10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

キャバクラの出勤日数は時給決定の重要ポイント!週にどれくらいがベスト?

キャバクラの出勤日数は時給決定の重要ポイント!週にどれくらいがベスト?

ども、夜職屋さんです。

キャバクラの出勤日数ってどれくらいがベストだと思いますか?

週1?週3?、むしろ週5?

ってか、出勤日数で条件に差が出たりするの?

それに、出勤日数を多くして条件以外になんかメリットあるの?

女の子

って方や、中には「週1とかでゆる〜く稼ぎたいですぅ!」って思う人もいると思うんだ。

っつーことで、この記事では現役キャバクラ紹介屋さんの僕が、

・キャバクラにおける理想の出勤日数

・出勤日数で条件に差がでるのか

・出勤日数を増やした際のメリットとデメリット

・週1日からゆる〜くキャバクラで働く方法

について紹介したいと思います。

これからキャバクラで働こうと思ってる方は参考にしてみてねヽ(・∀・)

キャバクラにおける理想の出勤日数

夜職屋さん

月にどれくらい稼ぎたいかによって考えればOK!

単純に、月に100万稼ぎたいのに週3日くらいじゃ無理です普通に。

でも、副業として月に20万稼ぎたいってんならやり方次第で可能です。

なので、稼ぎたい金額と守りたいライフスタイルを天秤にかけて出勤日数を決めるのがよろしいかと。

いっちゃん分かりやすい決め方としては、本業か副業かで考えること!

キャバ1本の本業で稼ぎたいなら週3日なんて生ぬるいこと言ってる場合じゃないし、

昼間は学校や本業がある人が週5.6で出勤してたらそこそこシンドくて身が持ちません。

本業なら週5〜、副業なら週2〜3(うち週末1回)くらいで出勤するのが無難なんじゃないかな。

キャバクラは出勤日数で時給や条件に差がでるのか

夜職屋さん

バリバリどちゃくそ差が出るよ

キャバクラの条件決定の大部分を決める要素の1つが出勤日数です。

だから例えば、全く同じ人が同じお店で面接を受けたとしても、週2と週5出勤できますじゃ少なくとも1000円は変わってくる感じ。

出勤日数で時給ベースが下がるというよりは、本来4000円しか出せなかった時給が週5出勤できることによって5000円まで伸ばせたりするんスよ。

なので、ゲスい話をすれば、週1日しか出れない容姿が良い子と週5出勤できる中の下くらいの女性の時給が一緒なんてことも全然あるよ。

キャバクラの条件決定で重視されるのは「容姿・出勤日数・コミュ力・経験」で、容姿や経験は変えられなくても出勤日数はヤル気次第でどうにでもなります。

少しでもより良い条件で働きたい人は、出勤日数多めで週末もバッチリ出れますアピールが効果的です。

補足:なぜ出勤日数で条件に差が出るのか

同じ時給制のバイトでも、コンビニや居酒屋は出勤日数で時給が変わるってないよね。

でも、キャバクラは出勤日数で変わります。理由は、個人の売上が重視されるから。

居酒屋が仲間で団結して売上を上げる企業だとして、対するキャバ嬢は商売の場だけを提供された個人事業主の集まりです。

だから、キャバ嬢は常にお客さんからの指名獲得に励む必要があります。

でも、週に1度しか出勤できないキャストと週に5日出勤できるキャストとじゃ、どう考えても後者の方が売上を伸ばす可能性は高いですよね。

だって、ほぼ毎日お店にいるんだから。

それに、特定のキャストを気に入ったお客さんはそのキャスト目当てで来店されるわけです。

出勤数の少ないキャストがたった1日の出勤で呼べるお客さんの数と週5日でれるキャストがお店に呼べるお客さんの数は泥沼の差です。

だって出勤日数が大幅に違うんだから。

っつーわけで、お店からしたら週に多く出勤できるキャストに条件を出してでも入店してもらった方が、

お店の売上を底上げしてくれる可能性が高いってことになるんスよ。

出勤日数を増やすメリット

主なメリットは次の3つ!

