キャバクラ在籍

罰金のあるキャバクラの店って普通?よくあるトラブルについて元キャバ嬢が話すよ

体入するなら…

夜ログはキャバ嬢になりたい女性を全力で応援してるブログです。

元スカウトマンをやっていた僕がお伝えしたいのは、一人でお店を探すことはすごく大変でリスキーだということ。

求人の嘘…地雷店への入店…自分の理想とするお店で働くまでの道のりがクッソ大変なのが現実。

そんな問題を簡単に回避する方法が、キャバ専門の紹介会社にお店を探してもらって紹介してもらうことです。

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さん

厚生労働省認可の紹介会社なので、安心して頼って大丈夫です!(もちろん無料です)

→どんなお店を提案してもらえるか希望条件をJANELに伝えてみる

※公式ページの『登録フォーム』から問い合わせてね

もし、完全自由出勤&全額日払いの1日単発でキャバクラで働きたい!!

そんな希望がある人は、キャバクラ派遣っていう働き方を検討しましょう。

文字通り日雇いなので、ノルマもないし連絡先を交換したり営業もしなくてOK。

好きな時に好きな時間に働けて、その分のお給料はその日に貰えます。

夜ログがおすすめするキャバ派遣会社が→Jewelsさん

関東圏では最強の派遣会社なので、登録しておいて損はありません!(登録は無料です)

※ぼちぼち繁忙期(12月)に入ってくるので、案件が増えますし、時給も上がる時期です。

短期でがっつり稼ぎたいって人は今のうちに登録だけすましておくのが吉◎


こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラでは「罰金制度」を設けているお店も多々あります。

キャバクラの罰金とは、ルール違反をしたキャバ嬢に対するペナルティのこと。

「罰金制度」があるお店でも、実際にルール違反をしたからといって「罰金」を請求してくることはレアケースだと思います。

そもそも「罰金」は支払う義務があるのか、キャバクラの「罰金制度」について詳しく解説します!

キャバクラの「罰金」ってなぜあるの?

キャバクラは「罰金制度」を設けているお店は多々ありますが、その多くが「ルール違反を抑止するため」のもの。

「罰金がある」という事で、気を緩めたり、だらしなく仕事をすることがないようにしているのです。

悪く言えば「おどし」ですね。

そのため、「遅刻したら罰金だからね」と説明され、実際に遅刻してしまっても本当に「罰金を請求される」ことはほとんどありません。

「次したら本当に罰金だよ」などと、厳重注意で終わることがほとんどでしょう。

実際に罰金を請求してくるお店は良いお店とは言えません。

罰金を請求された時の対処法についても解説しているのでチェックしてください!

キャバクラにある「罰金」の種類

キャバクラによくある「罰金」の種類をまとめてみました!

