このブログを書いてる人のプロフィール

派遣キャバ嬢と普通のキャバ嬢の違いを分かりやすく解説するよ

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

キャバクラには大きく分けて「在籍」と「派遣」、2つの働き方があります。

どちらを選ぶかによって、待遇や給料、働き方が変わってくるんです。

今回は、「派遣キャバ嬢」と「在籍キャバ嬢」の違いを解説します!

どういった方法で働くか、悩んでいる方はこの記事を参考にしてみてくださいね♡

派遣キャバ嬢とは?

「派遣キャバ嬢」とは、「キャバクラ派遣」に登録し、自分で仕事を選んでお店に出勤するキャバ嬢のことを言います。

派遣を頼むのは、イベントや週末などで一時的にキャストを追加したいお店。

1つのお店に面接を受けに行き「在籍キャバ嬢」として働くよりも気軽に働けるため、バイトで好きな時に働きたい女性やシンママや主婦、大学生などに人気がある働き方ですね♪

お昼の仕事でも「派遣社員」と呼ばれる方がいるのと同じです。

様々なお店が「キャバクラ派遣」を利用しているため、「働いてみたい」と思えるようなお店で働くことも可能です。

シンママや主婦が朝・昼キャバ派遣で働くメリットとデメリットを話すよ

派遣キャバ嬢と普通のキャバ嬢の違い

「気軽に働きたい」女性になぜ「派遣」が人気なのかは、「在籍」との違いを見れば分かるはずです。

1つのお店で腰を据えて、しっかり稼ぎたいなら「在籍」がおすすめですが、好きな時に働きたい女性は「派遣」がおすすめ!

2つの働き方の違いを見て、どちらで働きたいかを決める参考にしてみてくださいね♪

出勤日数が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

在籍で働く場合は、面接で週何日くらい働けるかを必ず聞かれます

出勤日数は採用にも時給にも大きく関わってくるでしょう。

お店によっては「週1~出勤」希望のキャストは不採用だったり、時給が低い場合もありますね。

また、採用されたら最低でも希望した出勤日数は、出勤しなければいけません。

お店によっては「当日欠勤」や「遅刻」には罰金などのペナルティがある場合もあります。

週3以上の出勤でしっかり働けるのであれば、「在籍」でも問題はないでしょう。

【質問】キャバクラの面接って何を聞かれる?面接の心構えを元キャバ嬢が話そう

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」は1つのお店に在籍しないため、好きな時に働くことができます。

キャバクラ派遣に登録さえしておけば、いつでも仕事ができるということ!

