10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

出会い系アプリを使ったネットスカウトの方法を紹介するよ

どうも。夜職屋さんです。

一昔前ですが、ネットスカウトと言えば、mixiや前略プロフィールを使って片手間で募集していましたね。懐かしい。

僕は、普段から趣味でマッチングアプリを乱用する超非モテです。

以前より完全に趣味で利用していたのですが、ここ最近マッチングアプリから意図せず仕事に繋がるケースが多くなってきたので、出会い系ツールを使ってスカウトをしたい方に共有します。

「マッチングアプリや出会い系を使って女性をスカウトしたい!」

そんな方の参考になればと思います。

しかし、僕はマジもんの趣味で利用している為、スカウトをメインで使う方法みたいなことは分かりません。

本記事では、あくまでこんな流れでナイトワークを紹介することになったよ的な僕の経験談になりますので悪しからず。

 

夜職屋さん

因みに、マッチングアプリはMLMなどの勧誘系はアウトです。

真面目に楽しむ予定がない人だと、シンドくて続かないと思います。

出会い系アプリを使ったネットスカウトの方法を経験談で紹介するよ

僕が路上スカウト全盛期の頃は、出会い系サイトをスカウト目的で利用する方も多かったですが、僕はやってませんでした。

理由は単純で、業者がマジで多くて素人の子が見分けられないし、当時は純粋に女性との出会いに興味がなかったので、仕事に繋がらない可能性が高いアポに時間を割くのが嫌だったんですよ。

だって、予め「仕事紹介してるので話だけでもどうですか?」みたいなアポが取れるならいいけど、スカウトとか仕事紹介みたいなキーワードをサイト上で使うと勝手に削除されるんスよ。

これはmixiも同じだったけど、出会い系も利用規約で勧誘系は禁止されてるので、勧誘を匂わせると1発でアカウント持ってかれます。

っとなると、本気で出会いを求めているフリをして実際に会ってみて、少しずつ仕事の話に持っていく必要があったので、それを考えたらダルくてダルくて路上でスカウトしてた方がよっぽど効率いいわって感じでした。

しかし、時代が進んだ今。マッチングアプリは出会い系サイトに比べて非常にクリーンな雰囲気でして、サクラではない素人女性も多く登録しています。※出会い系サイトは、有名どころならサクラはいないものの業者はいます。

僕に関しては、あわよくば女性と若々しく遊びたいというマヌケな気持ちで試しに登録してみたらそれが最後。

死ぬほどハマりました。

ホントだったらこのままマッチングアプリの魅力をモテない男性諸君に語りかけたいところなのですが、本記事の内容とはかけ離れているので魅力の話はまた次回。笑

で、スカウトを目的にマッチングアプリや出会い系を使いたいという場合、まずは双方の登録ユーザー層を把握する必要があります。

出会い系とマッチングアプリは似ているようで登録している女性層は全く異なります。

簡単に言えば、マッチングアプリがピュアなら出会い系はドロドロって感じです。

僕はどちらも利用して実際に会っているので、その辺りの女性層も踏まえてご紹介します。

んで、実際にマッチングアプリから仕事の紹介まで持っていった流れは次の2パターンです。

  1. 実際に会って即紹介
  2. LINE交換後のタイムラインを見て紹介

僕の場合は大体この2パターンです。

①:実際に会って即紹介

これは出会い系でよくあるケースです。

まず前提として、出会い系に登録してる女性って、実際は本気で出会いなんて求めてないんですよ。

出会い系に登録する男性の本心は、あわよくば若い女性とワチャワチャしたいって下心、女性の本心はエロを売ってお金にしたいorパパの捜索です。

いつの時代も男はエロ・女は金です。

しっかり顔の見える顔写真をプロフィールに載せるワケでもなく、出会い系はテキストだけで男女が簡単に会える文化が今でも根強いため、女性からしてもやましい理由がある出会いには最適のツールになります。

あと、色んなサイトやSNSで、「パパ探すなら出会い系!」みたいな紹介されまくってるので、その効果もあってパパ活崩れのお金に困っている方が多いです。むしろ、普通の出会いを求めてる女性の方が圧倒的に少ないっスね…

で、出会い系に登録してどうするかといえば、ひたすらお金目的の女性とアポって会えばOK!

