このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラの自由出勤の意味!キャバ嬢は常勤じゃなくシフト制ってお話

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラの求人を見ていると「完全自由出勤」や「自由出勤」と書かれているのをよく見ますよね。

ナイトワークをしたことがない人からすると、「どういうこと?」と思うのではないでしょうか。

「好きな日に好きなだけ働ける」という意味で捉える方も多いかもしれませんね。

キャバクラの「自由出勤」はそういう意味ではないんです。

今回はキャバクラの「自由出勤」「シフト」「出勤制限」など出勤日に関する情報をまとめてみました!

キャバクラの「完全自由出勤」とは?

求人によく書かれてある「完全自由出勤」や「自由出勤」というのは、要は「シフト制」のこと

「出勤する日を前もって自分で決められる」という意味の「自由出勤」であり、「好きな時に、気が向いたら出勤できる」という意味ではありません

ただし、キャストによっては「好きな時に出勤できる自由出勤」が認められている人もいます。

完全自由出勤が認められているのは、同伴出勤や来客予定があるキャストがほとんどです。

キャバクラで働く時は「自由出勤」と書かれていても「シフト制」という意味だと考えてください。

キャバクラは基本的に「シフト申告制」

先ほど説明した通り、キャバクラは基本的に「シフト申告制」です。

お店やキャスト、時期によって「今日暇だから出勤していい~?」という風に急きょ出勤を増やすことは可能。

お店によってシフトを出す期間はマチマチですね。

1週間ごとにシフト申告できるお店や1ヶ月単位で申告するお店など。

基本的に曜日固定で働くキャバ嬢が多いのではないでしょうか。

前もって言っておけば都合の悪い日は休むことももちろん可能です。

時給や待遇によって最低出勤日数がある場合も

キャバクラの出勤日数はお店やキャストによって「週1~OK」というところも珍しくありません。

ただし、時給や待遇によって「1週間に最低〇日出勤して」と言われることもあります。

時給が高い場合や、「終電上がり」「短時間勤務」という条件で働きたい場合は「最低出勤日数」をお店から言われることが多いでしょう。

終電上がりを条件にキャバクラで働きたいけど可能なの?元キャバ嬢が解説

自由出勤が認められているキャストもいる

先ほど言ったように「完全自由出勤」が認められているキャストもいます。

事前に申告せずに好きな日の好きな時間に働くことが認められている人もいるんです。

  • 元々レギュラー勤務をしていた
  • 指名客が多い
  • 1回の出勤で確実に売り上げをあげる

こういった女性は「完全自由出勤」が認められることもありますね。

お店との信頼関係ができており、自由出勤にしてもお客を連れてきちんと出勤してくれるキャストであればお店もリスクはありません。

また、アイドル並みに優れた容姿や経歴を持っている女性は、「他の店に移ってほしくない」ということで「自由出勤」が認められる場合も。

この場合は「特別待遇」なので、店が期待した売上を上げられなければ肩身が狭くなってしまうかも。

完全自由出勤できる働き方は「キャバクラ派遣」

「好きな日に好きなだけ働ける完全自由出勤がしたい!」という女性なら「在籍」よりも「キャバクラ派遣」をおすすめします。

在籍だと最低でも「週1以上」「3時間以上」働かなければいけません。

「キャバクラ派遣」であれば出勤に関する縛りは一切ありません。

1ヶ月に1回だけ働く…なんてことだって可能!

派遣キャバ嬢と普通のキャバ嬢の違いを分かりやすく解説するよ

「他に本業がある」「学生」「主婦」などの方で、空いている日だけお小遣い稼ぎがしたいなら「キャバクラ派遣」がピッタリです。

ノルマや営業もないので副業におすすめ!

【キャバクラ派遣の超まとめ】登録方法やオススメの会社まで徹底網羅

キャバクラでは「出勤制限」というのもある

普通に働いていれば経験することはありませんが、「出勤制限」とは名前の通り「お店がシフト調整をしてキャバ嬢の出勤を減らす」こと。

お店が「出勤制限」をするのは「人件費の削減」が理由です。

私の経験上「出勤制限をされるキャバ嬢」はお店にとって「重要ではないキャスト」です。

どういったキャバ嬢が「出勤制限」される対象となるのか見ていきましょう。

指名や同伴が少ない

新人期間を過ぎてもなかなか結果を出せないキャストは店からの評価が低くなります。

真面目に出勤していても指名や同伴が少ない、売上を出せないキャバ嬢はお店からすれば払う時給がもったいないわけです。

そのため出勤日数を減らされたり、急きょ出勤日がなくなることも。

なかなか結果が出せない…と悩んでいる場合はボーイや店長に相談してみましょう

「やる気」を見せれば評価も変わります。

キャバ嬢が売り上げを増やすためにはどうするべきか徹底解説!

やる気がない

店に「やる気がない」と思われてしまうキャバ嬢はこんな人!

  • お店のルールを守らない
  • 待機中など私語が多い
  • 指名交渉やドリンク交渉をしない

こういったキャバ嬢は「時給を稼ぎに来ているだけ」とお店から思われてしまう可能性が高い。

やる気のないキャストに給料を払うよりも、売上を上げれそうな女性に使う方が有意義です。

こういった女性は「出勤制限」から始まり、徐々に居づらくなるように仕向けるお店もありますね。

遅刻や欠勤が多い

お店から嫌われるのが「遅刻・欠勤が多いキャスト」。

出勤態度が悪いとお店から「やる気がない」「お荷物」と思われる可能性大

申告したシフトはきちんと守るようにしましょう。

事情があるなら前もって休む相談と報告をしてください。

お店側の都合の場合もある

キャバ嬢ばかりが悪いわけでなく、「出勤制限」をするのは店に問題がある場合もあります。

店の評判が悪くフリー客が入らなかったり、ボーイの客対応が悪くお客が減ってしまうなど…

暇なお店だと「出勤制限」で日数を削られることも。

この場合は違うお店に移るのがおすすめです。

キャバクラの自由出勤についてのまとめ

キャバクラの出勤に関する情報を解説しました!

キャバクラは基本的にシフト制ですが、「キャバクラ派遣」なら「完全自由出勤」が可能です。

また、シフトはお客様を付けるためにも曜日固定がおすすめですよ♪

「〇曜日なら必ずいる」とお客様に思ってもらえると、それだけ指名数も増やしやすいです。

お店や希望の働き方に合わせて、無理のない出勤をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です