キャバクラ派遣

キャバクラ派遣で引き抜き交渉されたらどうする?引き抜き対策も解説

キャバクラ派遣で稼ぎを上げる方法を教えます!

それは、なるべく多くの派遣会社に登録することです。

派遣会社はそれぞれで依頼が異なるし、同じ日に同じお店で時給が違うってこともあるんですよ。

登録数が少ないのは機会損失になりますよ。

もし、以下でまだ登録してない派遣会社があったら登録しておきましょう。

▶︎Jewels(ジュエルズ)
|高時給を求める方向け

▶︎TRY18(トライ)
|時給より依頼数重視の方向け

▶︎MORE(モア)
|LINEで自宅から登録したい方向け

▶︎LoveCaba(ラブキャバ)
|神奈川県のお店に出勤したい方向け

▶︎GeM(ジェム)
|千葉県のお店に出勤したい方向け

「とりあえずお試しで1社…」って人は、迷わずJewelsさんに登録してください。

とくに関東圏の人ならJewelsに登録してないとキャバ派遣ライフは始まりませんよ。

\もちろん完全無料/


・時給の高い仕事が多い
・会社の対応・サポートが神
・大手グループ店や優良店の依頼が多い

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

派遣キャバ嬢のみなさん!お仕事頑張ってますか?♪

派遣として働いていると色んなお店に行くのでキャバクラ店に詳しくなりますよね。

働きやすいお店もあれば、派遣でも働きにくい、面倒なお店もあるでしょう。

中でも「引き抜き」に関することは派遣会社のルールによっても対応が変わるので面倒ですよね。

今回は派遣キャバ嬢が引き抜き交渉された場合の対処法と引き抜きされないための対策を紹介します!

キャバクラ派遣で引き抜きされることはあるの?

派遣キャバ嬢が派遣として出勤したお店で「在籍になってくれないか」と引き抜きされることは多々あります

お店からすれば、在籍で出勤してくれれば派遣料を浮かすことができますから、気に入ったキャバ嬢は引き抜きしたいと思うものなんです。

中には、派遣を求人代わりにしているお店なんかもあります。

面倒なのが、「引き抜きを断ったせいでNGを出された」「断って気まずくなった」なんて状態になること。

派遣先が減るのは嫌ですし、断り方も考えなければいけないのが辛いところですよね。

キャバクラ派遣で引き抜きされたらどうすればいいのか?

もしも引き抜き交渉されてしまった場合、どのように対処すればいいのか解説します。

引き抜きされるということはキャバ嬢としてお店に認められたということなので悪いことではありません。

ただ、お店によっては先述の通り、断ったことでNGを出されることもあります。

地域や派遣会社によってルールが違う

地域や派遣会社によって「引き抜きOKかNG」かは違います。

ほとんどの派遣会社が引き抜きはNGにしていると思いますが、それでも引き抜き交渉をされることは多々あります。

もしも引き抜きをされて、それを断ったことが原因でNGを出された場合、派遣会社に「引き抜きを断った」ことは報告しておきましょう。

イメージダウンを防ぐためにも引き抜きされた場合は逐一派遣会社に報告しておくのが良いかもしれません。

ぶっちゃけ自分次第

引き抜きされたらどうすればいいかは、ぶっちゃけ自分次第です。

引き抜きがルールで禁止されていても、交渉してくるお店はありますし、その店で働いても良いと思うなら引き抜きを受けても良いでしょう。

引き抜きでの在籍なら時給の交渉もしやすいかもしれません。

断る場合は、「派遣会社で禁止されているので」「決まった曜日に働けないので」など理由を付けてハッキリ断るのがおすすめです。

しつこい場合は派遣会社に報告!

ほとんどの派遣会社が引き抜きは禁止しているので、しつこく交渉してきたり強引に交渉してくるお店は少ないです。

少ないですが、ないわけではありません。

あまりにしつこかったり、派遣でなく直接店に来てほしいなどと連絡がある場合は派遣会社に報告しましょう。

派遣キャバ嬢ができる「引き抜き対策」

引き抜きされたくないのであれば、事前に引き抜き対策をするのもおすすめです。

対策をしても引き抜きがゼロになるかは分かりませんが、しないよりはマシなはず!

引き抜きしなさそうな店を選ぶ

派遣キャバ嬢をしている知人や友人がいるなら、情報を共有するのもおすすめです。

また、ほぼ毎日派遣の募集をしているお店や、毎回早めに埋まってしまうお店はリピートが多く引き抜きされる可能性は低いと考えて良いでしょう。

逆に、たまにしか募集は出さない、募集ページで初めて見たお店、募集人数が少ない、なかなか埋まらないお店は引き抜きなどの面倒なことがあるお店かもしれません。

ネットの掲示板などで派遣先のお店の情報を調べるという方法もありますが、真偽は確かではないのであまり鵜呑みにしない方が良いですね。

「昼職をしている」など引き抜きしにくいと思わせる

経験上、派遣キャバ嬢を引き抜きする際は、事前に「引き抜きできそうかどうか」探りを入れることが多いです。

例えば、「派遣は長いの?」「在籍には興味ないの?」「週にどのくらい派遣で働いてるの?」などの質問は引き抜きできるかどうかの探りである可能性が高い

この場合、「引き抜きしにくい」と思わせることができれば交渉されないことが多いでしょう。

「昼職をしている」「月に1回くらいしか働けない」「派遣が性に合っている」などと答えれば引き抜き交渉される可能性は低くなります。

ただし、探りなしでいきなり交渉してくるお店もありますし、「月に1回でも良いから派遣会社を通さずに直接来て」などと言ってくるお店もあります。

その場合はどっちにしろハッキリ断るしかありません。

お店に直接連絡先を教えない

派遣キャバ嬢をしている友人の経験談ですが、お店に気に入られると直接連絡先を聞かれることもあります

中には最初に連絡先を書かされることもあるでしょう。

お店は派遣会社に派遣を頼むと、派遣料を払わなければいけません。

そのため、派遣キャバ嬢に直接連絡して出勤交渉してくることもあるのだとか。

直接交渉はもちろん、どこの派遣会社も禁止していると思うのでルール違反なのですが…。

いちいち断るのも面倒ですよね。事前に連絡先を書かされるお店であれば仕方ありませんが、そうでなければ直接の連絡先は教えない方が良いかもしれません。

引き抜き交渉がしつこい場合は会社に報告

引き抜きをOKとしている派遣会社もありますが、そうであったとしても派遣キャバ嬢が嫌がっているのにしつこく交渉したり、直接派遣の交渉をすることはNGとしている会社がほとんどです。

あまりに交渉がしつこい場合は派遣会社に報告してなんとかしてもらいましょう。

引き抜き交渉されることは悪いことではありませんが、中には派遣を求人代わりに利用しているお店もあるので注意は必要です。

「断って気まずくなったらどうしよう」「NGを出されたらどうしよう」と考える必要はありません。

断りにくい場合は「派遣会社と相談します」と答えるのもおすすめですよ。

-キャバクラ派遣

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