このブログを書いてる人のプロフィール

キャバ嬢は営業電話もするべきか?上手な電話コツまで元キャバ嬢が解説

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバ嬢として働くなら「営業」は必須です。

営業方法は人それぞれですが、メッセージやメール、LINEを使った営業連絡を選ぶキャバ嬢が多いですよね。

電話は時間が取られるし面倒…

LINEできるならLINEで良いじゃん

女の子

なんて考えは今すぐ捨てましょう!

意外と「電話」を使った連絡はお客様ウケが良く、キャバ嬢とお客様の距離が縮まることにも繋がるんです!

今回は「営業電話」のメリットやコツ、注意点を解説します♪

キャバ嬢はLINEよりも電話で営業すべし!

指名客が途切れないキャバ嬢は、「営業電話」を積極的にしています

「営業電話」のメリットを解説しましょう!

お客様に覚えてもらいやすい

1番のメリットは、電話の方が「お客様に覚えてもらいやすい」ということ!

キャバクラはお酒を飲むところですし、キャバ嬢と話した内容や、その日着いたキャバ嬢のこと自体を忘れていることも珍しくありません。

特にフリーや新規で来たお客様で、何人かのキャバ嬢が着いたりすると忘れやすいんですよね。

そこで「お礼の電話」が使えます!

キャバ嬢はお礼LINEやメッセージを送るものですが、LINEやメッセージだとお客様の印象に残りにくいんです。

電話なら「わざわざ時間を使ってお礼の電話をしてくれた」とお客様に感じさせることができます。

サリー

お礼電話をするキャバ嬢は少ないから、電話をするだけでお客様に好印象を持ってもらえるかも♪

同伴などの予定を組みやすい

メールやLINEなどでお客様が予定の話をしてきたら電話をしてみましょう!

お店に来るとは限らなくても、「会えるかもって思ったら嬉しくて電話しちゃった♡」なんて言ってあげると、お客様の「会いたい」というテンションも上がります!

昼職の営業マンもそうですが、基本的にアポイントなどはメッセージよりも電話で取る方が良いんですよね。

お互いに声を聞きながら、予定を合わせられる方が安心感がありますし、信用されやすい。

「お店」や「同伴」などのワードは出さずに、恋人に電話するようにしてみましょう。

「特別感」を与えやすい

メールやLINEは、気軽に連絡のやり取りができる点ではメリットもあります。

しかし、営業をするならメールやLINEよりも「電話」の方が「特別感」を与えられるのでおすすめ。

先ほども言ったように「わざわざ時間を使って電話をしてくれた」と思わせられるのがポイントです。

LINEやメールではそのように思わせることは難しいでしょう。

「営業」と感じさせない電話を定期的にするだけで、お客様とキャバ嬢との心の距離が近くなりやすいのもメリット。

キャバ嬢の「営業電話」のコツ

営業電話のメリットが分かったところで、営業電話を上手にするコツを解説します!

「営業電話」は「営業」だと思われないようにするのがコツ!

そして定期的に電話をする仲になっておくのもテクニックです♡

「営業」だと思われないようにする

お客様からすれば、相手が「キャバ嬢」というだけで「連絡は基本営業」だと思っています。

それは間違いではありませんよね(笑)

しかし、そう思われているからといって「営業丸出し」な連絡をするのはNG!

お店で待ってるね!

同伴しない?

女の子

このような「営業丸出し」な連絡はお客様から嫌われやすいキャバ嬢の特徴です。

「営業する時しか連絡してこない」とお客様に思わせると、お客様が離れてしまいやすいんです!

マメに連絡を取っているお客様であれば、定期的(週に1回など)に電話をして雑談をしてみましょう

それだけで「営業抜きに連絡をしてくれる」とお客様をグッと引き寄せることができます。

長電話しない

「営業」と思わせないために、お客様と雑談や世間話を電話でするのは良いことです。

しかし、あまり長電話をすると、お客様は電話で満足してしまうので注意が必要。

キャバ嬢とお客様の電話は内容が何であれ「5分程度」が理想的でしょう。

「もっと話したい」と思ってもらえるように、短めに終わらせるようにするのがコツです。

サリー

「もうすぐ出勤だから用意しなくちゃ」

「もっと話したいけど用事があるから」

と、事前に切る理由を考えておくのもアリだよ♪

営業電話をする際の注意点!

営業電話をする際の注意点を最後に解説します。

キャバ嬢がお客様に電話をする時は「タイミング」が何より重要!

電話をする「タイミング」次第で、お客様の心象も変わります。

連絡先交換の際に「連絡しても良い時間」を聞いておく

1番良いのが、連絡先を交換した時に「連絡をしても良い時間帯や曜日」をお客様に聞いておくこと

当たり前ですが、深夜や早朝の連絡はNGです。

お客様の職業や家庭環境によって、電話に出られる時間帯が違うので聞いておくと失敗しにくい。

お昼は仕事をしているだろうと思って、夕方にかけるキャバ嬢も多いが、結婚していたり彼女と同棲していたりする場合は、キャバ嬢からの電話が原因でお客様を困らせることもあるので注意!

1人ずつ、電話しても迷惑にならない時間帯や曜日を聞いておきスマホなどに登録する際にメモしておきましょう

電話する前にLINEやメールで確認するのもアリ

日によって電話できる時間帯が違うお客様もいるでしょう。

また、いきなりの電話に戸惑うお客様もいます。

まずはLINEやメールなどで「声が聞きたいから」「暇だから」などの理由を付けて「電話してもいい?」と聞いてから電話をするのもおすすめです。

「営業電話」を上手く使ってお客様と長いお付き合いを!

今回は「営業電話」について解説しました。

キャバ嬢はメールやLINEを使う人が多く、電話は時間も取られるししない人も多いんです。

そこで、あえてお客様に電話をするだけで、他のキャバ嬢と差を付けることが可能!

「同伴」や「お店」など分かりやすい営業をしなくても、電話で世間話や雑談を定期的にするだけで、お客様との仲も親しくなりやすく、営業に繋がるので実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です