ナイトワーク雑記

キャバ嬢とホステスの違いって知ってる?【実は全く違います】

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


ホステス歴4年、キャバ嬢歴6年の矢沢サリーです。

キャバ嬢とホステスの経験がある私ですが、水商売未経験の女性やお客によく「キャバ嬢とホステスって何が違うの?」と聞かれることがあります。

働く場所が違うだけで、そんなに違いは無いように思うかもしれませんが、実はキャバ嬢とホステスは全く違うんです。

私は初めて働いたお店がラウンジだったので、最初はホステスから始めました。その後、キャバクラに転職しキャバ嬢になりましたが、働いてみると、働き方も客層も給料も全く違うことが分かります。

自分が向いている方を選んだ方が稼ぎやすいし、働きやすいことは間違いありません。

  • キャバ嬢とホステスの違い
  • キャバ嬢に向いている人・ホステスに向いている人

を解説しますので、これから夜のお仕事を考えている人や転職したい人は参考にしてください♡

キャバ嬢とホステスの違い

キャバ嬢とホステスの違いについて詳しく解説するよ♪

キャバ嬢ホステス
業種キャバクラクラブ・ラウンジ・スナック
接客1対1場合によって1人で~3人

2人以上での接客も多い

ママ
給料システム時給+バック

ノルマがあるお店も

日給+報奨金

時給のみの場合も

営業形態と客層基本的には18歳以上なら誰でも会員制のお店も多い
指名の違い指名制度あり指名制度が無いお店も多い

永久指名制のお店もある

年齢層若い女性が多い落ち着いた年齢層の女性も多い

キャバ嬢とホステスの特徴を簡単に挙げてみても、これだけの違いがあります。それぞれ詳しく解説していきますね。

キャバ嬢とホステスの違い①業種

キャバ嬢はキャバクラで働く女性

キャバ嬢は「キャバクラ」と呼ばれるお店で働く女性のことを指します。

「キャバクラ」はキャバレークラブの略。

キャバレーとクラブ、どちらの要素も含んだ夜のお仕事として比較的新しい業種だと言えます。

ホステスはスナック、ラウンジ、クラブで働く女性

ホステスとは「スナック」「ラウンジ」「クラブ」で働く女性のことを指します。

最近はラウンジとクラブの間くらいの料金設定の「ミニクラブ」なんて業種もありますね。

お客が払う料金も、ホステスの給料も「スナック<ラウンジ<クラブ」の順番で高いことがほとんど。

キャバ嬢とホステスの違い②接客方法

キャバ嬢1人対お客1人

キャバクラではお客1人に対してキャバ嬢1人が隣に着き、接客をします

キャバ嬢に求められる接客スキルは、『明るく元気』『楽しく会話し一緒に飲む』ということ。

1対1での接客のため、色恋営業(疑似恋愛でお客を引っ張ること)もホステスに比べると多めです。

ホステス複数人対お客1人

キャバ嬢と違って、1人のお客に対して何人も女性が着くこともあるのがホステス。

お店が忙しかったり、女の子が足りない時は1人で複数人のお客の相手をすることもあります。

お客の隣に着くこともありますが、お客の前に座ることも多いですね。

ホステスに求められる接客スキルは『知識』『会話技術』『落ち着いた所作や話し方』などが挙げられます。

どちらの場合も、接客はお店の雰囲気や、お客に合わせてすればいいので難しく考える必要はありません。

キャバ嬢とホステスの違い③ママの有無

キャバ嬢にはママではなくボーイ

キャバクラにはママは居ませんが、ボーイと呼ばれる男性スタッフが居ます。

新人キャバ嬢の教育や、キャバ嬢の勤怠管理などもボーイの主な仕事です。

お店によっては先輩キャバ嬢が教育係をすることもありますが、ほとんどの店でボーイが担当することが多いでしょう。

ホステスはママの下で働く

ホステスたちは『ママ』と呼ばれる女性の下で働きます。

『ママ』は教育係でもあり、店の女の子たちをまとめる存在でもあります。

スナック・ラウンジ・クラブのお客たちは基本的にママのお客であり、ホステスたちはママの望む接客スタイルや方針に従って働かなければいけません。

高級クラブやミニクラブなどでは、『大ママ』と呼ばれる女性がおり、その下に『ママ』と呼ばれる女性が複数人いることもあります。

キャバ嬢とホステスの違い④給料システム

キャバ嬢は時給とバック

キャバ嬢のお給料は基本的に『時給+バック』です。

本指名や同伴、ドリンクなどに対してバックが付くので仕事をすればするほど給料も増えます。

指名本数が多いキャバ嬢は基本時給が上がることもありますね。

詳しくはキャバ嬢の時給も読んでみて下さい。

ホステスはお店によって異なる

ホステスのお給料はお店や営業形態によって大きく変わります。

私の経験から言うと…

  • 【スナック】時給のみでバックやノルマが無いことが多い
  • 【ラウンジ】時給のところや日給のところがある
  • 【クラブ】日給+報奨金(指名客の売り上げがホステスのお給料になることも)

