ナイトワーク雑記

キャバクラと昼職を掛け持ちする場合のお店選びを元キャバ嬢が話すよ

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

生きていくのって何かとお金がかかるものですよね~。

遊んだり買い物もしたいし、たまには贅沢だってしたい…そんな風に思うのは当然のこと。

毎日お仕事を頑張っているならご褒美だってないとやってられませんよね!

貯金やお小遣い稼ぎなどで、昼職をしながらキャバクラで副業を考える女性がいるのも不思議ではありません。

  • キャバクラと昼職を掛け持ちしたいけどお店の選び方が分からない
  • お店探しってどうすればいいの?
  • 昼職がメインだけど掛け持ちしたら会社にバレる?

といった疑問を抱えている方に、昼職とキャバクラを掛け持ちする際のお店の選び方、探し方などを教えちゃいます♪

私もキャバクラを卒業する前の半年間は昼職とキャバクラのダブルワークをしていたので、体験談を交えて掛け持ちの大変さやバレることはあるのか?などをお話します!

面接の時に昼職をしてることは伝えるべき?

昼職と掛け持ちをするなら、掛け持ちであることは面接で必ず伝えましょう。

「本業があると言うと、面接で落とされるんじゃ…」という気持ちから隠す人もたまにいるのですが、働きにくくなってしまうのでおすすめしません。

ほとんどのキャバクラが「副業OK」ですし、お店選びさえ間違えなければ、昼職をしていることが原因で落とされることは無いでしょう。

「本業がある」「昼職をしている」ことをお店側が把握していれば、早上がりや出勤日数の調整なども配慮してくれます。

本業、副業、どちらの仕事にも支障が出ないように面接では昼職をしていることは伝えておいてください。

掛け持ち目的だと面接には不利?

掛け持ち不可のキャバクラはほとんどありません。

高級キャバクラやノルマが厳しいお店などは掛け持ちで働くのは厳しいかもしれません。

でも、副業としてキャバクラを始めるならそもそもそういったお店は選ばないでしょう。

「副業OK」と記載されているお店や派遣キャバクラで働くなどであれば、掛け持ちでも問題なく働けます。

掛け持ちする場合のお店の選び方を詳しく見てみましょう。

キャバクラと昼職と掛け持ちする場合のお店の選び方

では、昼職とキャバクラを掛け持ちする時のお店の選び方を紹介します。

ここにあるポイントを重要視して選べば、掛け持ちでも働きやすいお店が見付かるはずです♡

未経験だと掛け持ちもキャバクラ勤めも悩むと思いますが、とりあえずやってみて合わなかったら辞めればいいくらいの気持ちで始めてみては?

①ノルマが緩いお店

キャバクラにはノルマがあるお店も多いですが、ノルマの度合いはお店によります。

キャバ嬢全員一律のノルマを課しているお店もあれば、レギュラーのキャバ嬢にだけノルマがあるお店も。

こればっかりは実際にお店で働いてみないと分からないことでもあるんですよね。

求人などで『ノルマなし』と書いてあっても、いざ働いてみると「ノルマあるやん…」なんてことも多々あります。

昼職をしながら、キャバクラのノルマもこなす…なんて明らかにハードワーク。

こういったことを防ぐためにも、掛け持ちでのお店探しは求人よりも紹介会社がおすすめです。

その辺のことについては後程詳しく解説しますね!

②エリア選びも重要

キャバクラと昼職のダブルワークをする際、1番思うことが「会社にバレたくない」ということではないでしょうか。

私も半年間ダブルワークをしていましたが、会社がある地域から少し離れたお店で働いていたのでバレることはありませんでした。

少人数のアットホームな会社なら良いのですが、大人数が働く会社だと、どこで誰が見ているか分かりません。

会社の近くで働くと、会社帰りに偶然お店に飲みに来られる…なんてことがあるかも…。

バレても問題は無かったとしても、普通に気まずいですし。お店を選ぶ際は、エリア選びも重要になってきます。

聞けるなら会社の人や上司がいつもどの辺りで飲んでいるのか、をそれとなく探ってみても良いかもしれません。その時に出た地域は徹底的に避けましょう。

③週1~短時間勤務OKなお店

ダブルワークで大変なのが、シフト調整なんですよね。

昼職との掛け持ちなら週1~3日くらいの出勤が体力的にも理想ではないでしょうか。

次の日の仕事のことを考えて早めに上がりたい時もあるでしょうから、そういうのを理解してくれるお店で働けるとありがたいですよね♪

お店によっては週末勤務必須というところや、週3以上の勤務必須というところもあります。

これも、ノルマと同じで求人には『週1短時間勤務OK』と書いてあっても、実際に働いてみると週1の出勤だと嫌な顔をされたり、短時間なら出勤しなくていいなんて言われることも…

キャバクラの求人に書いてあることは本当にあてになりません!

