このブログを書いてる人のプロフィール

お酒が飲めないけどキャバクラで働ける?稼げる?元キャバ嬢が回答するよ

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

「キャバクラで働きたいけど、お酒が飲めない…得意じゃない…。」

そんな女性もいるはず。キャバクラではお酒が飲めなくても働くことは可能です!

お酒が飲めなくても、売れっ子キャバ嬢になっている人や、稼いでいるキャバ嬢は結構多いんですよ♡

お酒を浴びるように飲まないと稼げない…なんて大昔の話です。

お客様にとって、キャバ嬢が飲めるか飲めないかはそんなに重要なことではありません

飲めなくても稼ぐ方法や、飲めないキャバ嬢だからこそできる働き方を紹介します!

お酒が飲めなくても大丈夫!

経験上、スナックやラウンジ・クラブなどでは、お客様が入れているボトルを飲むことも多く、飲む機会も多かったです。

キャバクラはボトルよりも1杯ずつドリンクを頼むことが多いので、1日ノンアルコールで仕事が終わる日もしょっちゅうありました♪

サリー

ちなみに私もお酒が飲めないキャバ嬢でしたが、そのせいで売り上げが落ちることはありませんでしたよ♪

お酒が飲めない女性がキャバクラでどうやって働くかを解説します。

どれくらい飲めないのか店に伝えておく

「お酒が飲めない」にもレベルってありますよね?

  • 1杯くらいなら大丈夫…。
  • カクテル系や甘いお酒なら飲める。
  • 一滴も飲めない!

などなど、どのくらい飲めないのか面接時にお店に伝えておきましょう

飲めないことをお店にも隠して働く女性がたまにいましたが、働きにくくなるだけなのでおすすめしません。

お店に理解してもらっていれば、お酒を飲まないといけない席も避けられますし、そういった場面では協力もしてくれるので安心して働けます♪

サリー

私はアルコールを摂取するとテンションが下がって接客できなくなっちゃうので必ず伝えてました。

フェイクや専用ボトルを用意してもらう

キャバクラには「フェイク」というノンアルコールがあります。

カクテルやお酒の色をしたノンアルコールです。

お店によって使っているものは違いますが、カクテルの場合は赤い色のシロップなどをお茶などに混ぜて、見た目だけカクテル…といった感じですね。

また、「焼酎のウーロン割」を頼んで実はウーロン茶だけ…なんてことも。

頼む時にお店によってノンアルのサインが決められています。

お酒が飲めるキャバ嬢でも、その日の体調によって飲めないこともあるので、大体のお店にフェイクは用意されていますよ♡

また、協力的なお店なら、高めのジュースボトルをキープボトルとしてメニューに加えてくれる可能性もあります!

ある程度、お客様を掴んでくればお店も協力的になってくれるはず。

飲めなくてもシャンパンやボトルを入れてもらうことも可能!

キャバ嬢が飲めないからといって、ボトルやシャンパンを入れてもらうことを諦めなくても大丈夫です。

お客様がシャンパンやボトルをおろすのは、指名しているキャバ嬢に協力したいから。

お酒をたらふく飲ませる目的で、キャバ嬢の売り上げに貢献するお客様なんてほとんど居ません。

人によりますが、飲めないことを理解してくれた上で、それでもシャンパンなどをおろしてくれるお客様もいます。

お酒が飲めなくても口を付けるくらいで大丈夫。

また、ボトルの場合はウーロンや緑茶などのピッチャーを頼んでもらって、コッソリ自分のグラスにはウーロン茶だけを入れておけばOKです。

飲めるキャバ嬢は確かにそれが強みになりますが、飲めないなら「飲ませ上手」になればいいだけの話

本指名のお客様なら理解してくれるはずですよ♪

お酒が飲めないキャバ嬢が稼ぐ方法!

お酒が飲めなくても、キャバクラで働くことは可能ですが、1人だけシラフで最初から最後まで真面目に接客を続けてもお客様は面白くありません。

「お酒が飲めない」ことを知られていないお客様の前では酔ったフリをするのも大切!

飲めないキャバ嬢が稼ぐ方法を解説しますので、参考にしてください♪

ノンアルコールでもテンションは高め!

お酒が飲めないキャバ嬢は、お店でみんなが酔っ払っても自分だけはシラフです。

つまり、どの時間帯でも誰よりも冷静に接客ができ、お客様をよく観察することが可能だということ。

お酒を飲んでいなくても、常にテンションは高く、お客様のテンションに合わせるか誰よりもハイテンションを保ちましょう!

