ナイトワーク雑記

キャバクラとクラブの違い|それぞれの働く上でのメリット・デメリットを話すよ

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

夜のお仕事といっても、業種がかなり豊富ですよね。

ガールズバー、スナック、ラウンジ、クラブ、キャバクラ…色んなお店があります。

みんな飲みに来たお客様を接客するお店ではありますが、業種によってシステムや給料、キャストに求めることは全く違うんです!

今回はクラブとキャバクラの違いと、それぞれのメリット・デメリットを解説します♪

これから夜のお仕事を考えている人はぜひ参考にしてくださいね♡

キャバクラとクラブの違い

クラブとキャバクラは同じ夜のお店ですが、業種も給料も働き方も全く違います。

まずはキャバクラとクラブの大きな違いを解説します。

給料が違う

キャバクラは普通のバイトと比べると時給がかなり高めですが、クラブはそれ以上であることが多いです。

そもそも客単価がクラブの方が高いので、クラブの方が時給が良いのは当然かもしれません。

その分、キャバクラよりも求められる接客スキルやお客様の情報管理などは厳しめです。

お客様の誕生日や記念日を忘れるなんてもってのほか!

『クラブ』と言っても、店によってお給料は全然違うことが多いよ

料金システムが違う

キャバクラでは1時間のセット料金がかかります。つまり、時間制で料金が発生するわけです。

クラブでは席に対してのセット料金がかかってきます。時間制ではないため何時間いても同じセット料金です。

クラブといってもランクがあり、高級クラブなら座るだけで4~8万円、中級店なら2~4万円、安めのクラブでも1万5千円~2万円程度といった感じですね。

キャバクラの1時間のセット料金に比べても、クラブのチャージ料金は高めです。

さらに、キャバクラと違って『ハウスボトル』といったお客様が飲めるお酒はセット料金に含まれていないので、別途ドリンク代がかかってきます。

クラブによっては席のチャージ料金以外に、ボーイチャージやホステスチャージなど、謎のチャージ料が加算されることもあるよ!

ママの有無

クラブとキャバクラの大きな違いはママの有無です。

キャバクラには『ママ』と呼ばれる女性や店を束ねるボスは存在しません。

店長やオーナーがいて、ボーイがいてキャバ嬢がいる感じです。

クラブには『ママ』がおり、ママ目当てにお店に通うお客様も多いです。

クラブにとって『ママ』はその店の顔であり、看板です。

ママ次第で店の雰囲気や、ホステスさんのタイプ、客層も変わるよ

年齢層が違う

キャバクラでは10代~20代の女性が活躍することが多いですが、クラブはホステスさんもお客様もキャバクラに比べると年齢層が高めです。

クラブのホステスさんは30代後半~40代の女性もいますし、お店のお客様も40代~50代以上が多いです。

キャバクラなどの他の夜のお店に比べて、お客様が払う料金が高いので落ち着いた年齢で、安定して稼いでいる男性が多いですね。

キャバクラでは時間によってセット料金が安くなったり、イベントで安く飲める日なんかもあったりするので、若い男性も多め。

キャバクラで働くメリット・デメリット

それぞれの違いが分かったところで、クラブ・キャバクラで働くメリットとデメリットをそれぞれ解説したいと思います。

メリット・デメリットを知った上で、どっちが働きやすい環境か考えてみるのも良いのではないでしょうか。

どちらで働くのが向いているか分からない…という方はこちらの記事も参考にしてね!

キャバ嬢とホステスの違いを分かりやすくまとめるよ

メリット①稼ぎやすい

キャバクラのメリットは『クラブに比べて稼ぎやすい』こと!

特に夜のお仕事の経験が無い女性は、いきなりクラブで稼ぐのは難しい場合がほとんど。

キャバクラでナンバーワンだった女性でもクラブでも通用するかと言われればそうではありません。

逆に、クラブで人気の女性でもキャバクラで人気が出るとも限りません。それくらいキャバクラとクラブは別物なんです。

キャバクラではドリンクバックや指名バックなど、バックシステムが豊富なので、初心者の女性でもクラブよりは稼ぎやすいですね。

キャバクラのバックシステムについてはこちらもチェックしてね

【給料】キャバクラのバックシステムを知ろう!バックの種類や相場を話すよ

メリット②クラブよりも面接に受かりやすい

クラブは求められる接客技術や、容姿などもキャバクラに比べて厳しいところが多いです。

キャバクラにも『高級キャバクラ』というものがあり、容姿や経験に厳しいところはありますが、クラブほどでは無いでしょう。

まず、水商売初心者の女性だと落とされる可能性が高いのはクラブですね。

また、キャバクラには色んなお客様がいらっしゃいますから、色んなタイプの女性を集める傾向がありますが、クラブではママに気に入られないと働くことは出来ないお店も多いです。

どれだけ容姿が優れていても、ママが『合わない』と判断すれば落とされることも。

キャバクラの面接についてはこちらもチェック!