個人的に全く信用していないので、求人からお店を探すことはありませんでしたね。

④副業OKなお店

キャバクラで副業NGだというお店の方が少ないですね。

基本的に副業OKのお店が多いですが、お店の雰囲気や女の子の働き方も様々です。

指名本数を毎月競い合ってガッツリ夜職やっています!なんてキャバ嬢が多いお店だと浮いてしまうかも…。

ですから、副業OKで、且つ掛け持ちをしているキャバ嬢が多めのお店なんかを探すと良さそう。

大衆店で、比較的時給も平均か平均以下のお店なら、掛け持ちや副業で働いている女性も多いと思います。

キャバクラを副業として掛け持ちする女性が多いその理由【メリット】

キャバクラには色んな女性がいます。

掛け持ちで副業としてキャバ嬢をやっている人も少なくありません。

というか半分くらいがそんな女性ではないかと思います。

なぜキャバクラには掛け持ちをしながら働く女性が多いのか、掛け持ちのメリットを見てみましょう。

①お給料を増やせる

キャバクラと昼職を掛け持ちする理由は「お金」であることが多いでしょう。

昼の仕事ではいくら仕事が出来ても、若い間は昇進しにくいですしお給料も上がりにくいものです。

キャバクラの時給はそもそも他のバイトに比べて高いですし、時間帯も夜なので昼職との掛け持ちがしやすいですよね。

また、キャバクラでは結果を出せばすぐに給料を上げることも可能ですから、昼の仕事に比べて稼げる可能性が高いわけです。

昼職は安定しているため辞めたくはない…でもお給料はもっとほしい。という女性がキャバクラを副業として始めることが多いでしょう。

②いつでも辞められる

昼職のある女性にとって、キャバクラはあくまで副業です。

やってみて合わなかったと思うなら辞めるも店を変えるも自由です。

昼職や他のバイトに比べて選択肢も多く、自由度が高いのもキャバクラを副業にするメリットでしょう。

③シフトなどの自由度が高い

キャバクラは「副業OK」のお店も多いので、掛け持ちであることを伝えていれば結構融通がききます

お店にもよりますが、「本業が忙しいためしばらく週1~」「急きょ出勤の曜日を変更」なども対応してくれます。

たまに出勤ノルマがあるお店もありますが、そういうお店を選ばなければ問題ありません。

キャバクラと昼職を掛け持ちする場合の働き方

昼職とキャバクラの掛け持ちを考えている女性で、夜職の経験が少ない人や未経験だと、どうなるのか分からないことだらけで不安だと思います。

実際にダブルワークをしていて感じたことをまとめてみたので参考にしてみてください♡

収入からキャバクラ勤め(副業)がバレることはない

当時、私が勤めていた会社は副業はNGでした…。

マイナンバーなどからキャバクラ勤めがバレるんじゃないの?といった声をよく聞きます。

結論から言うと、マイナンバーや収入からキャバクラ勤めがバレることはありません。

収入には『給与所得』と『雑所得』の二種類があり、キャバクラでの収入は『雑所得』になります。

雑所得の場合、住民税は個人で支払いができるので確定申告の際に、個人で払うことを伝えればバレることはありません。

収入よりも、お店に偶然会社の人が来店したことでバレることの方が多いので、そっちを気にした方が良さそうです。

体力的にキツイ時も…

私がダブルワークをしていた時のそれぞれのシフトがこちら。

  • 月~金曜:9:00~17:00まで昼職
  • 水・金土:19:00~0:00までキャバクラ

もう、めっちゃくちゃ眠たかったです。(笑)

これに同伴やアフターがある日もあったので、今思っても、相当頑張っていたと思いますね~。

私の場合は、キャバクラ一本の生活から昼職をメインにして…という感じでスライドした感じなので、慣れない昼職と、キャバクラでもそこそこ頑張りたい気持ちでいっぱいいっぱいでした。

マイルールを決めておくのが大事

正直言って、どちらも頑張ることなんて出来ません。

私も途中で気が付いたことですが、どちらをメインに考えるか、それが重要です。

昼職がメインでキャバクラを副業にするなら、副業くらいで働くのが体力的にも精神的にも良いです!

時給や待遇も大事かもしれませんが、多少時給が低くても、無理せず気楽に働けるお店を探すのが1番!

