キャバクラ在籍

同伴の誘い方から同伴出勤の服装・マナーまで元キャバ嬢が詳しく解説

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

人気キャバ嬢は「同伴」の誘い方やテクニックを豊富に持っています。

また、「同伴してくれるお客」を常に何人か持っているもの。

同伴に毎回せっせと誘わなくても、必ず同伴で来てくれるお客というのを掴む・作っておけば、同伴ノルマなどに困ることもありません!

今回は、人気キャバ嬢が実践している同伴に誘うコツやテクニックから、同伴出勤した時のおすすめの服装からマナーまでお話します。

同伴の誘い方!コツと会話テクニック

お客様によっては「同伴しよう」と自ら言ってくれる人もいます。

しかし、ほとんどの場合キャバ嬢から誘うことが多いでしょう。

同伴の誘い方次第で、今後も同伴してくれるか、指名してくれるかも変わってきます。

人気キャバ嬢や同伴が多いキャバ嬢の「誘い方のコツ」と「テクニック」を見ていきましょう!

同伴を嫌がるお客には「特別感」を!

「同伴」というもの自体を、なぜか毛嫌いしているお客様もたまにいます。

同伴したがらない人を同伴に誘うのはハードルが高い…と思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。

基本的にお客様には、「あなただけ」「特別」と感じさせるのが上手に接客するコツですが、同伴に誘うときも「特別感」を意識すれば上手くいくことが多いんです。

ノルマがあるんだけど、誰にも頼れなくて…

こんなこと言えるの○○さんだけなんだ…

こんな風に、「ノルマ」があってもなくても「ノルマ」のせいにして頼ってみても良いですし、

ご飯に行きたいけど、昼の仕事があるし時間がない…

同伴なら少しくらい遅れても大丈夫だし長く一緒に居られるよ

といったように、「長く一緒にいるために」という理由を付けてあげるのも良いでしょう。

お客様や自分の性格や接客方法に合わせて「特別感」を出す方法を考えてみましょう。

「同伴しよう」よりも「ご飯に行こう」

お客様がキャバ嬢と同伴をする理由を考えてみましょう。

お店に来れば会えるのに、なぜわざわざ食事代を出してまでキャバ嬢と食事に行くのか?

それは「デート感」を味わいたいからです。

普段ドレスのキャバ嬢が私服でいるだけでも、お客様からすれば新鮮ですし、特別なことなのです。

そのため「同伴しよう」と言ってしまうと「キャバ嬢のお仕事」といった感じがして嫌がられることも多い!

同伴の誘い文句は「お食事行きましょう」「ご飯連れて行ってください」などが定番で好まれます。

記念日など口実を作る

お客様と出会った日や、初めて指名してくれた日を記念日にしてお客様にアピールするのも良い方法です。

「自分と出会った日を覚えてくれていた」なんて誰でも嬉しいはず。

また、クリスマスやバレンタインなどのイベントを上手く活用するのもアリです。

「記念にご飯行こう」と誘っても良いですし、プレゼントを用意しておいて、「渡したいから会いたいな」と誘ってみるのも効果的です。

お客様との記念日は忘れないようにメモしておきましょう。

食事だけを希望するお客には「お願い」が効果的!

たまに、食事だけして帰ろうとするお客もいます。

食事が終わると帰ろうとするなんてお客には、怒ったり焦ったりせず、純粋に「お願い」してみましょう。

お店に○○さんと行くって言っちゃったから怒られちゃう…

という風に、お店に来なければいけない理由を作ったり

このままだと遅刻だし、1時間だけでも来てくれない?

と、お願いするのが効果的です。男性は女性に頼られると弱いものですから、可愛くお願いしてみましょう。

それでも「食い逃げ」するようなお客であれば、店に言って「NG客」にしてもらうのもアリ。

そういうお客はどのお店でも同じように「食い逃げ」しているはず。

キャバ嬢にとって関わると損をするタイプでもあるので注意しましょう。

同伴の誘い方でタイミングは気にするべき?

よく、「同伴に誘うタイミングが分からない」という相談を受けますが…

正直言って「タイミングなんて関係ない」というのが答えです。

どんなお客でも、どんなタイミングでも「誘いたい」と思ったときに誘うのが正解!

