このブログを書いてる人のプロフィール

地方でキャバ嬢するなら知っておきたい都心との違いを話すよ

サリー

こんにちは!元キャバ嬢の矢沢サリーです。

今回は、「地方でキャバ嬢してみようかな~」と思っている女性にぜひ知っておいてほしい都心と地方のキャバクラの違いを解説します♡

そもそもどこからが「地方」でどこからが「都心」なのか定義は人によるかもしれませんが…。

私は大阪でキャバ嬢や水商売をしていましたが、「東京のキャバクラ以外」は「地方のキャバクラ」と言っても良いのではないかと思います。

東京都心部のキャバクラが1番料金も時給も高いですし、他とは違っている部分も大きいですからね。

ということでここでは、「東京のキャバクラと東京以外の地方のキャバクラ」の違いを説明します!

また、地方によって違うそれぞれの特徴も知る限り紹介するので参考にしてみてくださいね♪

地方と都心のキャバクラの違いとは?

まずは、都心と地方のキャバクラの違いから見ていきましょう。

都会のキャバクラ地方のキャバクラ
キャバ嬢の容姿タレントの卵や

レースクイーン

モデルの卵などがいる

ギャル系・清楚系など

さまざまなキャバ嬢がいる

可愛い子が多い

時給時給5000円以上が相場地方によって違うが

時給2000円~のところもある

システム自動延長制

基本的に地方に比べて

料金は割高

都心に比べて料金は安め
客層接待や付き合いなども多い

スーツ着用率が高い

金銭的に余裕のある人が多い

カジュアルなお客様も多い

遊びで来る人も多い

1セットで帰るお客様も

店の雰囲気やノリピリッとした雰囲気

ボーイがSPのよう(笑)

高級感がある

アットホームな雰囲気

大まかに言ってこのような違いがあります。

表ではちょっと分かりにくいかもしれませんね。

1つずつ詳しく違いを見ていきましょう。

働くキャバ嬢が違う

都心のキャバクラの場合

都会のキャバクラでは、タレントの卵やモデルの卵、レースクイーンなど「容姿が整っていないとできない」と言われる職業を目指す女性が働いていることも珍しくありません

そもそも都心には洗練された女性が多い(イメージ)ので、あまり「ハズレ」のキャバ嬢はいないでしょう。

ドレスやヘアメイクにしても、「キャバ嬢らしい」容姿をしていることがほとんどですね。

地方のキャバクラの場合

都心のキャバ嬢は可愛い、美人が多いですが、地方のキャバクラだって負けてはいません!