キャバクラ面接の採用基準って?お店が見てるのは容姿だけじゃないってお話

デメリット①長く働くのは難しい

キャバクラでは10代~20代のキャバ嬢が多いです。

30代でも働けないことはありませんが、お店が求めている年齢層が低い場合も多いため、働けるお店が限られてくるかもしれません。

『姉キャバ』や『熟女キャバクラ』といったお店であれば、何歳でも働くことは可能ですが、普通のキャバクラでは難しい場合が多いですね。

30代からのキャバクラ選びはこちらの記事をチェック!

【アラサー】30代からでもキャバクラで働けるの?お店選びはどうする?

デメリット②結果を出さないと稼げない

クラブやラウンジなどに比べて、キャバクラは『結果(売り上げ)を出せないキャバ嬢』に厳しいというデメリットがあります。

もちろん、クラブやラウンジでも結果(売り上げ)は重視されますがキャバクラほどではないかも…?

キャバクラは個人プレイが多く、お客様の管理や営業、接客までキャバ嬢が1人で頑張るのが普通です。

少しくらいの手助けはしてもらえますが、基本的には自分でやるべき仕事になります。

ノルマをこなすのも自分1人なので、あまりに売り上げを上げられないと、罰金で給料が無くなるなんてことも…。

お店によってノルマやペナルティは様々なので、一概には言えませんが、クラブに比べると『お客様を呼べないキャバ嬢に厳しい』ところはありますね。

クラブで働くメリット・デメリット

続いて、クラブで働くメリットとデメリットを解説します。

キャバクラで働くにしても、クラブで働くにしても多かれ少なかれメリットもあれば、デメリットもあるもの。

どこまでなら許せるか、どちらなら頑張れそうか判断する材料にしてください♪

メリット①社会性が身に付く

夜の仕事を経験すると、礼儀作法が学べるのはどこのお店でも一緒です。

夜の仕事は『究極の接客業』とも言われており、キャバクラだろうがラウンジ、スナック、クラブだろうが、どこで働いても、ある程度礼儀作法は身に付くはず。

中でもクラブは特に、礼儀作法に厳しいお店が多いので、キャバクラに比べてもしっかりした礼儀が身に付きます。

お客様も一緒に働くホステスも年齢層の高い人が多いので、礼儀にうるさい人も多いでしょう。

キャバクラよりも店の中の上下関係もハッキリしていて厳しいですね。

メリット②チームプレイなのでストレスが少ない

クラブはキャバクラよりも上下関係がハッキリしているため、「そういうの面倒…」「チームプレイとか苦手…」という人には向いていません。

キャバクラは個人プレイが多いので楽ではありますが、その分悩みも1人で抱えることが多いです。

クラブでは1人のお客様に対して、複数のホステスで接客することもあるので、自分1人が頑張らないといけない!なんてことはありません。

チームプレイなので、仲良くできる人も見付けやすく、仕事の相談なんかもしやすいかもしれないですね。

キャバクラでは仕事のことは主にボーイに相談、報告をしますが、ボーイはキャバ嬢では無いので、本当の意味で悩みを理解してくれているかはその人によります。

デメリット①キャバクラに比べて敷居が高い

先ほども言いましたが、キャバクラに比べてクラブは敷居が高いです。

私がキャバクラで働いていたとき、長くその店でナンバーワンをしていた女性が、高級クラブに面接に行って落とされたことがありました

原因は分かりませんが、キャバ嬢歴の長い人だったのでお客様も持っていたし、容姿も申し分無かったにも関わらず、高級クラブでは働けなかったことに衝撃を受けたのを覚えています。

ママによっては『元キャバ嬢』という肩書を嫌がる人もいるので、もしかしたらそれだけの理由だったのかもしれませんが…。

クラブは求められることがキャバクラとは全く違うように感じます。

女性らしさや品があるか、マナーは良いか、などが大切なので、『愛想が良い』『かわいい』というのは全く武器にはなりません。

デメリット②稼げるまで時間がかかる

未経験や、自分のお客様がいない女性だと、クラブで働きだしてから安定して稼げるようになるまで1年くらいはかかります。

実際、キャバクラと違ってクラブは短期のバイト募集などをしていないお店も多いですよね。

ホステスとして使い物になるまでにそれだけの時間がかかるということです。

最初からキャバクラのように『バックがあるから頑張れば稼げる!』というシステムではありません

ママや先輩ホステスに気に入ってもらえれば、ノルマ消化など協力してくれることもありますが、そうでなければ相当の覚悟をしないと、未経験で働くのは難しいかもしれません。

キャバクラとクラブの違いまとめ

クラブはキャバクラに比べて敷居も高く、稼ぐのが難しいと言いましたが、『クラブに向いている女性』であれば、とんとん拍子に稼ぐことができる可能性もあります

といっても、私は『未経験の女性にはまずキャバクラ』をおすすめします。

クラブは水商売経験者でも、稼いだり人気を得るにはコツがいる業種だと思います。

最近では『ミニクラブ』など、ラウンジのようなシステムで『クラブ』と名乗っているお店もありますので、そういったお店であれば、普通のクラブよりも働きやすいでしょう。

ラウンジのシステムについてはこちらをチェックしてね!

キャバクラとラウンジの仕事の違いは何?それぞれの良いところ・悪いところを話すよ

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-, ,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