この辺りが大学生やシンママ、主婦、会社員の女性に人気の理由でしょう。

完全自由出勤になるので、出勤ノルマや罰金などももちろんありません。

夏休みなどの長期休暇の時だけ働く、昼の仕事が休みでお小遣い稼ぎがしたい時だけ働く、ということが可能です。

ただし、平日などお店からの依頼が少ない日は、働きたくても働けるお店が無い場合もあります。

仕事内容が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

キャバクラでは「本指名客の接客」「フリー客の接客」「ヘルプ」「営業活動」など、こなさなければならない仕事が結構あります。

「在籍キャバ嬢」の場合、売り上げや本指名の数で給料も変わってくるため、営業活動は必須。

大変ですが、頑張れば頑張るだけお給料になって返ってくるので、達成感や満足感は得られるでしょう。

「在籍キャバ嬢」は常に「お客様を優先」して仕事をする必要があるということです。

キャバクラってどんな仕事?1日の流れまで具体的に元キャバ嬢が解説

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」が求められる仕事は、普通のキャバ嬢とは少し違います。

「派遣キャバ嬢」にはノルマもありませんが、お店からのバックもないため、お客様と連絡先交換をしたり、営業をする必要はありません。

仕事内容は基本的に「ヘルプ」が多くなってくるでしょう。

指名や売り上げも必要ないので、営業要らずでキャバ嬢ができるのが大きなメリットです。

「派遣キャバ嬢」の仕事は「在籍キャバ嬢のお手伝い」がメイン♪

お給料が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

キャバクラの給料は店によってシステムが違います。

ですが、基本的には「時給+バック」です。

お客様を掴んでいれば、時給以外にバックで結構稼げるのが「在籍キャバ嬢」の良いところですね♡

同伴バックやドリンクバック、売り上げバックなど、バックの種類はたくさんあるので、頑張れば頑張るだけ時給以外にも稼ぐことが可能です。

【給料】キャバクラのバックシステムを知ろう!バックの種類や相場を話すよ

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」の場合は、お給料は「固定の時給のみ」です。

指名バックや売り上げバックなどはありませんが、代わりにノルマや同伴、アフターもありません。

時間外労働が一切ないので、時給だけ稼げれば良い女性には「派遣」がおすすめです♪

また、「派遣キャバ嬢」には「待機カット」もありません。

「待機カット」とは、待機中(お客様が来ない時間)は時給が半分になったり、低くなったりすることを言うよ。

最近では「待機カット」があるお店は少ないよ。

【徹底比較】キャバクラの在籍と派遣はどっちが稼げる?元スカウトが解説

経費が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

キャバクラで働くためには、ドレスや靴、ポーチなどが必要です。

ヘアセット代やまつエク、ネイル、エステなどの美容代を含めるとそこそこかかりますね。

「在籍キャバ嬢」の場合、1つのお店に出勤するため、毎回同じ髪型、ドレス、靴は選べません。

お店によってはイベントなどで、ドレスを新調したり、コスプレ衣装を購入しなければいけないことも多いでしょう。

「在籍キャバ嬢」は稼げますが、その分経費もかかります。

できるキャバ嬢の持ち物|店内ポーチに何を入れるべきか元キャバ嬢が話すよ

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」にもドレスや靴、ポーチは必要ですが、毎回出勤するお店が違うため1着あれば十分です。

また、キャバクラの派遣会社によって、無料でドレスをレンタルしてくれるところもあるので、レンタルを利用するなら、自分で用意する必要がありません

「派遣キャバ嬢」といえど、働くならヘアセットなどは必要ですが、自分でできるのであればお金はかかりませんし、「在籍キャバ嬢」に比べて経費は少ないですね♪

待遇が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

「在籍キャバ嬢」の場合、「ノルマ」があるお店で働くなら、当然「ノルマ」をこなす必要があります

お店によって「ノルマ」や「ペナルティ」などがある場合もあるんです。

「ノルマ」は大体の場合、キャバ嬢のレベルに合わせて決められるため、あまりに無理なノルマを課してくるお店は少ないでしょう。

どう考えても達成できないようなノルマを課してくる場合は、あまり良いお店ではない可能性が高いです。

キャバクラのノルマって何?ノルマなしで働く方法はあるか知っておこう

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」の場合は、「ノルマ」や「罰金」はありません。

例え、働くお店が「ノルマあり」のお店だとしても「派遣キャバ嬢」には適応されません。

ただし、「ノルマ」もなければ「バック」もないのが「派遣キャバ嬢」です。

そのうえ、もしお店が暇だった場合は「派遣キャバ嬢」から先に「早上がり」の対象になるため、1日の給料が予想していたより稼げない時もあるでしょう。

人間関係が違う

【在籍キャバ嬢の場合】

「在籍キャバ嬢」にとってお店の人間関係はとても重要です。

キャバ嬢同士の雰囲気やボーイとの距離感など、働きやすいお店かどうかは、人間関係によって変わってきます。

キャバクラで働くなら知っておきたいキャバ嬢同士の派閥や人間関係

【派遣キャバ嬢の場合】

「派遣キャバ嬢」は毎回違うお店に派遣されるので、人間関係はそこまで重要ではありません。

1日決まった時間働いて帰るだけなので、お店がギスギスしていようが、仲良しだろうが、大した影響はないでしょう。

【キャバクラで働くなら!】お店・先輩キャバ嬢に気に入られる方法を知っておこう

「在籍」か「派遣」か自分に合った働き方を選ぼう♪

「在籍キャバ嬢」と「派遣キャバ嬢」の違いを紹介しましたが参考になったでしょうか?

【在籍キャバ嬢】

  • ノルマがある場合もある
  • バックが付くため稼げる
  • お店のルール(出勤日数など)がある

【派遣キャバ嬢】

  • ノルマ無し、バック無し
  • 時給のみなので「在籍」に比べると給料は低い
  • 好きな時に働ける

こういった違いがあることが分かりますね。

自分に向いている働き方をした方が、より効率的にストレスなく稼げるはずです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です