  1. 条件アップに繋がる
  2. お客さんがつきやすい
  3. 結果的に給料アップに繋がる

①:条件アップに繋がる

もう繰り返しだから説明不要だよね。

ちなみに、お店によっては時給だけじゃなくて条件も変わるよ。

例えば、週4日以上出勤できるキャストは日払い額UPとかね。

②:お客さんがつきやすい

繰り返しだから説明不要だよね。

出勤数が多ければ多いほど、自分を知ってくれるお客さんの接客につく可能性が上がります。

それに、お店としても出勤数の多いキャストの方に指名を取って貰った方が再来店の可能性が上がるので、

レギュラーのキャストをメインでフリーテーブルにつけるケースもあるんスよ。

そのほかにも、特定の曜日しか来店しないお客さんとか、平日・週末どちらかしか来ないお客さんもいるから、

出勤数が少なければそれだけ指名を取れるチャンスは激減します。

例えるなら、週1日しか出れないキャストは田舎駅でケーキ屋さんをやってて、週5出勤のキャストは渋谷のド真ん中でケーキ屋やってるようなもん。

③:結果的に給料アップに繋がる

出勤日数によって時給・条件が上がれば総支給ベースが上がり、多くの指名を取ればバックも付いて歩合も爆上がりします。

フリーのテーブルではドリンク貰いにくくても、初回以降の指名で1杯も貰えないってのも可能性は低いっスからね。

でも、キャバクラの給与システムは「売上制・ポイントスライド・給率制」が主ですが、いずれもお客さんありきなので指名が取れないとキビィです。

固定のお客さんが掴めないまま保証期間が過ぎれば、お店のシステムに沿った時給設定に戻るので、容姿・経験関係なく最低時給にだってなります。

出勤日数を増やすデメリット

主に次の3つ!

  1. シンプルに疲れる
  2. 夜にドップリ生活リズム崩れまくりング
  3. そもそも採用されない可能性もある

①:シンプルに疲れる

そりゃ疲れるよ。

毎晩のように神経すり減らして自分の父親くらいのオッサンや痛客の下心相手にするんだから。

②:夜にドップリ生活リズム崩れまくりング

本業ならまだイイ。副業で週5出勤することを想像してみてほしい。

昼間バッチリ行動して、夜はキャバクラで酒飲んで深夜に帰宅。

んで、数時間寝て昼間動いて夜はまたキャバクラに出勤だぜ?

生活リズム狂うってか、「シンプルに疲れる×2」だね。あー辛い。

③:そもそも採用されない可能性がある

週2日ならワンチャン。週1は多くのお店が採用してくれないと思います。

しつこいようだけど、キャバクラはお客さん付けて売上あげまくってナンボだからね。

週1日でお店が満足する売上作れる子なんて、モデル級の美女でSNSに一言

今日は久々の出勤〜♪来てね!

女の子

って一言呟けば多くのお客さんがシャンパン空けに来るような子だけです。

どうしても出勤日数が少なくなっちゃうけど、週2・3でなるべく良い条件で働きたいって方は、

自分で探すんじゃなくてキャバクラ紹介会社に相談することをオススメします。

関東・関西・名古屋でお探しなら、「JANEL(ジャネル)」って紹介会社がダントツでイイッヽ(・∀・)

無料で相談から紹介まで受けられて、業界でも紹介実績No.1のブランド企業ですぜ。

キャバクラの紹介会社ならJANEL1択!メリットとデメリットも紹介キャバクラの紹介会社ならJANEL1択!メリットとデメリットも紹介

あと、忘れちゃいけない僕も現役でキャバクラ紹介してる人のはしくれです。

お店探してる人は今すぐ連絡しろ下さい!!!

 icon-angle-double-right 夜職屋さんのLINEはこちら

せ、宣伝失礼…(´⊙ω⊙`)

週1日出勤でゆる〜くキャバクラで働く方法

夜職屋さん

キャバクラ派遣に登録すればOK!

時給や条件も下げたくないし、でも毎日出勤とかダリぃし、営業もしたくないし、連絡先交換とかキモいし、全額日払いで給料貰いたいし、そもそも自由出勤がいいし、でも時給4000円くらいは最低欲しいし…etc.

って超絶ワガママな子もいると思うんだ。いや、ワガママなことは悪いことじゃないよ。人間なんてみんなそんなもんさ。

でも、本来ならありえないけど、キャバクラにはそんなワガママが全て通ってしまう魔法のような働き方があります。

それが「キャバクラ派遣」です。

キャバクラ派遣ってのは、日雇いアルバイトのキャバクラバージョンで、女の子の足りないお店に好きな時に出勤できるお手伝いキャバ嬢システムです。

  • 完全自由出勤
  • 毎回全額日払い
  • 連絡先交換・ノルマなし
  • 営業一切不要

というキャバクラ勤務の懸念点を全て排除した上に時給はそこそこ出るっていう神の働き方なんだよヽ(・∀・)

とりまキャバクラ派遣については下記記事で詳しく説明してるので、興味ある人は読んでね!

【初心者向け】キャバクラ派遣とは?【メリットとデメリットも解説】

で、キャバクラ派遣を始めるのはキャバクラ派遣会社へ登録する必要があるんだけど、キャバクラ派遣会社はいっぱいあります。

なお、僕は元キャバクラ派遣会社の人でして、オススメのキャバクラ派遣会社は下記記事で紹介してます。

関東のおすすめキャバクラ派遣会社をまとめて紹介するよ【業界人が厳選】キャバクラ派遣のオススメ5社を業界人が厳選して紹介【2019年最新】

会社によって扱うお店の時給や条件・数も違うので、自分にあった派遣会社に登録してみてね!

っつーことで、今回は以上!

また読みに来てくれよなっヽ(・∀・)