このブログを書いてる人のプロフィール

色管理してるキャバクラは危険?見分け方を元キャバ嬢が話そう!

サリー

こんにちは♪元キャバ嬢の矢沢サリーです。

「色管理」ってご存知ですか?

「色管理」とは、キャバ嬢の「色営業」と同じように「ボーイや店長がキャバ嬢と疑似恋愛をすること」です。

夜の世界ではよく聞く話です。

「あえて」色管理されているなら問題はありませんが、キャバ嬢側は本気でボーイ側は「色管理」のつもりだと、最終的にメンタルをやられてしまう可能性も…。

ホストの「色管理」よりはまだ良心的かもしれませんが、ボーイによる色管理はお店や仕事が絡むので厄介なんですよね。

今回は「色管理の見分け方」を解説します!

キャバクラの色管理とは?

まずは、色管理とは何か?を説明しましょう。

「色管理」とは、お店で人気のあるキャバ嬢などをボーイや店長が口説いて付き合ったり関係を持つことを言います。

疑似恋愛で彼女にして、出勤日数を増やさせたり、辞めないようにするなど店にメリットがあるようにキャバ嬢を利用するわけです。

キャバ嬢がお客にする「色営業」を、店がキャバ嬢にするといった感じですね。

ただし、「色管理」ではなく普通に男女としてお互いに惹かれて付き合うパターンも少なからずあるので、ボーイに口説かれる=「色管理」ではありません

見分け方はめちゃくちゃ簡単なので参考にしてくださいね。

「風紀」との違い

キャバクラ用語に「風紀」というのもありますよね。

「風紀」とはボーイや店長とキャバ嬢が付き合うことを指します。

「風紀」は禁止されているお店も多いでしょう。

  • 「風紀」はお互いに本当に恋愛をしている
  • 「色管理」は店のために疑似恋愛をしている

気持ちの面で大きな違いがありますね。

「風紀」にあたるのはお互いが本気の場合で、「色管理」はキャバ嬢のみが本気だったりお互いに割り切っていることを言います。

【要確認!】キャバ嬢とボーイの距離感・付き合い方を話すよ

色管理の見分け方

「イケメンボーイに口説かれた」「店長と付き合いだした」なんてことがあったり、聞いたりした場合は要注意!

相手が「色管理」なのか「本気」なのか見分ける方法は知っておきましょう!

サリー

分かっていて「色管理」を楽しむならOK!

でも本気なら、店のために利用されている状態は避けたいですよね。

「お店を辞める」というと引き止める

分かりやすい見分け方がこちら。

キャバクラでは「風紀」は禁止されているので、付き合っていることが分かると普通は罰金や最悪クビなどの処分を受けます。

ただし「色管理」の場合はお店側が把握している場合も多いので基本的に黙認されます。

風紀はダメだし、付き合うならお店変えようかな

女の子

なんて言ってみてください。

この時に、なんだかんだ言って辞めないように説得してくるようなら「色管理」だと思っていいかもしれません。

売り上げや成績によって態度が変わる

店がキャバ嬢を「色管理」する目的は「売り上げ」や「成績」の管理

そのため、成績や売り上げが悪いと態度が冷たくなったり、プライベートで一緒に過ごす時間が削られたりします

良くないやり方だと、他のキャバ嬢とわざと仲良くさせて嫉妬させることも。

「売り上げ(成績)を上げたら大切にしてあげる」といったような言葉や態度なら100%「色管理」!

お客さんとのやりとりや営業に口を出してくる

どんな風に営業しているか、同伴のお誘いをしているかなど、ボーイが見られない細かい接客や営業まで、キャストの管理を徹底できるのが、お店側が「色管理をするメリット」です。

どれくらいのやりとりをしているのか、どんな風に営業しているのかヒアリングされたり、実際にお客とのメッセージのやりとりを見せるように言ってくることも。

やたらと仕事のことに口出ししてくるのも「色管理」の特徴です。

ボーイや店長が色管理をする理由

キャバ嬢が本気である場合は、「色管理」されるメリットはほとんどありません。

割り切っている場合は「アドバイスをもらえる」「給料の交渉ができる」「フリー席に優先的につけてもらえる」などのメリットはあります。

店側にしてもキャバ嬢に「色管理」をするのはハイリスクハイリターン

ではなぜ、リスクの高い「色管理」をするのか、を解説します。

キャバ嬢を頑張らせるため

「色管理」をしてキャバ嬢を惚れさせることで、キャバ嬢は好きな人に褒めてもらうため、好きな人の力になるために頑張って働くようになります

キャバ嬢にも色んな女性がいるので一概には言えませんが、「色管理」が上手なボーイが相手だと自然と「彼氏のために」と頑張ってしまうキャバ嬢も。

要は、好きな人と一緒に働いているという状況でやる気を出させるわけですね。

出勤日数を増やすため・辞めさせないため

キャバ嬢の出勤日数を増やしたり、辞めさせないために、というのも「色管理」をする1つの理由。

私の体験談ですが、「そろそろお店を移ろうかな?」と考えて出勤日数を少しずつ減らしていると、急に店長からしょっちゅう連絡が入るようになり、最終的に飲みに誘われ口説かれたことがありました。

これはちょっと分かりやすすぎますよね。(笑)

人気のあるキャバ嬢や、辞めてほしくないキャバ嬢などを店に引き留めるために「色管理」という手段を取る場合もあります。

サリー

私の場合はこれがキッカケで辞める意思が固まりましたよ。(笑)

売り上げを増やすため

キャバ嬢を頑張らせるのも、出勤日数を増やさせるのもすべては「売り上げのため」です。

「色管理」は「キャバ嬢の売り上げを上げるために店が仕掛けてくる疑似恋愛」と考えていいですね。

なので、「売り上げを上げたい!」「もっと活躍したい!」と思っているなら、逆に「色管理」を利用するのもアリです。

「色管理」だと分かった上でお付き合いすれば、お互いにメリットを感じられることもあるでしょう。

先述の通り、「個人的に時給などの交渉ができる」「フリー客や太客に優先的につけてくれる」といったメリットもありますからね。

キャバクラの色管理の見分け方のまとめ

「色管理」について解説しましたがいかがでしたか?

お互いが割り切っているならメリットも感じられるお付き合いだと思いますが、中にはどんなキャバ嬢でもとりあえず「色管理」する…なんてお店もあります。

そういったお店は先が長くないと思って良いでしょう。

また、「色管理」をするのはボーイ1人につきキャバ嬢1人と決まっているわけでもありません。

同じ店で働く他のキャバ嬢にも「色管理」している可能性は高いです。

「色管理」が原因でとんでもない修羅場に発展することも無きにしもあらず…なので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です