10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

パパ活とキャバクラどっちが稼げる?結局は容姿の問題!

パパ活とキャバクラどっちが稼げる?結局は容姿の問題です

「パパ活とキャバクラってどっちが稼げるの?」

特に時間のある大学生の方なんかは、パパ活かキャバクラどちらか始める方も多いと思います。

どーも、夜職屋さんですヽ(・∀・)

僕はパパの紹介はしてないけど、キャバクラの紹介はしてます。

キャバクラやりながらパパ活やってる人も意外といたりします。

本記事では、

 icon-check-circle パパ活とキャバクラどっちが稼げるのか

 icon-check-circle パパ活に向いている女性

 icon-check-circle キャバクラに向いている女性

 icon-check-circle それぞれのメリット・デメリット比較

について書きますヽ(・∀・)

パパ活とキャバクラどっちが稼げる?結局は容姿の問題

結論から言えば、突き詰めればどっちでも稼げます。

容姿が良ければ、どっちにしろ稼げます。

ただし、どんな方がどっちに向いているのかって話をするなら、容姿に自信がある方はパパ活、そうでない方はキャバクラの方が向いてます。

稼ぎで言えば、青天井で稼ぎたいならパパ活・安定して月収数十万を手堅く稼ぎたいならキャバクラって感じ。

キャバクラの方が稼ぐハードルは低いっス。

どちらの方がどれくらい稼げるみたいなのはありません。あくまで人それぞれ。

パパ活に求められる容姿レベルは高い

キャバクラなら、そこそこ普通容姿なら昼間のバイトよりも好条件で働けます。

別に可愛くなくても採用されるお店ってあります。

時給が安くても3000円〜3500円とか貰えるので、稼げないワケがないです。

でも、パパ活は全然別物!

完全1対1のパパ活は、容姿が悪ければ相手にもされないし、効率的に稼ぐことは難しいです。

もちろんパパとなる男性の好みにもよりますが、あくまで僕がお金を払って女性と食事に行くなら、可愛い子を優先して選びます。

キャバクラはお店がお客さんを集客してくれますが、パパ活は下手すると、容姿レベルが足りなくてパパ候補が見つからない可能性だってあります。

キャバクラは稼げる金額に天井はある

人によって“稼げる”に当てはまる金額は十人十色。

キャバクラ副業で週に4日・4時間ほどの稼働で30万〜くらい稼げれば個人的にはOKラインだと思うけど、同じ稼働時間で月に100万稼ぎたいのならキャバクラじゃ厳しいです。

ボトル天国人気キャバ嬢まっしぐらならそんなこともないんだろうけど・・・

でも、パパ活は少ない稼働時間で無限に稼ぐこともできます。パパ次第で。

月に短時間で7桁稼ぎたいならパパ活、月に数十万〜でOKならキャバクラって感じなんじゃないっスかね。

っつっても、可愛ければ結局キャバクラでもガンガン稼げちゃうんだけどね。

あくまで一般的にはパパ活の方が上限はないんじゃないの?ってお話です。

パパ活メリット・デメリット【キャバクラと比較】

 icon-heart パパ活のメリット

  1. 時間効率がメッチャ良い
  2. ハマれば楽に稼げる
  3. シフトやお店に縛られない

 icon-heart パパ活のデメリット

  1. 普通に危ない
  2. 体を使わないと稼げない可能性もある

それぞれ説明します。

メリット①:時間効率がメッチャ良い

時給じゃないっスからね。

極端だけど、飯食っただけでポンッと50万くれる4人のパパと週に1回ずつ飯食えば週給200万です。

そんなに簡単ではないだろうけど・・・

とにかく、金回りが良い数人のパパを、いかに自分にハマらせるかが効率よく稼ぐ為のコツなんじゃないっスかね。

メリット②:ハマれば楽に稼げる

メリット①の通りです。

楽か楽じゃないかって言えば、まぁ楽だよね。

いやいや、オッサンと二人っきりで飯食うんだからキツイでしょ!