普通に可愛い子はゴロゴロいます

何が違うかというと、ドレスやヘアメイク、採用基準ではないでしょうか。

都心に比べると、「ワンピースOK」「ヘアメイクはセルフでOK」というお店も多いです。

都心に比べて女の子の採用基準は甘いといえるでしょう。

時給が違う

都心のキャバクラの場合

何よりの違いが時給ですよね。

都心では、お客様の料金も高く、キャバ嬢もドレスやヘアメイクなど美容に手を抜けないので必然的に時給は高くなります。

都心のキャバクラは時給5000円以上が相場

未経験でお客様を持っていない女性でも、時給5000円から働けるわけですから、働いているキャバ嬢はこれ以上にもらっているはずです。

サリー

大阪でも時給5000円~というお店はあるけど「高級店」と呼ばれるお店に多いかも。

地方のキャバクラの場合

地方のキャバクラでは、地方によって差があるので相場は出せません。

しかし東京(都心)のキャバクラに比べるとどこも低い時給になるでしょう。

大阪なら時給3500円~が相場ではないでしょうか。

地方によってはキャバクラでも時給1500円~なんてところもありますね。

システムが違う

都心のキャバクラの場合

都心のキャバクラでは「自動延長」がほとんどです。

お客様が「帰る」と言うまで、自動的に延長になるシステムですね。

東京のキャバクラなんかでオープンラストで飲むと、サラリーマンの1ヶ月の給料くらいは飛んでしまうのではないでしょうか。

お店にかかる費用や人件費なども高めなので、必然的にお客様の支払う料金も高くなるのは当然ですね。

そして、お客様の支払う料金が高いということはそれだけの接客技術や容姿が求められるということでもあります。

地方のキャバクラの場合

地方のキャバクラでは「自動延長」というのはあまり聞きません。

大阪でも高級クラブや高級キャバクラくらいでしょうか。

大体1セット終わりくらいにボーイが伝票を持って「お時間ですが延長はいかがされますか?」と聞きに来ます

そこでお客様は今の金額をチェックし、延長料金の交渉をしたりもしますね。

地方によってお客様の料金も大きく違いますが、東京に比べれば安いでしょう。

客層が違う

都心のキャバクラの場合

都心のキャバクラは仕事の付き合いや、接待などで利用するお客様も多いためスーツ着用率が高いです。

ぶっちゃけ客層は都心の方が良いですね。

タトゥーが入っていたり、あまりにカジュアルな服装だと入店を断られることもあります。

地方のキャバクラの場合

色んなお客様が多いのが地方のキャバクラです。

お店によってはカジュアルな格好はお断り!というお店もありますが少数かもしれません。

タトゥーが入っていたり、会社名が入った作業着で堂々と飲んでいるお客様もいます。

ある意味アットホームで楽しい雰囲気…といった感じ。

また、出張客なども多く、本当に色んなタイプのお客様がいるので、地方のキャバクラの方が接客はある意味難しいかもしれません。

お店の雰囲気やノリが違う

都心のキャバクラの場合

一緒に大阪で働いていた先輩キャバ嬢が、東京の都心でキャバ嬢を始めた時、誘われて東京のキャバクラに飲みに行ったことがあります。

その時に驚いたのが「ボーイが全員インカムを付けてスーツを着こなし、まるでSPのようだった」こと(笑)

もちろんお店のキャバ嬢も美人が多く、ヘアメイクもドレスも完璧で「ザ・キャバ嬢」感!

同業者としてはピリッとした空気を感じました。

誰も彼も上昇志向が強そうで「アルバイトで~」なんてカジュアルな感覚で働いてなさそうなイメージでしたね。

大阪に比べてお店が静かだったのも特徴的かもしれません。

飲んで楽しく騒いでいるというよりは、大人の社交場?的な感じでした。

(※あくまで個人の見解です。お店によっても違うかもしれません)

地方のキャバクラの場合

地方のキャバクラでは、お店の大小もありますがボーイも比較的フレンドリーな感じではないでしょうか。

お客様に気に入られて、ボーイがキャバ嬢と一緒に接客することもあります。

色んなお客様が来られるので、ざわざわとしていて楽しい雰囲気であることがほとんどでしょう。

キャスト同士も比較的仲が良いかもしれません。

地方ごとのキャバクラの特徴をまとめてみた!

都心と地方のキャバクラの違いを説明しましたが、「地方」といってもお店によってカラーやシステムは違います。

地方ごとのキャバクラの特徴を私が知る限りまとめてみました!

地方でお店を探すならこちらも参考にしてみてね!

キャバクラの紹介会社は利用すべき?メリットを元スカウトが徹底解説

北海道

北海道でキャバクラを探す時、注意しなくてはいけないことがあります!

北海道では「キャバクラ」は「セクキャバ」のことを指します。

キャバクラと記載してあったから、と面接に行くとセクキャバだった…ということが起こるということです。

北海道でキャバクラを探す時は「ニュークラブ」と記載されているところを探しましょう。

キャバクラとニュークラって違うの?ニュークラブについて話すよ

東北

東北地方のキャバクラは地域密着型のお店が多いでしょう。

バイト感覚で働くキャバ嬢も多いので、気軽に始めやすいかもしれません。

時給は2000円~ですが、大手キャバクラグループのお店もあるので時給が良いキャバクラもあります。

東海

東海地方のキャバクラは「ノルマのあるお店が少ない」ことで有名なのだそうです。

名古屋の「錦」に遊びに行ったことがありますが、黒服やホストが道端にたくさん居て圧倒されました。

ノルマはないですが、時給は悪くないので稼ぎやすいかもしれません。

関西・近畿

関西・近畿地方は明るいお店や接客が多いかもしれません。

定期的に関西に来る出張客も多いですし、ボーイとお客様で料金交渉ができるお店も珍しくないので、地方の中では客数は多い方かも?

「北新地」「ミナミ」「三ノ宮」「元町」「祇園」「木屋町」など地域によって時給の相場やお店の雰囲気が違うのも特徴です。

九州

九州のキャバクラはアットホームな雰囲気が魅力的です。

また、目鼻立ちのハッキリしたナチュラル美人が多いのも特徴かもしれません。

ギスギスした感じや、ピリピリした空気はなく、自然体での接客が楽しめます。

九州も定期的に来る出張客が多い地方でしょう。

沖縄

沖縄は地方の中でも料金が最も安いかもしれません。

その分、時給も落ちるかもしれないですが、地方のキャバクラの中では人気は高めですよね。

沖縄ならではのゆっくりとした時間の流れを感じられるのが特徴。

地方のキャバクラの中でもまた違った味わいがあるのではないでしょうか。

地方のキャバクラでも都心に負けないくらい稼ぐことはできる!

今回は地方と都心のキャバクラの違いを解説しました!

地方によって様々なカラーがあって素敵ですよね。

どちらが良いというのは、働くキャバ嬢が決めること

地方のキャバクラでもお店選びを失敗しなければ、都心と同じくらい稼ぐことは可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です