キャバクラではルール違反をしたらペナルティとして罰金…というお店もあります。

ただ、そのルールというのは「キャバ嬢として」と言うよりも「社会人として」守るべきルールばかりなので基本的に真面目に仕事をしていれば心配はありません。

無断欠勤による罰金

無断欠勤は普通の会社員であったとしても許されないことですよね。

よっぽどの事情があったとしても、社会人なら連絡はするべきです。

キャバクラでは特に、キャバ嬢のために来店するお客様ばかり。

そのため、キャバ嬢が無断欠勤することで、お客様からお店に対する信用が無くなることもあります。

罰金の金額はお店によりますが、1日分の給料や2日分の給料の金額を設定しているところが多いでしょう。

当日欠勤による罰金

当日欠勤も基本的にはどこで働いても嫌がられますよね。

お店は事前にお客様に今日出勤するキャバ嬢の人数や名前などをお知らせしている可能性もあります。

急いで当日欠勤したキャバ嬢の穴を埋めるキャバ嬢を探さないといけないわけです。

キャバ嬢の人数によって、その日入れられるお客様の人数も変わってくるので、1人減るだけでもお店からすればその日の売り上げを左右する大きな問題なんです。

罰金の金額は大体1日分の給料金額が設定されていることが多いでしょう。

子どもがいるとか、どうしてもな理由であれば特に何も言われない場合もあります。

遅刻による罰金

キャバクラでは、お店のスタッフが悩まされるのが「キャバ嬢の遅刻」

真面目な子は本当に真面目なんですが…時間にルーズなキャバ嬢もいるんですよね。

キャバクラという夜の仕事を舐めているのか、簡単に稼げる楽な仕事と思っているのか…。

なかなか遅刻癖が抜けないキャバ嬢っているんですよ。

そのため、遅刻に関しては厳しいお店が多いです。

罰金金額としては、大体10分1000円~という設定にしているお店が多いです。

風紀による罰金

「風紀」とはキャバ嬢とボーイが恋愛関係になること。

ちなみに、色管理とはまた違います。

風紀に関しても厳しくしているお店が多いでしょう。

罰金金額は50万とか100万とか、かなりの金額になっていることもあります。

さらに、罰金だけでなくボーイもキャバ嬢もクビになる場合も多いですね。

風紀で辞めさせられたキャバ嬢は見たことあるけど、罰金を払わされたキャバ嬢は聞いたことがありません。

が、実際に罰金を支払わされたことがあるというボーイはいました

ノーセットによる罰金

ノーセットによる罰金は、高級店や中級点によくある罰金制度かもしれません。

ヘアセットをせずにお店に出ようとすると課される罰金です。

金額はさまざまですが3000円~などの罰金金額が設定されています。

ノルマ未達成による罰金

店やキャバ嬢によってノルマはある場合もない場合もあります。

ノルマがある場合、ノルマ未達成だと罰金という制度があるお店も…

同伴回数が足りなければ回数×3000円とか、指名本数が足りなければ本数×2000円とかでしょう。

実際に罰金を取られることはほとんどないかと思いますが、何度もノルマ未達成をしてしまうと、時給が減らされることはあります。

キャバ嬢のノルマについてはこちらの記事に詳しくまとめています。

キャバクラ罰金制度でよくある請求トラブル

罰金制度というのは、店がキャバ嬢のルール違反を防止するためのもの

そのため、本当に請求されることはほとんどありません。

しかし、中には実際に罰金を取るお店もあります

罰金を実際に取られたり、請求された場合の対処法を紹介します。

実際に罰金を請求してくるお店はあまり良いお店ではないと思って良いでしょう。

お店を変えることをおすすめします。

罰金は払う必要はない

基本的に「罰金」というのは労働基準法に違反するので払う義務はありません。

また、減給の上限も労働基準法で決められています。

「ノルマ未達成や、遅刻をしたから罰金を払え」というのは法律違反ということ。

ただし、遅刻や無断欠勤があまりに多い場合や、それらによってお店に損害を与えた場合は、お店が従業員に「損害賠償」を請求する権利もあります。

罰金を請求された場合

お店に罰金を取られた場合や、請求されてしまった時は弁護士などの専門家に相談しましょう。

「夜のお店だから」と泣き寝入りすることはありません。

不当な罰金を請求された場合や、給料から罰金を引かれてしまった場合は専門家に間に入ってもらい、払う意思がないこと、または返金を求めるのが良いでしょう。

ただし、専門家に相談するなら証拠は集めておく必要があります

タイムカードや出勤日を記録したカレンダー、ラインなどでのやりとりなどが証拠になります。

キャバクラの罰金のリスク回避をするなら紹介会社を利用しよう

繰り返しになりますが、キャバクラ店の罰金制度はキャバ嬢のルール違反を防止するもの。

そのため、多くのお店では罰金という制度はあるものの実際に請求されることは基本的にはないです。

しかし、お伝えしたように罰金を取るお店も存在します。

めちゃくちゃなルール(出来そうにないノルマ設定など)で罰金を設けているお店はそもそも優良店とは言えないので注意しましょう。

キャバ嬢に罰金を請求するようなお店には入店しないことが、何よりのトラブル回避ですが未経験者ほどその見極めは簡単なものではないでしょう。

だからこそ、夜ログでは口をすっぱくしてキャバ専門の紹介会社を利用してくださいとお伝えしてるんですね。

紹介会社が提案してくれるお店は審査を通過したキャバ嬢にとって安心して働けるお店なわけです。

仮に罰金を請求されるようなトラブルがあったとして、紹介会社の担当が間に入ってキャバ嬢の代わりにお店と話守ってくれます。

罰金というトラブル回避には、何よりも紹介会社を通しての店舗選びをするべきなんです。

夜ログでお世話になっている紹介会社が→JANELさん

私自身も現役の時にはずっとお世話になっていましたので本当に安心して相談してみて下さい。

キャバクラの罰金制度についてのまとめ

キャバクラの罰金について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

そもそも、遅刻や無断欠勤をしないなど、社会人としてのルールを守っていれば罰金になることもありません

「夜の仕事だから…」と軽い気持ちで適当に働く女性も一定数いることが問題なんです。

そういった女性が少なからずいるから、お店は「防止」するために「罰金制度」を設けています。

実際に罰金を取るお店は少ないですが、ルール違反を続けていると時給が下がったり、最悪クビになることもあります。

罰金などのトラブルに巻き込まれたくないのであれば、社会人としてのルールは守りましょう。

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-キャバクラ在籍
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