実際に会った時に、「わざわざこんな危険な方法じゃなくて、どこか在籍して稼げばいいじゃん。」とジャブを入れていくわけです。

もちろん、女性側にも在籍したくないor出来ない理由があるので、そんな簡単に話は進みませんが、会ったときのトーク次第ではバッチリハマることもあります。

現に僕の場合は、ハナっから仕事に繋がる気は一切なくて、完全に仕事とは別で出会い系を楽しんでるときに仲良くなった子に提案したら「じゃあ紹介してよ」と食いついてきました。

わざわざスカウトをやってることを告げて、紹介するよっと言わなくても、会えば必ず仕事の話になります。「普段は仕事何やってるの?」ってね。

そのときに、「スカウトじゃないけど、女の子に夜の店紹介する会社やってるんだよね」みたいな話をして、「なんで出会い系始めたの?」的な会話の流れから色々根掘り葉掘り書き出していくと、なぜ在籍しないのかが見えてきます。

例えば、旦那子供がいて在籍して長時間家を空けられないとか、お店に縛られるのがイヤだとか理由は様々ですが、その働かない理由を解消できる提案を仲良くなった上で出来れば紹介までスムーズに話を運べます。

実際に、僕が紹介した女性の例で言えば、「実は既に在籍しているけど、満足が行くほど稼げていなくて、スカウトの紹介はスカウトマンに給料から天引きされるので副業として出会い系を使って自力で客引いてる」という理由でした。

これってそもそも女性の勘違いで、女性の給料もスカウトバックは別物なので、スカウトを使っても給料から天引きされることは無いってことを伝えた上で、「良かったら仲良い店あるから条件上げて話してみようか?」って感じに紹介まで持って行きました。

僕は風俗の紹介は行なっていないので、知り合いにぶん投げですが…。

それでも、仲良くなって信頼されて始めてできることなので、ココがスカウト目的一本で出会い系を利用すると上手くいかない難しい部分ですね…。

1回目のアポだけじゃ打ち解けられない場合もあるし、会うとなれば飯代なりそれなりにお金もかかります。

ノーマルに出会い系を楽しむオマケとして考えておくと、思わぬところで美味しいファインプレーが生まれたりしますよ。

むしろ、利用料とか会う手間と時間、アポにかかるお金を考えたら、楽しむつもりがなければ絶対続かないと思います(´;ω;`)

夜職屋さん

そんでもいいから俺もやってみたい!

という物好きなスカウトさんは、是非出会い系に挑戦してみてくだちぃ。

ちなみに、僕がメインで利用している出会い系は、PCMAX(R18)です。

理由は、単純にエロを前面に押し出した出会い系だったので、まあ…男心です。笑

やり手のネットナンパ師とかは、取り敢えず目に付くサイト全部登録してフルで使いまわしてアポの頻度上げろみたいなこと言いますが、僕は不器用なんで1サイトしか有効活用出来ていないです…。

しかも、最近はあんまり活用してません…笑

つーのも、エロをお金に変えてる女性が多いので、やっぱり繋がる仕事といえば風俗なんですよ。

でも、繰り返しですが、僕は風俗の紹介は一切やってなくて、稀に上がったとしても友人のスカウトを紹介するくらいです。

詳しく説明するとグレーな内容になるので割愛しますが、紹介に対して中抜きとかもしてないし、マジなボランティアなんです。

それに、最初にも言った通り、僕の利用目的は元より趣味です。

使うにしても出会い系で会う女性はお金かかるし、今はマッチングアプリで素人の子に全力で会いに行く方がオモシロイってのが本音です。キモいね。

まあ、この辺りは人それぞれだと思いますが、個人的に風俗希望の子はそこそこ上がると思うので、風俗スカウトの方は挑戦してみて下ちい。

ポイント課金制ですが、無料登録で最初にポイント貰えるので、試し使いにドウゾヽ(・∀・)

▶︎PCMAX(R18)の登録はコチラ

②:LINE交換後のタイムラインを見て紹介

これはマッチングアプリで多いケース。

個人的にはコレが結構強くて、マッチングアプリを使ったスカウトすげぇなと思ってます。

というのも、出会い系に比べてマッチングアプリは非常にクリーンな出会いが多いです。

出会い系はアダルトでアングラな雰囲気が強いので、一般的な女性は敬遠しがちですが、マッチングはアプリのデザインやPR方法も健全なので、暇潰しにSNS感覚で登録してる大学生とかめっちゃ多いです。