「ガツガツしていると思われたくない」

「お客に嫌われたくない」

なんて思って躊躇していると、他のキャバ嬢や他のお店に持っていかれてしまうかもしれません。

ガツガツしすぎるのは問題ですが、男性は誰でも「自分に興味を持ってくれる女性」が好きなもの

引いてばかりではお客様と同伴どころか、指名稼ぎもできません。

タイミングや接した回数なんて気にせず、ガンガン同伴に誘ってみてください!

そうしているうちに誘うことに慣れていきますし、成功率も上がってくるはずですよ♡

同伴は一度だけではない!

同伴のお誘いをして、応じてくれたお客には感謝とお礼も忘れないようにしましょう。

お客様との付き合いは「1度、同伴したら終わり」ではありません。

1度、同伴をして、「同伴出勤をクセ付ける」ことができれば、毎回同伴してくれるお客にすることだって可能!

そうなれば「ノルマ」も怖くないですし「バック」にも期待できますよね♪

私がよくしていたのが

  • 同伴前にお客のタバコを1箱買っておく
  • 間接キスをする
  • 他のお客の話はしない
  • 「ありがとう」を大げさに言う

などなど。

同伴をしてくれたお客様には「同伴でしか味わえないメリット」を感じさせると、繰り返し同伴してくれるようになります。

特に「ありがとうを大げさに言う」というのが大切なことで、

○○さんと同伴するのは楽しい!

○○さんが同伴してくれるから助かってる!

ということは、できるだけたくさん伝えましょう。

キャバ嬢はお客様を良い気分にしてなんぼです♪

同伴出勤の服装はどうする?

多くのキャバ嬢は私服は意外とカジュアルだったりラフな格好であることも多いですよね。

仕事着がドレスなので、お客様と会う際は同伴でもワンピースやドレスが良いの?と思うかもしれません。

同伴やアフターは、私服でOK!

とはいえ、ラフな格好やカジュアル過ぎるものはNGです。

今回は、キャバ嬢が同伴で選ぶべき私服スタイルのポイントや、TPOに合わせた私服の選び方を解説します♡

ドレスと違って私服は組み合わせやバッグや靴なども選ぶのが面倒だったりしますよね。

お客様と同伴やアフターすることもある、キャバクラで働くなら何パターンか同伴用・アフター用の私服を用意しておくと便利です!

まずは同伴で意識しておくべきポイントを解説します♪

同伴では『私服デート』を意識しよう

同伴はお店ではなく、外でお客様と食事をしたり買い物をしたりするので、お店で着るようなドレスはNGです。

だからといって本当に私服で着ているような個性的なファッションやラフ過ぎる格好もNG!

お客様はお仕事帰りだったりすることが多いので、『どこからどう見てもキャバ嬢!』なんて服装もやめておいた方が良いですね。

同伴は『お客様との私服デート』ということを意識して、キレイめカジュアルなどがおすすめです。

お客様の好みに合わせるのもOK

同伴をするお客様は、お店で何度か顔を合わせていたり、何度かお話しているお客様が多いと思います。

お客様の好みの女性や、好みの芸能人などを覚えておき、イメージに近い私服を選ぶとお客様に喜ばれやすいでしょう。

ドレスを褒められたことがある場合は、それも覚えておくと参考になりやすいですよ♡

TPOをわきまえる

同伴はキャバ嬢にとってお仕事です。

お客様はキャバ嬢の『プライベート感』や『私服』を結構楽しみにしている人も多いんですよ。

必須なのが『TPOをわきまえたファッションをすること』

同伴だし、せっかくだから…と高級なお店に連れて行ってあげようとお客様が思っていても、あまりにもカジュアルな服装でキャバ嬢が現れた場合、行き先を変えなければいけません

また、お客様がスーツか普段着かも重要なポイントです。

お客様の隣を歩いていても浮かない服装を意識してあげると、お客様も同伴を楽しめるはず。

同伴先別!おすすめ私服コーデ

同伴に誘う・誘われるときは大体、『○○っていうお店があってさ~』『連れてってくださいよ~』というやり取りがあることも多いので、お店は事前に決まっていることがほとんど

同伴では、行き先に合わせたファッションを意識すれば失敗することはありません!

お店別に、どういった服装がお客様にとって印象が良いのか解説します♡

高級なお店

高級料亭やレストランでは、『デニム』『露出』は控えた方が良いでしょう。

デニムワンピースなども可愛いのですが、カジュアル感が増すので避けた方が良いですね。

少し高めのお店に行くときは、キレイめワンピースがおすすめです!

