ナイトワーク雑記

キャバクラに出戻りってよくある話?同じキャバクラ店に戻ることは可能なの?

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


元キャバ嬢の矢沢サリーです。

仕事には向き不向きがあるものですよね。

仕事自体は向いていたとしても職場環境が良くなかったり合っていなかったりで転職をする人も多いと思います。

特にキャバクラに関してはそれが多いように感じますね。

お店が合っていないと思って辞めても、新しいところに馴染めず「やっぱり前のお店が良かった」と戻ってくる人も少なくありません。

夜を卒業して昼職に移っても、しばらくしてキャバクラに戻ってくる人も多いです。

私自身、そのうちの1人でしたし…。

今回は昼職からキャバクラに出戻りする人が多い理由と働いていたお店に出戻りは可能なのか?について解説します!

キャバクラの出戻りについてざっくりとまとめると・・

ポイント

・昼職からキャバクラに出戻りする女性はとても多いです

・昼職とのお給料の差の違いが理由の出戻りが大半

勤めていたキャバクラ店に出戻りすることはできる

どうしても昼職と比べ金銭面での差が原因で、キャバクラの世界に戻る女性が多いですね。

やったらやった分だけ、お給料として受け取れるキャバ嬢は大変ではあるもののその分だけ対価が得られるのはモチベーションにも繋がりやりがいを感じるものです。

では、昼職からキャバクラに出戻りについて詳しくまとめていきますね♡

昼職からキャバクラに出戻りする人は多い

キャバクラを卒業し、昼職に移ってもしばらくしてまたキャバクラに戻る人は男女問わず多いです。

キャバ嬢やホステスに限らず、ホストやボーイも出戻りは少なからずいましたね。

また、OLさんを始め昼職が本業の人が副業でキャバクラを始め、いつの間にかキャバクラが本業となる人も。

そこにはやはり昼職に問題があるからだと私は思います。

キャバクラを辞めて昼職に移る理由は様々ですが、基本的に「いつまでもキャバクラはできないから」「将来性を考えて」という理由で昼職に移る人が多いでしょう。

しかし、昼職のすべてが将来性があり安定しているわけではありません

特にキャバクラを長くしていると、職歴がないため働ける業種も狭まってきます。

キャバクラに比べると「労働時間は長く、給料は少なく、将来性もない」そんな仕事も多いんですよね。

良い昼職が見付かればいいですが、そうでなければ戻りたくなってしまう気持ちも分かります。

キャバクラに出戻りしたくなる理由

では、キャバクラ経験者が別の業種から出戻りしたくなる理由を見ていきましょう。

稼ぎが違う

経験上、キャバクラで稼げる金額は昼職の3倍以上だと思います。

キャバクラは業種にもよりますが「仕事をすればするだけお金になって返ってくる」仕事です。

そのためモチベーションも維持しやすく、やる気になれば誰でも稼げるでしょう。

昼職はそうはいかないですよね。

頑張っても目に見えて返ってくるものってあまりないですし、資格や経験が物を言うことも多々あります。

誕生日だからといってシャンパンやプレゼントがあるわけでもありませんし。笑

キャバクラだと労働した分対価として返ってくるので、それに慣れてしまうと昼職で働くのが辛くなります。

華やかさが違う

キャバクラは見た目も大切ですから、ドレスやメイク、ヘアスタイルまで気を抜けません。

昼職だと髪色やネイル、服装に規定があることも多く、そもそも派手な格好は好まれませんよね。

昼職に移ったばかりの頃はナチュラルメイクで仕事ができるのも楽だと思えますが、時間が経つとつまらなくなってくるものなんですよね。

モチベーションが違う

キャバクラで働いていると、普段会えないような人(芸能人や大会社の役員など)と一緒にお酒を飲む機会もありますよね。

昼職ではそんなことは滅多にありません。

さらにお給料も下がり、見た目も地味にしなくてはいけない…となると何だか生活自体が地味になってしまったような気がするのです。

キャバクラに慣れると、昼職で仕事のモチベーションを高く持ち続ける方法が分からないんですよね。

何を目標に仕事をすればいいか分からなくなってくるというか…。

そういったことから仕事に対するモチベーションが下がり、「キャバクラはしんどいこともあったけど楽しかったな」と思いやすいのでしょう。

辞めた理由がぼんやりしていた

昼職を始めてもキャバクラに出戻ってしまう原因として「辞めた理由」も大きいと思います。

キャバクラを卒業した理由が「もう〇歳だから」「いつまでも続けられないし」「同期で入った子がみんな辞めた」なんてぼんやりした理由だと、昼職に対するモチベーションも続きにくく出戻りしやすいですね。

私自身、キャバクラを卒業した理由は色々ありますが「そろそろ安定した仕事をしておかないと」という思いが大きかったんです。

キャバクラが嫌になったとか、やり切ったとか目標があるとかいう理由以外で辞めると出戻りしやすいかもしれません。

同じキャバクラ店に出戻りすることは可能?

キャバクラに出戻りする人は、昔働いていたお店に戻ることもあれば、違うお店でまた1から働く人もいます。

基本的に同じお店に出戻りすることは難しいことではありません。

円満に辞めていれば問題ないでしょう。

問題を起こしていなければ戻れる

辞める前にお店などで問題を起こしていたり、ほとんど給料泥棒のような働き方をしていない限りは同じ店に出戻ることは可能です。

辞めて始めてありがたみが分かるパターンもありますからね。

キャバクラでは、お店にちょっとした不満を持って辞め、違うお店に移ったはいいけれど、新しいお店の方が合わなかったため、また前のお店に出戻りした…なんてことも少なくありません。

おそらく、出戻りキャバ嬢はどのお店にも1人はいるでしょう。

私の場合も辞めた後に、同じ店にスタッフとして出戻りしています。

出戻りでのお店探しは紹介会社を使おう

どのくらい昼職にいてキャバクラに出戻りをするかは人それぞれです。

3年、5年と経過してかた出戻りを考えている人もいるでしょう。

事実として知っておかないといけないのは、キャバクラの世界では若い女性のほうが条件がよく年齢が高くなると条件が下がります。

現役の時が20代で出戻りする時の年齢が30代になってしまってる女性は、そもそも働けるお店が減る現実があります。

なので、出戻りする時のお店選びはもしかしたら苦戦するかもしれません。いえ、苦戦する可能性の方が高いと考えるべきかもしれません。

キャバクラに出戻りを考える方は、紹介会社を通すことをおすすめします。

夜ログでお世話になっている紹介会社が→JANELさん

私自身、キャバ現役の時にお世話になっていましたので、相談してみて下さいね♡

同じキャバクラ店に出戻りする嬢は結構多い

キャバクラへの出戻りについて解説しました。

昼職に移ったはいいけれど、出戻りしようか悩んでいる…という人も多いのでは?

出戻りは別に悪いことではありませんし、勤めていたキャバクラ店に出戻りをする女性も少なくありません。

自分に合う仕事に転職するのは自由です。

ただ、キャバクラを「逃げ道」にするのは良くありません

「キャバクラをしている方が楽しく生きれる」「キャバクラの方が向いている」と思うなら出戻りしてもいいのではないでしょうか。

そうしているうちに本当にやりたいことが見つかることもあるでしょう。

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-ナイトワーク雑記
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