なので、出会いの質も、会ってお金でエロを買ってみたいなのじゃなくて、普通に飲み行ったら合コン開いたりみたいな出会いです。

ちなみに、出会い系みたいに女性ユーザーになりすました違法風俗業者は殆ど居ないので、出会い系アプリ初心者でも扱いやすいですよ。

紹介までの動線は、出会い系同様に、実際に会った際「なんの仕事してるの?」から入ってもいいですが、マッチングアプリの場合はお金目的で登録している女性は少ないので、安全な高収入をチラつかせても反応は薄いです。むしろ怪しまれます。

で、どうするかと言えば、交換したLINEアカウントのタイムラインで仕事情報をこれでもかってほど流せばOK!

スカウトでもさ、連絡先交換した時はナイトワークに興味なくても、一斉送信で店舗情報とか流してると一時的にお金に困った女性から連絡来たりするでしょ?

それと同様に、長い目で見て潜在的な女性に対して間接的なPRを仕掛けていきます。

これが僕的にマッチングアプリから仕事に繋がる王道の方法だと思ってます。

狙ってこの方法に辿り着いたんじゃ無いですけどね…笑

スカウト活動の傍、遊びを通してリストを増やせると考えていただけると分かりやすいと思います。

女性好きじゃないスカウトからしたら地獄だけど、女の子大好きスカウトマンからしたら結構アツイと思うんですが、どうでしょう?

あと、マッチングアプリは出会い系みたくポイント制じゃなくて、月額3000円くらいで使い放題みたいな仕様なので、会えない女性でも最悪LINEだけはメッセージから交換できるように心がけるようにするとよろし。

出会い系みたく、顔写真がないプロフィールなんて殆どなくて、顔写真付きプロフィールが当たり前なので、予め容姿もチェック出来るし超オススメです。

ここまで書いてて、スカウトには神ツールだなと思ってきたりもしてて、逆に僕が気付くのが遅かっただけかもしれないです…。

世のスカウトさんが既に当たり前にやってることだったらゴメンナサイ(´;ω;`)

ちなみに、個人的にオススメはなマッチングアプリは「with」。

途中でティンダーに浮気して課金無双して使ってましたが、外人ユーザー多いしマッチしても返信来ないし3ヶ月で辞めました。

withは若い子も多いし、マッチからのメッセージ率も個人的には多いので気に入ってます。

まあ、僕がwihtを使ってるのでオススメしてるだけですが、ドコが良いか分からない人は有名どころに登録しとけば会員数も多くて安心なのでドウゾヽ(・∀・)

▶︎withの登録はコチラ

出会い系アプリを使ったネットスカウトは楽しむことが最優先

繰り返しですが、出会い系でもマッチングアプリでも「楽しむ目的が最優先」として、オマケとして仕事に繋がればいいなくらいの感覚じゃないと上手くいきません。

上手くいかないというか、絶対続かないです。

根本的なことですが、わざわざ路上に出る時間を削って出会い系アプリで仕事に興味のある女性を探すくらいなら、路上で声をかけた方が100%効率がいいし稼げます。

ただ、趣味すらも仕事に繋がる・遊びが仕事になるという部分を考えれば、出会い系アプリでのスカウトもオススメですよってことです。

僕は路上スカウトをやっていませんが、それでも出会い系アプリでのスカウトをメインにしようとは考えていませんし、むしろ積極的にアプリを通してスカウトしようとも思ってません。

理由は、その時間を募集サイトのメンテナンスに割いた方がよっぽど効率よく稼げるからです。

あくまで新規の女性との出会いを楽しみつつ、仕事の話したら食い付いてきたぜラッキーくらいの感覚です。

これをしっかりと理解した上で、少しでもスカウトの可能性を広げたい方は利用してみて下さい。

夜職屋さん

プロフィールに「スカウトやってます!」みたいな宣伝書かなくても、普通に使ってるだけでOKだよ

ちなみに、スカウトマンにオススメの出会い系アプリは、下記記事でまとめて紹介してるので参考にしてみて下さい。

スカウトマンにオススメの出会い系アプリ5選!募集目的別に紹介するよスカウトマンにオススメの出会い系アプリ5選!募集目的別に紹介するよ

 icon-check 本記事で紹介したアプリ