掛け持ちをするなら、マイルールもちゃんと決めておきましょう。

昼職がメインだからお客とアフターは絶対にしない、と決めているキャバ嬢もいたな~。

無理をしないことが1番なので、楽しめる範囲で働けるお店を探しましょう♪

【元キャバ嬢の意見】キャバクラと掛け持ちするならおすすめの昼職

美容関係の仕事や営業職などの仕事は、スケジュールが変わりやすく仕事時間が長いこともあるので、キャバクラとの掛け持ちはしにくいかもしれません。

個人的にキャバクラとの掛け持ちがしやすい昼職を考えてみました☆

事務職などのOL

キャバクラと掛け持ちしやすい仕事の代表?とも言えるのが事務職などをするOLさんです。

あまり残業もなく、休日出勤の可能性も低いので副業しやすい仕事と言えるでしょう。

プライベートと仕事、オンオフがしっかり付けられる仕事なので予定も立てやすいです。

また、割と携帯を触れる時間もあるので、お客への営業なんかも問題なくやりやすかったですね。

飲食店やアパレル店店員

飲食店やアパレル店員をしながらキャバクラで働く女性もキャバクラには多いです。

これらの仕事は、早番や遅番などのシフト制であることが多いため予定を立てやすいでしょう。

アパレル店員さんなんかはオシャレOKのところも多いので、ネイルや髪色、髪型も自由であることも多いでしょう。

ただし、忘年会・新年会シーズンやセールの時期などは本業が忙しくなってキャバクラの出勤が減ることもあるかもしれません。

芸能関係

地域にもよりますが、モデルやタレントの卵をしている女性がキャバクラで働くこともかなり多いです。

特に芸能関係で働いていることを隠さずに働けるのであれば、他のキャバ嬢よりも時給やシフトなど優遇してもらえることもあるかもしれません。

店としては「芸能人やモデルの卵が在籍している」とアピールできるので嬉しい限りですから♡

キャバクラと昼職を掛け持ちで働くお店を探すなら紹介会社がおすすめ!

掛け持ちをする場合のお店の選び方や働き方を紹介しました。

求人は信用しない方が良い、と言いましたが、それ以外でどうやってお店を探すの?ってなりますよね。

掛け持ちするならキャバクラの紹介会社を利用するのがおすすめです。

紹介会社とはキャバクラの紹介をしてくれる会社のこと。(そのまんまですね)

まず、紹介会社に登録をして担当の方に働きたいお店の希望を伝えます。

この時に「副業で働きたい」こともしっかり伝えておきましょう

会社の最寄り駅なども伝えておくと、少し離れた場所で探してくれます。

紹介会社の方は色んなキャバクラ店を知っていますし、それぞれのシステムや店の内情も把握しているプロフェッショナル!

自分で探すよりも好条件で働けるお店を紹介してくれる可能性がかなり高いんですよ♡

また、「同じように副業で働いている女性が多いお店が良い」なんてワガママも言いやすいです。

全部が叶うお店はなかなかありませんが、譲歩できるところまでお店と交渉してくれたりもするので有難いです♪

自分で探すよりも圧倒的に効率が良いのが、かなり魅力的なんですよね。

昼職との掛け持ちにキャバクラ派遣が向いてる人の特徴

キャバクラ派遣は、派遣なので店舗に在籍せずに働きたい時に働けますし、ノルマもありません。

副業としてのメリットは確かに多いですが、色んなお店に行くので落ち着かないことも。

昼職をしながら、毎回違うお店に出勤するのは疲れるという人は紹介会社がおすすめです。

毎回違うお店でも働きたい時に働ける気楽さがいい!という女性にはキャバクラ派遣が良いでしょう。

営業なしで気楽に働きたい

副業として1つのお店に在籍することはもちろん可能ですが、その場合、イベントやノルマ、店のルールなど把握しておかなければいけないことも多々あります

特にイベント時期は店側も1人でも多くのキャバ嬢に出勤してもらいたいので、休みにくいこともあるでしょう。

キャバクラ派遣は、決まったお店に在籍するわけではないのでノルマはありませんし、イベント時期の営業も不要です。

お店のルールはある程度守らなければいけませんが、毎回同じお店で働くわけではないので、普通に仕事していれば問題ありません。

気楽に働きたい、営業はしたくないという女性はキャバクラ派遣が向いています。

完全自由出勤が良い

キャバクラ派遣で働く方法は、働きたい日に仕事を探すだけ。

シフト制ではなく、完全自由出勤です。

空いている日に派遣を募集しているキャバクラの中からお店を選んで出勤すればいいんです。

在籍の場合だと、ある程度シフトを決める必要があります。

本業が忙しく先のスケジュールが読みにくい人や、気が向いた時だけ働きたい!なんて女性には派遣がおすすめですね。

全額日払いで働きたい

キャバクラ派遣は完全全額日払い制です。

派遣会社によって仕事終わりに店から給料をもらうところもあれば、派遣会社からもらう場合もあります。

すぐにでもお金がほしい、常に出費に備えておきたい女性にもおすすめです。

在籍でも日払いのお店はありますが、翌日払いだったり1日の給料の〇%まで日払い可など制限があることも多いでしょう。

すぐに辞められると困るので、基本的に在籍で完全全額日払いをしているお店は少ないですね。

キャバクラと昼職を掛け持ちするお店選びのまとめ

昼職とキャバクラの掛け持ちはそんなに難しくありません。

お店選びのポイントさえ押さえていれば、メインの仕事に支障が出ない範囲で働けます。

「やってみよう」「やってみたい」と思ったなら、悩む前にやってみるのが1番です!

1つだけ注意点として…夜の世界は楽しいことや刺激的なことが多いです。

キャバクラで働くことで、日常にちょっとした刺激が出来て楽しいと感じることもあるでしょう。

しかし、キャバクラの仕事にのめりこみすぎないようにしてくださいね。

メインの仕事をどちらにするか決めてから掛け持ちをすると上手く切り替えができるはずです。

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-, ,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