また、清楚系のワンピースなどもポイント高めですね。

シンプルで女性らしい服装を選ぶと失敗しないでしょう。

座敷があるお店

座敷があるお店では、靴を脱がなくてはいけません

座敷が無くても、お店の入り口で靴を脱ぐタイプのご飯屋さんも多いですよね。

冬はブーツなどで手間取りますし、夏場は素足だったりするので、女性的には靴を脱がされるのは辛いものです。

座敷にあがるお店に行くときは、素足は品がないのでストッキングを履いていくようにしましょう。

また、椅子ではなく下に座るのでスカートの丈にも気を付けてくださいね。

カジュアルなお店

カジュアルなお店や居酒屋などの場合は、ワンピースでなくても構いません。

デニムでもスキニータイプなど、女性らしいラインが出るものであればOK!

ヒールもお店で履くものより低めのヒールを選びましょう。

キレイめカジュアルで、ドレスよりも私服感が出る服装を選ぶとお客様にも喜ばれます。

バー

同伴で行くのは、食事だけとは限りません。

店に出勤する前に軽く一緒に飲んでから…というお客様もいます。

食事に行かないパターンのときは、キャバワンピに上着やストールを羽織るなどの服装でもOKです。

お店の近くのバーなら尚更、出勤してそのまま仕事ができるようなファッションでも良いでしょう。

同伴出勤だと、キャバ嬢が着替える時間を少し待ってもらわないといけないので、その時間を短縮するとお客様も喜んでくれると思いますよ♪

焼き肉など

焼き肉やお好み焼きなど、油が飛ぶことが予測されるお店に行くときは、汚れが目立ちそうな服装は避けましょう。

汚れて困るような服を着ていると、お客様も気を遣います。

事前に行く店を伝えておいたのに、店に合わない服装をしてくるキャバ嬢は、『常識がない』『気が使えない』などのマイナスイメージを持たれやすいので注意ですよ!

同伴出勤の服装はあえてギャップを狙った私服で!

同伴をするお客様は、ある程度キャバクラに通い慣れたお客様が多いです。

キャバ嬢のドレス姿は見慣れていますが、私服は見慣れていないため、同伴ではドレス姿とのギャップを見せるのが効果的!

派手過ぎず地味過ぎない私服姿は、お客様にとっては『プライベート感』『デート感』が味わえるのです。

同伴やアフターでは『デート気分』を味わってもらうことを意識すると、同伴のリピートも増えますよ♡

あえて、ブランド物を一切持たずに行くなどすれば、お客様からの好感度も上がりやすいです♪

同伴はキャバ嬢にとって、無くてはならないお給料に関わる大切な仕事!

私服姿で上手くデート感を演出してお客様を楽しませましょう!

キャバクラ同伴中のマナー【NG行為】

お客様との同伴はキャバ嬢にとって本指名バックと同伴バックが入るため、同伴してくれるお客様は大切にしたいもの!

しかし、同伴中のマナーが悪いせいで、指名替えされたり2度とお店に来てくれなくなることも

特に、食事のマナーには育った環境が表れますから、食事マナーが悪いとドン引きされてしまうかも…。

今回は、同伴中にキャバ嬢が気を付けたいことやマナーを解説します!

同伴は、店外での接客なので半分プライベートな気分になってしまうキャバ嬢も多いんです。

しかし、キャバ嬢にとって同伴は立派な仕事であり、お仕事中!

それを忘れずにいれば、自然とマナー良くできるはず。

まずは、同伴中にキャバ嬢がしてはいけないことを解説します。

食べ物を残す

同伴ではもちろん、お客様がお会計をしてくれます。

あれこれ頼むのは良いですが、頼んでおいて残すのはマナーの悪い行為です。

普段から食べ物を残しがち…たくさん頼んでしまう…というタイプなら、注文はお客様に任せましょう。

食べきれないかも…と思った時は「美味しそうなんだけど食べきれないかも」と言ってお客様の反応を見るといいでしょう。

大体の人が「食べられなかったら食べてあげるよ」「残してもいいよ」と言ってくれるはず。

「積極的に注文しておいて残す」のはNGですよ。

音を立てて食べる

これはもう言わずもがなですね。

相手がお客様であろうが、友達、恋人であろうが、目の前でくちゃくちゃ音を立ててご飯を食べる人は嫌われます。

「クチャラー」なんて言いますよね。

一緒に食事する相手をかなり不快にさせる行為ですから、普段から気を付けた方が良いでしょう。

口を閉じて咀嚼すれば、くちゃくちゃと音が鳴ることはありません。

お客様よりも高いものを頼む

イベントや記念日(誕生日など)以外の普通の食事(同伴)で、お客様に散財させるのは、キャバ嬢にとってもデメリットしかありません

同伴に思ったよりもお金がかかると、お店で使ってくれるお金が減りますよね。

また、お客様が頼んだものよりも高いものを頼むのは「空気が読めていない」証拠。

同伴では「金がかからない」と思わせた方がメリットが大きいです。

同伴する目的は、バックとお店でのポイント稼ぎなわけですから、とりあえず食事して店に一緒に来てくれればミッションクリアです。

ぶっちゃけ食事内容とかなんでもいいんですよね。店に来てくれれば。(笑)

