このブログを書いてる人のプロフィール

キャバ嬢の人気と源氏名の関係性はある?源氏名の決め方を元キャバ嬢がアドバイス!

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラで働く時、どのように源氏名を付ければいいのか、考えればいいのか分からない人も多いのでは?

キャバ嬢としての名前が決まるわけですし、基本的に1度決めたら以降ずっとその名前で呼ばれます

第2の名前になるわけですから、愛着が持てる名前を付けたいですよね!

今回は「キャバ嬢が源氏名を付ける理由」や「源氏名の決め方」「人気と源氏名の関係性」を解説します!

源氏名とは?源氏名を付ける理由も解説

「源氏名」とは、キャバクラなど夜のお仕事をする女性が使用する「名前」のこと。

要は、「お仕事用の名前」であり「偽名」ですね。

わざわざ源氏名を付ける1番の理由としては、「キャバ嬢のプライバシーを守るため」

キャバクラなどの夜のお仕事は接客業ですし、名刺の交換をします。

本名で働くと、SNSなどで検索されたり、知り合いの知り合いだった…なんてことがあったりするのでリスクが高いんですよね。

また、ストーカーなどの被害を防ぐために源氏名を付けるという理由もあります。

個人情報を守るためだけでなく、オンオフの切り替えをしっかりするためにも源氏名は役立ちます。

キャバ嬢はお客様の前で「演じる」お仕事でもありますから、わざわざ源氏名を付けることで仕事モードに持って行くことができるんです。

サリー

源氏名は、芸能人が芸名を付けるようなもの。

自分を守るためにも仕事をするためにも必要だよ♪

源氏名の決め方・考え方・コツ

キャバ嬢の源氏名には決まりはありません。

といっても、キラキラネームや珍しい漢字などはNGを出されることもあります。

キャバ嬢の源氏名は、お客様に覚えてもらいやすい、呼んでもらいやすい名前にするのが大切!

また、お店やキャバ嬢によって苗字も考える必要がある場合もあります。

源氏名を付ける時のコツを解説します!

他のキャバ嬢と被らない名前にする

同じ店で働く他のキャバ嬢と被らない名前にするのは絶対条件です。

例えば「あいか」という名前のキャバ嬢がすでにいた場合「あい」が付く名前(あいこ・あいみなど)は避けた方が良いでしょう。

お客様からすれば、かなりややこしいですし、覚えてもらいにくいです。

被らない名前がおすすめですが、友達同士で勤務する場合など、わざと似た名前を付けて働いていたキャバ嬢もいました。「えりか・えりな」という風にセットで覚えてもらう方法もあります。お店によっては似た名前はNGなので注意しましょう。

読みやすい名前にする(ひらがながおすすめ)

キャバ嬢は名刺をお客様に渡します。

そのため、読みにくい漢字を使った名前はおすすめしません

個人的には、キャバ嬢の名前は「ひらがな」がおすすめですね!

覚えてもらいやすいですし、女の子らしさも感じられる名前になります。

お客様に覚えてもらわなければ意味が無いので、読みやすい・呼びやすい名前にしましょう。

覚えやすい名前にする

お客様に覚えてもらいやすい名前を付けるのは重要なことです。

そのため、できるだけシンプルな名前を付けるのがおすすめ!

おすすめは2文字の名前ですが、既にお店に2文字の名前のキャバ嬢が多い場合は3文字にするなど。

他のキャバ嬢が選ばない名前をあえて選ぶのも、覚えてもらうために良い方法かもしれません。

キャバ嬢が使いがちな名前は、既にお店で他のキャバ嬢が使用していることも多いです。そのため「あきら」や「はなこ」など、インパクトがあったりウケを狙った源氏名で働くキャバ嬢もいます。覚えてもらいやすいため、経験上、人気が出ることの多い名前でもありますよ!

迷ったら「あ行」がおすすめ!

源氏名で迷ったら「あ行」がおすすめです。

なぜか覚えやすく、女性らしい名前が多いんですよね。

  • あいか
  • あやの
  • あみ
  • あんり
  • あいな
  • いずみ
  • いおり
  • えみり
  • えりか

などなど、「あ行」の名前はシンプルで覚えやすいですし、どんなタイプのキャバ嬢でも使いやすいでしょう。

ただし、既に使用しているキャバ嬢も多いので、代表的な名前は避けた方がいいかもしれません。

「水」に関係する名前

キャバクラなどの水商売では、「水」に関係する名前が縁起が良いと言われています。

「涼(りょう)」や「愛沢(あいざわ)」「雨音(あまね)」「沙月」など、「さんずい」や「あめかんむり」を好んで付けるキャバ嬢も多いですね。

私がこれまでに見てきたキャバ嬢の源氏名は、さんずいを使った名前や苗字を付ける人が多かったです。

サリー

私自身、キャバ嬢時代は「矢沢」という「さんずい」が入る苗字を使っていました♪

「サリー」という名前ではありませんでしたが、名前も「あ行」で始まる名前を選びましたよ♡

キャバ嬢としての人気と源氏名に関係はある?

源氏名1つでキャバ嬢として人気が出るかどうか、成功するかどうかは決まりません。

しかし、全く関係ないとは言い切れません

名前を1度は聞いたことがあるような有名キャバ嬢さんたちの名前を見ていれば分かると思いますが、みんな「覚えやすくて呼びやすい」または「インパクトがある」名前ばかりですよね。

源氏名を完璧にしたからといって、必ず人気が出るわけではありませんが、「覚えてもらいやすい」というのは他のキャバ嬢よりも有利な状況です。

お客様によっては、名前のインパクトで指名するキャバ嬢を決める人なんかもいます。

何軒もキャバクラをハシゴするお客様なんかは特に、ありきたりな名前だと覚えてもらいにくいことも。

そういう意味では「売れやすい源氏名」というのはあるのかもしれませんね。

本名で働くと水商売を辞められないという話も…

これは、私が水商売で働き始めた頃に先輩に聞いた話ですが…

「源氏名を付けずに本名で働くと水商売から抜けられなくなる」

という言い伝え?のようなものもあります。(笑)

実際、そんなことは無いと思いますが、本名のままだとプライベートとのオンオフの切り替えが付きにくく、ストレスは溜まりやすいかもしれませんね。

個人的には、源氏名というフィルターをかけることで、仕事だと割り切ってできることもあると思います。

嫌なお客様の接客とか、お客様に暴言を吐かれた時とか「私の本名も知らない人」に何を言われても割と平気だったりします。(笑)

本名で働く女性もいますが、キャバ嬢として働くなら源氏名を付けるのがおすすめですよ♡

「名は体を表す!」キャバ嬢にとって源氏名は重要

今回はキャバ嬢の源氏名について解説しました。

キャバ嬢にとって源氏名は、働く上で重要な名前です。

自分を守るためにも、お客様に覚えてもらうためにも愛着の湧く源氏名を付けてくださいね!

憧れの女性や、人気キャバ嬢の名前を参考にしても良いかもしれません♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です