また、真面目な話をしたがるお客様もたまにいます。

そんな時もテンションを合わせてあげられるのが、シラフキャバ嬢の強みです。

酔ったフリやシラフ状態というのを上手く使えば、他のキャバ嬢よりもしっかりした接客をすることができます。

トーク力や容姿など強みを作る

人気キャバ嬢になるには、ただ容姿が美しいだけ、では難しいです。

キャバクラで働いてみると分かると思いますが、そのお店のナンバーワンのキャバ嬢は、もちろん美人も多いですが、それ以上に美人なキャバ嬢も同じ店にたくさんいます。

可愛いだけで、トーク力が無いキャバ嬢は、最初は良いですが、お客様にすぐ飽きられてしまうもの。

特別美人!では無いけれど、所作が美しい、姿勢がキレイ、トークが上手というギャップがあるキャバ嬢の方が人気キャバ嬢になれる可能性が高い。

トーク力を磨きたいなら、新聞やニュースを見るのがおすすめです。

下ネタから株や政治の話までできるキャバ嬢はランクの高いお客様をゲットしやすいです♡

サリー

男性の自尊心やプライドを満たすために、知らないフリも適度にするのがおすすめ。

お酒が飲めない分、他に強み(魅力)を作り、それを活かした接客でお客様を掴んでください!

お店や他のキャバ嬢に協力してもらう

自分のお客様でも「飲めない」ことを言いづらい場合もあります。

また、どうしても飲む雰囲気を避けられない時もあるものです。

そんな時はボーイや、他のキャバ嬢に協力してもらうのがおすすめです。

ボーイが客席に着いても嫌がらないお客様なら、一緒に着いてもらってお酒を飲んでもらったり、お酒が飲めるキャバ嬢を場内指名してもらって飲んでもらったりすると良いでしょう

協力してもらったらお礼をするのも忘れずに!

同伴に誘ってあげて、同伴バックをもらえるようにしたり、指名客の枝(知り合い)に紹介したりすると、相手も自分も気分良く協力し合える関係になれます。

サリー

私も仲の良いキャバ嬢がお酒大好きな子だったので、よく場内指名で客席に着いてもらってました。

お酒が苦手なことをお客様に伝えるのもアリ◎

自分の指名客には、お酒が飲めないことを分かってもらうのが理想ですね。

お客様との関係性にもよるので、全員に分かってもらう必要はありませんが、「お酒が飲めない」ということを上手く伝えることで関係を深めることも可能!

例えば…「無理して飲んでるけど、本当はそんなに飲めない」と伝え、「○○さんの席ではお酒無しでもいい?」と頼んでみてください。

お客様には「自分にだけ打ち明けてくれた」という特別感を与えましょう。

敢えて、伝えることでお客様がより一層協力的になり、お店に来てくれる回数が増えたこともあります♡

伝えても大丈夫そうなお客様には、このような方法で伝えてみることで信頼関係を築くことができるんです。

お酒が飲めなくてもOKなお店を選ぶには?

最後に、お酒が飲めないキャバ嬢がお店を選ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

お店によって、お酒が飲めないと面接で伝えると落とされることも稀にあります。

少ないですが、フェイクなどのノンアルコール類を置いてないお店もありますね。

求人で「ノンアルOK」と書いていても、実際に行ってみると「ちょっとくらいなら飲めるでしょ?」なんて飲まされることも…。

そういった事態を避けるためにも、紹介会社にキャバクラを紹介してもらうのがおすすめです。

紹介会社に最初に「お酒が飲めない」と伝えておけば、飲めなくても大丈夫なお店を探してくれるので、無駄にたくさんのお店に面接に行く必要が無くなりますからね♪

紹介してもらったお店で飲まされた場合は、紹介会社に相談すればお店と話をしてくれますし、安心して働けますよ♡

お酒が飲めなくても飲めるキャバ嬢と同じくらい稼ぐのは可能!

お酒が飲めないからこそ出来ることも多くあります。

飲めないからといって稼げない…なんてこともありません。

実際、お店のナンバーワンがお酒が飲めないキャバ嬢ということも珍しくないんです。

お酒をたくさん飲んで売り上げを上げることを考えるよりも、「来てくれたお客様をどうやって楽しませて帰すか」を考えるのが、人気キャバ嬢になる秘訣!

お酒が飲めなくてもキャバクラで働くことは可能なので、安心してくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です