スマホをやたらと触る

キャバ嬢との同伴では、友営などのお客様以外は大体良いお店に連れて行ってくれます。

インスタなどのSNSで映えるようなお店や料理だからといって写真を撮りまくるのはやめておきましょう。

最近は、食事前に料理の写真を撮る行為に嫌悪感を覚える人も多いですよね。

同伴中は仕事中なので、やたらとスマホを触る行為や、写真を撮りまくるのはNGです。

どうしても撮りたい場合は

こんな料理初めて!食べる前に思い出に撮っておいても良い?

こんな風にお客様に言えば、お客様も気分が良いはずですよ♡

キャバクラ同伴中の食事マナー

同伴中のキャバ嬢のNG行為を解説しましたが、続いては基本的な同伴のマナーについて解説します。

同伴では、少し良いお店に行くことも多いですし、お客様が普段から使っているお店に連れて行ってくれることも多いです。

そのため、マナーが悪いと「一緒にいて恥ずかしい」と思わせてしまうかもしれません

キャバ嬢としてはもちろん、人としてそう思われるのは嫌ですよね。

食事マナーなどの基本的なことは頭に入れておきましょう。

お箸の使い方

お箸の持ち方は当たり前に言われているマナーですよね。

同伴中はなるべくキレイなお箸の持ち方を心がけましょう。

普段の使い方や育った環境が出るポイントでもあるので、間違った使い方をしていると思ったら矯正しておいた方が良いですね。

お箸の使い方でやってはいけないことは、

  • お箸で人を指す
  • お箸を舐める
  • 料理にお箸を刺す
  • お箸でお皿を引き寄せる

などなどです。

これらのお箸の使い方は、一般的にも良くないとされ、マナーがとても悪いので気を付けましょう。

こういった使い方をする女性を見たことはありませんが、念のため頭に入れておくと良いです。

和食・中華・洋食別の食べ方

食事といっても、和食・中華・洋食など様々な種類があります。

そして細かいマナーもそれぞれ違いますよね。

どれも完璧に知っておく必要はありませんが、ある程度はそれぞれのマナーを守り食事をしましょう。

「和食」の場合は手前からか、左から食べるのがマナー

お茶碗やお椀を持たずにお箸だけ持って食べるのはマナー違反です。

「中華」の場合は器を持ち上げて食べるのはマナー違反です。

「洋食」の場合は、食べる分だけお肉を左側から切って食べます。

並べられているフォークとナイフはそれぞれ外側から順番に使っていくのがマナーです。

細かいマナーはたくさんあるけど、ある程度覚えておくだけで大丈夫

キャバクラ同伴後のマナー

食事を終えて、お会計をしたら必ず「ごちそうさまでした」「ありがとう」「美味しかった」「また連れて来てね」は言っておきましょう!

キャバ嬢からすれば、お客様がご馳走してくれるのは当たり前ですが、態度に出してはいけません。

次の同伴に繋げるためにも、これらの言葉を活用してくださいね。

一気に全部言うと、テンプレっぽくなりわざとらしいので、まずは「ごちそうさまでした」と言い、お店まで会話をする中で「ありがとう」「また連れて来てね」「美味しかった」を交ぜるのが効果的です!

同伴の誘い方で重要なのは誘うことに慣れること!

同伴の誘い方から同伴出勤中の服装やマナーまでお話してきました。

お客様との同伴は「次」に繋げる工夫をするのが1番大切!

「同伴するのが当たり前」と思ってもらうためにもマナーはしっかり守って、どこへ連れて行っても恥ずかしくないキャバ嬢を目指しましょう!

同伴の誘い方で大切なのは「誘うことに慣れること」。

キャバ嬢からガンガン誘って、誘うことに慣れれば成功率もおのずと上がるはずですよ♪

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-キャバクラ在籍
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