このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラで早上がりばかりされる理由はキャバ嬢自身が原因かもって話

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラでは「早上がり」というものがあります。

予定していた退勤時間よりも早い時間に仕事を終わらせられることを「早上がり」と言います。

「早上がり」に悩まされているキャバ嬢もいるのではないでしょうか?

働く時間が短くなると、給料もその分下がりますから「早上がり」は避けたいですよね。

今回は「早上がりの対象になる原因」と「早上がりを回避する方法」を解説します!

キャバクラで早上がりさせられるキャバ嬢とは?

「早上がり」はお店が暇な時などに「人件費を浮かすために早く帰らされること」です。

同じように暇なキャバ嬢もいるのに、なぜか自分ばかり毎回早上がりさせられる…なんてことも。

キャバクラで「早上がり」の対象になるキャバ嬢には条件があります。

  • 売り上げを上げられないキャバ嬢
  • 指名客を作れないキャバ嬢

この2つの特徴を持つキャバ嬢が「早上がり」の対象にされることがほとんど。

「誰を早上がりさせるか」は店が決めること。

これ以外にも「早上がりの対象」になりがちなキャバ嬢の特徴も紹介します。

キャバクラで早上がりが多い原因はコレ!

  • 「なぜか毎回自分ばかり早上がり対象になる」
  • 「指名客を定期的に呼んでいるのに早上がりの対象にされる」

早上がりさせられるのはお店が暇なせい…お店のせい…だと思っていませんか?

実は、早上がりが多い原因はキャバ嬢にあることがほとんどなんです。

早上がりの対象にされる原因を見ていきましょう。

勤務態度が悪い

他のキャバ嬢やボーイに対する態度が悪かったり、口を開けば悪口ばかり言うようなキャバ嬢は売り上げを上げていたとしても、暇な日は早上がりさせられる可能性が高いです。

こういうキャバ嬢は周りにも悪影響を与えることが多いんですよね。

ひどい場合は早上がりを増やして、出勤日数を減らし、辞める方向で店が話を進めることもあります。

客席を選り好みしたり、悪口やネガティブな発言をするのはNGですよ。

営業する気がない

待機中にずっとお喋りをしていたり、フリー席についても指名交渉や連絡先の交換をしなかったりするキャバ嬢も早上がりの対象になりやすいです。

キャバ嬢の最大の仕事は「お客を呼んで売り上げを上げること」です。

そのために店も高い時給を出しているわけです。

営業する気がないキャバ嬢に高い時給を出す意味がありません

ボーイやスタッフが注意やアドバイスをしても態度が変わらないとクビになることも。

美意識が低い

ヘアセットをしない、ネイルがボロボロ、髪がプリン、いつも同じドレス…

こんなキャバ嬢もお店に「やる気がない」と思われるキャバ嬢です。

接客をするお仕事ですから、キャバ嬢は見た目には十分気を配らなければいけません。

接客技術があっても、清潔感がなければ台無しです。

少し意識を変えるだけで改善できることなので、必要最低限見た目には気を使いましょう。

店が暇

キャバ嬢が悪いわけではないパターンもあります。

閑散期などで店が連日暇…なんてことも珍しくありません。

そんな時は人件費を浮かすために早上がりを出すこともあります。

早上がり対象が特にいない場合は、ボーイやスタッフがキャバ嬢に「早上がりしたい人いる?」と聞いてくることもありますね。

この場合はキャバ嬢には原因はないと考えて良いでしょう。

キャバクラで早上がり対象を回避する方法!

「早上がり対象」にされるということは、お店に「やる気がない」「仕事ができない」キャバ嬢だと思われている可能性が高いです。

早上がりが増えると思うように稼げないですし、勤務時間が短くなるので新規客も掴みにくい。

どんどん稼げない悪循環になってしまいます。

早上がり対象の回避策と、対処法を紹介するので参考にしてください!

お店のスタッフとコミュニケーションを取る

売り上げをあまり上げていなくても、普段からお店のスタッフとコミュニケーションを取っているキャバ嬢は「早上がりの対象」にはなりにくいです。

報告・連絡・相談をマメにしたり、お客を掴むアドバイスを聞いたり、そういったコミュニケーションを取っていれば「やる気がない」とは思われにくいですからね。

お店としても「頑張ろうとしているキャバ嬢」を早上がりさせたくはありません。

なんとかチャンスをたくさん与えて頑張ってほしいと応援してしまうものです。

仕事に対する意識を高める

キャバクラは他の仕事に比べて時給は高いですが、新人期間が終わっても適当な仕事をしていると「早上がり」や「最悪クビ」になるので結局稼げません

お客の選り好みをしたり、やたらとボーイに毒を吐いたりするのは「勘違いキャバ嬢」の特徴ですね。

キャバクラで稼ぎたいなら「意識を高く持つこと」が大切。

どんなお客も接客できるようにし、営業もきちんとして指名客を作る努力をしましょう。

お店を変える

早上がり対象になってしまうのはキャバ嬢に原因があることがほとんどです。

しかし、単純にそのお店が合っていないだけの可能性もありますよ。

  • 特に勤務態度に問題はない
  • やる気はあるし頑張っているのにお客が付かない

こういった場合は、お店の客層やお店自体が合っていないのでしょう。

合わないお店で頑張ってもなかなか結果は付きません。

思い切ってお店を変えてみるのも良いかもしれませんね。

また、毎回暇で誰かしら早上がりさせられている…なんてお店も不安しかないので変えた方が良いでしょう。

お店を変える場合は、キャバ専門の紹介会社を通してみましょう。

「勤務態度などの問題もないのに、今のお店はなぜか早上がりさせられる…しっかりと働きたい」など相談しつつ、あなたの希望に近い店舗選定をしてもらってください。

紹介会社を利用するメリットはたくさんあるので、こちらの記事も読んでみて下さいね↓

キャバクラの紹介会社は利用すべき?メリットを元スカウトが徹底解説

やる気がないキャバ嬢は早上がり対象にされる

今回は「早上がりさせられるキャバ嬢」について解説しました。

基本的に「やる気がない」とお店に思われると「早上がり対象」にされやすいです。

キャバ嬢によっては「早上がり対象」から「少しずつ勤務日数を減らされる」なんてことも。

稼げなくなってしまう前に改善するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です