。

私が実践していた方法がこちら。

ポイント

  1. 飲めないことを正直に話す
  2. ピッチャーをおねだりする
  3. 「今日は」飲めないと言う

キャバ嬢が飲めないことを極端に嫌がるお客様は滅多にいません

むしろ可愛がってくれたり、ノンアルを積極的に頼んでくれるお客様も多いです。

本指名客であれば飲めないことを言っておいても良いでしょう。

どうしてもボトルやシャンパンを交わせない場合は、ピッチャーを頼んでもらうのもおすすめです。

ウーロン茶や緑茶、ジュースなどのピッチャーを頼んでもらって混ぜるフリをしてストレートで飲みます(笑)

お酒は必ず率先して自分で作ること!薄めにしたり、入れてるフリをしたりするため。

また、「今日は痛み止めを飲んできたからお酒が飲めない」「出勤前に歯医者で治療してきたからお酒が飲めない」と言うのもおすすめです。

「飲めない」と伝えたくないお客様には今日は飲めない」と言うのが良いでしょう。

お酒飲めなくてもバックで稼げる?

お酒が飲めるキャバ嬢は、自分で率先して飲み、ボトルバックやドリンクバックを稼げますが、お酒を飲めないキャバ嬢はそういうわけにもいきません。

しかしキャバクラではお酒が飲めなくても稼げますし、ナンバーに入ることも可能!

飲ませ上手になればボトルやドリンクバックは稼げますし、お酒のバックだけでなく同伴や本指名バックを増やせばいいだけです。

そのためにも接客技術を磨いてお客様に気持ち良くお酒を飲んでもらえるように工夫は必要です。

お酒が飲めないキャバ嬢が稼ぐ方法!

お酒が飲めなくても、キャバクラで働くことは可能ですが、1人だけシラフで最初から最後まで真面目に接客を続けてもお客様は面白くありません。

「お酒が飲めない」ことを知られていないお客様の前では酔ったフリをするのも大切!

飲めないキャバ嬢が稼ぐ方法を解説しますので、参考にしてください♪

ノンアルコールでもテンションは高め!

お酒が飲めないキャバ嬢は、お店でみんなが酔っ払っても自分だけはシラフです。

つまり、どの時間帯でも誰よりも冷静に接客ができ、お客様をよく観察することが可能だということ。

お酒を飲んでいなくても、常にテンションは高く、お客様のテンションに合わせるか誰よりもハイテンションを保ちましょう!

また、真面目な話をしたがるお客様もたまにいます。

そんな時もテンションを合わせてあげられるのが、シラフキャバ嬢の強みです。

酔ったフリやシラフ状態というのを上手く使えば、他のキャバ嬢よりもしっかりした接客をすることができます。

トーク力や容姿など強みを作る

人気キャバ嬢になるには、ただ容姿が美しいだけ、では難しいです。

キャバクラで働いてみると分かると思いますが、そのお店のナンバーワンのキャバ嬢は、もちろん美人も多いですが、それ以上に美人なキャバ嬢も同じ店にたくさんいます。

可愛いだけで、トーク力が無いキャバ嬢は、最初は良いですが、お客様にすぐ飽きられてしまうもの。

特別美人!では無いけれど、所作が美しい、姿勢がキレイ、トークが上手というギャップがあるキャバ嬢の方が人気キャバ嬢になれる可能性が高い。

トーク力を磨きたいなら、新聞やニュースを見るのがおすすめです。

下ネタから株や政治の話までできるキャバ嬢はランクの高いお客様をゲットしやすいです♡

男性の自尊心やプライドを満たすために、知らないフリも適度にするのがおすすめ。

お酒が飲めない分、他に強み(魅力)を作り、それを活かした接客でお客様を掴んでください!

お店や他のキャバ嬢に協力してもらう

自分のお客様でも「飲めない」ことを言いづらい場合もあります。

また、どうしても飲む雰囲気を避けられない時もあるものです。

そんな時はボーイや、他のキャバ嬢に協力してもらうのがおすすめです。

ボーイが客席に着いても嫌がらないお客様なら、一緒に着いてもらってお酒を飲んでもらったり、お酒が飲めるキャバ嬢を場内指名してもらって飲んでもらったりすると良いでしょう

協力してもらったらお礼をするのも忘れずに!

同伴に誘ってあげて、同伴バックをもらえるようにしたり、指名客の枝(知り合い)に紹介したりすると、相手も自分も気分良く協力し合える関係になれます。

同伴の誘い方についても詳しく描いてるので参考にしてくださいね。

私も仲の良いキャバ嬢がお酒大好きな子だったので、よく場内指名で客席に着いてもらってました。

お酒が苦手なことをお客様に伝えるのもアリ◎

自分の指名客には、お酒が飲めないことを分かってもらうのが理想ですね。

お客様との関係性にもよるので、全員に分かってもらう必要はありませんが、「お酒が飲めない」ということを上手く伝えることで関係を深めることも可能!

例えば…「無理して飲んでるけど、本当はそんなに飲めない」と伝え、「○○さんの席ではお酒無しでもいい?」と頼んでみてください。

お客様には「自分にだけ打ち明けてくれた」という特別感を与えましょう。

敢えて、伝えることでお客様がより一層協力的になり、お店に来てくれる回数が増えたこともあります♡

伝えても大丈夫そうなお客様には、このような方法で伝えてみることで信頼関係を築くことができるんです。

お酒飲めないキャバ嬢のキャバクラのお店選び

最後に、お酒が飲めないキャバ嬢がお店を選ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

お店によって、お酒が飲めないと面接で伝えると落とされることも稀にあります。

少ないですが、フェイクなどのノンアルコール類を置いてないお店もありますね。

求人で「ノンアルOK」と書いていても、実際に行ってみると「ちょっとくらいなら飲めるでしょ?」なんて飲まされることも…。

そういった事態を避けるためにも、紹介会社にキャバクラを紹介してもらうのがおすすめです。

私が現役の時にお世話になっていたキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

JANELさんに「お酒が飲めないんです」って相談すればOKです。

紹介会社に最初に「お酒が飲めない」と伝えておけば、飲めなくても大丈夫なお店を探してくれるので、無駄にたくさんのお店に面接に行く必要が無くなりますからね♪

紹介してもらったお店で飲まされた場合は、紹介会社に相談すればお店と話をしてくれますし、安心して働けますよ♡

お酒が飲めないと働けない店もある?

私の経験上、キャバクラで「お酒飲めない子お断り」なんてことは聞いたことがありません

しかし、中には「フェイクカクテル自体がない」「一滴も飲まないのは難しい」といったお店もあります。

どこまで許容してくれるかはお店にもよるので注意は必要です。

「お酒は苦手だけど、少しくらいなら飲める」なら、どこのお店でも働けるでしょう。

ただし「一滴も飲めない、飲みたくない」なら「飲まくて良いお店」を条件に探す必要があります

先述の通り、お酒に自信がない方は紹介会社でお店を探すのがおすすめですね。

お酒飲めないキャバ嬢はキャバクラで稼げない?のまとめ

お酒が飲めないからこそ出来ることも多くあります。

飲めないからといって稼げない…なんてこともありません。

実際、お店のナンバーワンがお酒が飲めないキャバ嬢ということも珍しくないんです。

お酒をたくさん飲んで売り上げを上げることを考えるよりも、「来てくれたお客様をどうやって楽しませて帰すか」を考えるのが、人気キャバ嬢になる秘訣!

お酒が飲めなくてもキャバクラで働くことは可能なので、安心してくださいね♡

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