ナイトワーク雑記

ニュークラブの定義とは?キャバクラとの違いって何か元キャバ嬢が教えます

体入するなら…

夜ログはキャバ嬢になりたい女性を全力で応援してるブログです。

元スカウトマンをやっていた僕がお伝えしたいのは、一人でお店を探すことはすごく大変でリスキーだということ。

求人の嘘…地雷店への入店…自分の理想とするお店で働くまでの道のりがクッソ大変なのが現実。

そんな問題を簡単に回避する方法が、キャバ専門の紹介会社にお店を探してもらって紹介してもらうことです。

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さん

厚生労働省認可の紹介会社なので、安心して頼って大丈夫です!(もちろん無料です)

→どんなお店を提案してもらえるか希望条件をJANELに伝えてみる

※公式ページの『登録フォーム』から問い合わせてね

もし、完全自由出勤&全額日払いの1日単発でキャバクラで働きたい!!

そんな希望がある人は、キャバクラ派遣っていう働き方を検討しましょう。

文字通り日雇いなので、ノルマもないし連絡先を交換したり営業もしなくてOK。

好きな時に好きな時間に働けて、その分のお給料はその日に貰えます。

夜ログがおすすめするキャバ派遣会社が→Jewelsさん

関東圏では最強の派遣会社なので、登録しておいて損はありません!(登録は無料です)

※ぼちぼち繁忙期(12月)に入ってくるので、案件が増えますし、時給も上がる時期です。

短期でがっつり稼ぎたいって人は今のうちに登録だけすましておくのが吉◎


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラはよく聞く夜のお店ですが、ニュークラブってご存知ない方も多いのではないでしょうか?

ナイトワークの求人を見ると『ニュークラブ』と書いてあるお店があります。

ニュークラブとは一体どういうお店なのか?キャバクラと何が違うのか?

非常に両者の違いが曖昧なことは事実。

この記事では、ニュークラブの定義をはじめキャバクラとの違いを比較しながらまとめていきます。

結局、ニュークラブって何なの~って思ってる人はぜひ読んでみて下さいね!

ニュークラブの定義とは?

キャバクラも元々は、『キャバレー』と『クラブ』が合わさった、2つのお店の特徴を持つ店という意味で使われだした言葉ですよね。

ニュークラブは、『キャバクラ』と『クラブ』の間くらいだと考えて良いでしょう。

キャバクラとクラブの違いについての記事もよければ。

キャバクラよりも料金設定は高く、キャストの容姿にも厳しいですが、クラブよりは安めといった感じ。

『クラブ』をカジュアルダウンした感じだと思っていただければ良いです♪

ニュークラブは時間制のクラブ

一般的なクラブは、キャバクラと違って時間制でセット料金が発生するのではなく、席に料金が発生します。

何時間いてもセット料金が増えることはありません。

ニュークラブは、クラブを時間制にしたお店になります。

『クラブ』と聞くと、敷居が高く思えますが、『ニュークラブ』はカジュアルなイメージですね。

そのため、お客様の遊び方は、キャバクラよりもクラブが近いかもしれません。

ドリンクを頼むよりもボトルを卸し、キャストと一緒に飲むという風な感じがメジャーです。

ニュークラブは高級キャバクラのことだと思っていい

ニュークラブは、クラブと名前が付いていますが、時間制などキャバクラのシステムも採用しています

そのため、クラブというよりも『高級キャバクラ』に近いかもしれません。

お客様の遊び方はクラブ形式ですが、給料システムなどはキャバクラに近いので、女性からすれば『高級キャバクラ』だと思って問題ないですね。

ニュークラブとキャバクラとの違いは?

そもそもニュークラブとキャバクラに明確な線引きはありません

そのため、具体的な違いが分からないという女性も多いでしょう。

それぞれの傾向から違いを見てみましょう!

ニュークラブキャバクラ
時給の相場4000円~3000円~
キャストの容姿キャバクラより厳しい愛嬌があれば働ける
新規客の量少ない多い
採用基準厳しい店による
客層ハイクラスな男性が多い色んなお客がいる
ノルマ厳しい店による

上記のように時給や客層、ノルマなどは大きく違ってきます

お客様の料金設定もキャバクラに比べると高額です。

そのため、キャバクラよりもキャストに求める接客レベルや容姿のクオリティーは高めでしょう。

キャバクラに比べると新規客も少ないので、夜の仕事経験者がスキルアップとして、ニュークラブで働く…という流れが多いかもしれません。

クラブともキャバクラとも料金設定は異なる

ニュークラブの料金設定やシステムは、ワンセット1万円~と設定しているお店が多いですね。

これに税金やサービス料も合わせると、大体1時間12000円くらいになります。

キャバクラでは『ハウスボトル』というものがありますが、ニュークラブには無いお店も多いので、ボトル料金も追加で発生します。

キャバクラに比べるとかなり高額ですよね。

時間制なのはキャバクラと同じですが、料金はキャバクラより高く

ハウスボトルがなくボトル料金がかかるのはクラブと同じですが、セット料金はクラブより安いです。

クラブともキャバクラとも異なっていて、ちょうど中間くらいといった感じでしょうか。

お客様からすれば、クラブよりも安く、高級感が味わえるお店という感じかもしれませんね。

仕事内容に違いはないが接客技術は高い

接客内容や、仕事内容はキャバクラと同じですが、キャバクラよりも求められる接客技術は高いです。

ニュークラブで働く女性は容姿も重要なので、美人や可愛い女性ばかりですね。

キャバクラのように雰囲気美人くらいでは働けない場合も。

また、キャストの営業もキャバクラに比べるとすごいです。

これはキャバクラよりもノルマが厳しいためでしょう。

ニュークラブの方が時給は高い

ニュークラブはキャバクラよりも時給が高いです。→キャバ嬢の時給の話してます。

そしてキャバクラと同じようにバックもありますので、頑張ればキャバクラ以上に稼ぐことができます。

しかし、ノルマも厳しいので、ペナルティで給料が無くなる可能性もキャバクラに比べると高い

高時給ではありますが、毎月の給料がキャバクラ以上に稼げるかと言われるとそうでもないことがほとんどでしょう。

キャバクラはノルマがないお店も多いので、未経験や「すぐに稼げるようになりたい!」という女性は、キャバクラの方がおすすめですよ♪

ニュークラはキャバクラとクラブの中間

今回は数あるナイトワークのお店の中でも、比較的新しい?ジャンルのお店『ニュークラ』について解説しました。

ポイント

ニュークラブを簡単にイメージするなら、キャバクラとクラブの中間に位置するお店です。

キャバクラに比べると、高級志向で時給も高く魅力的ですが、ノルマも求められる容姿・接客レベルも高めなので、未経験の女性にはおすすめしません。

キャバ嬢として働き、スキルアップしたいと思う女性なら、ニュークラブで自分の力を試してみるのも良いのではないでしょうか。

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