お店によっても給料システムは幅広いですね。同じクラブでも時給の場合もあります。

キャバ嬢とホステスの違い⑤営業の仕方や客層

キャバ嬢は一見さん大歓迎

キャバクラのお客は基本的に18歳以上であれば誰でも気軽に入れます

一見さん(初回の客)でも大歓迎なのがキャバクラですね。

楽しく飲みたい!と考えるお客が多く、比較的若めの男性が多いといえます。

色んなお客が来るので、どんなお客にもテンションや会話を合わせられる女性が必要とされるでしょう。

ホステスは会員制であることがほとんど

クラブやラウンジと呼ばれるお店は『会員制』であることも多く、一見さんは常連のお客の紹介が無いと店に入ることが出来ません

個人的に楽しく飲みたい!というお客よりも、接待などでの利用が多いため客層もキャバクラに比べると落ち着いた人が多いでしょう。

特に高級クラブの場合は有名人や会社の重役などが飲みにくることが多いです。

そういったお店で働くホステスは容姿はもちろん、会話も一流でなければいけません。

求められる接客スキルが高めなので、基本的には経験者でないと難しいでしょう。

キャバ嬢とホステスの違い⑥「指名」と「係」

キャバ嬢は指名制度

キャバクラには『指名制度』というものがあります。『本指名』と『場内指名』というものですね。

指名に関しては自由度が高く、1人のお客が複数のキャバ嬢を指名することもあれば、指名替えをすることもお客が自由にできます。

ホステスは係(永久指名)

クラブなどでは『指名』は『係』と呼ばれることもあります。

この『係』というのは『永久指名』ということでもあり、余程の理由がない限り係のホステスを変更することは出来ません

また、基本的にスナックやラウンジでは指名制度は無いことが多いです。

お客が気に入っているホステスは把握していることが多いですが、指名は無いので特定のお客を必ず接客しないといけないことがありません。

キャバ嬢とホステスの違い⑦キャストの年齢層

キャバ嬢の年齢層は若い

キャバクラで働く女性の年齢層は比較的若めです。18~20代の女性が活躍していることがほとんど

お客もキャバクラには若い女性を求めて行くことが多いため、若い女性を募集していることも多いでしょう。

ただ、熟女キャバクラなどと呼ばれる店もあり、そういったお店では30代~の女性が活躍していることも。

キャバクラは何歳まで働ける?の記事も参考にしてください。

ホステスは40代までと幅広い

ホステスには20代後半~40代まで幅広い年齢層の女性がいます。

クラブなどで働くには『知識』や『経験』が必要なので、必然的に年齢層も高くなってくるのでしょう。

会社の接待などで使われるお店では『若さ』よりも『落ち着き』が求められます。

キャバ嬢とホステスどっちが向いている?

キャバ嬢とホステスの違いを解説しましたが、夜のお仕事が未経験だと、どちらが向いているのか?どちらが効率良く稼げるのか?分からないですよね。

キャバクラでガンガン稼げるタイプの女性が、クラブやラウンジで働いても上手く稼げないことってかなりあるんです。

キャバ嬢を選ぶかホステスを選ぶかで、その先夜のお仕事で活躍できるか、やっていけるかが決まると言っても過言ではありません。

どちらが自分に向いているのか、参考にしてください♪

キャバ嬢に向いている人

  • 明るくノリが良い
  • 話すのが好き
  • 負けず嫌い

こういった特徴を持つ女性であれば、キャバクラで活躍できる可能性が高いでしょう。

キャバクラでは若いお客も来るため、明るくノリが良いキャバ嬢は好まれます

また、話を聞くのも大切ですが、お客とマンツーマンで会話をすることも多いため、話し好きな女性の方が向いていますね♪

基本的にキャバ嬢は、接客も客の管理も自分1人で行います。一緒に働くキャバ嬢は仲が良くてもライバルです。

バックで給料を上げるためにも、負けず嫌いタイプの女性だと長続きするかもしれません。

ホステスに向いている人

  • 協調性がある
  • 聞き上手
  • お客に合わせた情報収集ができる

クラブやラウンジに来るお客は、落ち着いてゆっくりと飲みたいお客が多いため、キャバ嬢のような接客は求められません。

話すことも大切ですが、お客の話を引き出し聞くことが出来る聞き上手タイプの女性の方が向いています

また、複数人で接客することもあるため、一緒に働くホステスと協力して接客し、情報交換をするなども必要になってきます。

個人プレイはあまり好まれないことが多いですね。

お客に合わせてニュースや新聞を見ることも必要ですし、お客の話を理解するための知識も必要になってきます。

キャバ嬢とホステスの違いまとめ

キャバクラやスナック、ラウンジ、クラブ、どこで働くかによって接客スタイルや給料は全然違います。

キャバ嬢とホステスのどちらが向いているかは人によって違い、向いていない方を選んでしまうと、夜のお仕事自体が嫌になったり、上手く稼げない可能性もあります

また、年齢によって夜職を選ぶのもおすすめ。

→初めての夜職おすすめ

紹介した『違い』や『向いている人』などを参考にして、どちらで働くか決めてみてください♪

キャバクラもクラブも体験入店制度があるお店も多いので、それを利用するのもおすすめですよ!

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-, ,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