女の子

みたいな異論は受け付けませんのでどうぞよろしく(´⊙ω⊙`)

メリット③:お店やシフトに縛られない

仕事って感じではないっスからね。

自分でパパを見つけて、自分で予定組んで稼働するので、キャバクラみたいにノルマとか罰金とかもないし、お店や組織に縛られることもありません。

自由に稼働して自由に稼げばOKヽ(・∀・)

デメリット①:普通に危ない

パパ活は、自分で契約金額を決めて、自分で危機管理します。

どんなに紳士的で魅力的なパパでも、男という生物に代わりありません。

個室で、車内で、無理やりホテルで・・・など、様々なリスクが付きまといます。こわいね。

車は乗らない、個室では食事しないなど、自分ルールを徹底して身を守るのが必須です。

そう、男性の性欲というものは、ときに法律を超える場合があるのだ。

デメリット②:体を使わないと稼げない場合がある

ここまで綺麗に書いてきたけど、大多数のパパ活なんて愛人契約を綺麗に言い換えたようなモンです。

本当に飯だけでお金を貰うスマートなパパ活女子は、何もしなくても男が寄ってくるような美女や、モデル・グラビアなどの肩書き女性です。

一般の女性にパパ活が広まってから、対してお金のない男性も体目当てでパパになろうとしてる人もいるし、パパ候補の質もパパ活女子の質も下がってます。

元々は芸能人の副業みたいなモンなので。

飯だけで数万も数十万円でもポンッと出せると思えるような魅力がアナタにないと、スマートなパパ活は厳しいです。

マジで飯だけ&リスク管理も自分じゃ心配って方は、ユニバース倶楽部のような、パパの紹介会社経由でパパ活をすることをオススメします。

「大人の関係NG」とか指定しつつ、希望のパパ候補の男性を紹介してくれます。

icon-angle-double-right ユニバース倶楽部の公式サイトはコチラ

キャバクラのメリット・デメリット【パパ活と比較】

 icon-heart キャバクラのメリット

  1. ある程度は確実に稼げる
  2. お店が危険から守ってくれる

 icon-heart キャバクラのデメリット

  1. シフトやノルマがある
  2. 稼げる金額に限界はある

メリット①:ある程度は確実に稼げる

お客さんが付かなければ0円みたいなことはないから、極端な話、出勤さえすれば時給分は稼げます。

手堅く月収数十万を目指すなら、キャバクラで堅実に働く方がオススメ。

メリット②:お店が危険から守ってくれる

店内でのお触りなどは、お店のスタッフさんが厳重に目を光らせて守ってくれます。

アフターや同伴などの店外接客さえ気をつければ、パパ活ほどリスクはありません。

アルコールも、お酒に見せかけたソフトドリンクといったフェイクアルコールを使えるので、酔っ払って持ち帰られるみたいな心配もないです。

デメリット①:シフトやノルマがある

お店に雇われるので当たり前っスね(´⊙ω⊙`)

今日は怠いからドタキャン・・・!

みたいなことをすると、キッチリ当欠罰金くらうし、バックれたら手渡しのお店だと給料は貰えません。

でも、キャバクラには派遣もあって、

シフトに縛られるのはイヤ!

でも、パパ活よりキャバクラの方が良い!

女の子

って方は、キャバクラ派遣に登録することをオススメします。

全額日払い・自由出勤で好きな時だけキャバクラで働けます。

キャバクラ派遣の仕組みや登録方法については、「【キャバクラ派遣の超まとめ】登録方法からオススメの会社まで徹底網羅」の記事で詳しく書いてるのでどうぞ!

また、オススメのキャバクラ派遣会社は、下記記事で厳選してまとめてます。

icon-angle-double-right 関東のおすすめキャバクラ派遣会社をまとめて紹介するよ【業界人が厳選】

デメリット②:稼げる金額に限界はある

限られた営業時間の中で、時給+バックといったお店のシステムに沿って働く以上、どうしても稼げる金額に天井はあります。

とはいっても、月に数百万も稼ぐキャバ嬢は実際にいるので、容姿・接客・営業スキルに自信のある方はぜひ挑戦してみてはどうでしょう?ヽ(・∀・)

あくまで天井があるってだけで、天井金額は限りなく高いのでご安心を!

キャバクラ、未経験だけど働いてみたいなって方は、下記記事も合わせてどうぞ。

 icon-angle-double-right キャバクラの始め方と選べる2種類の働き方を紹介【完全初心者向け】

まとめ

どちらも短所・長所あるけれど、個人的にはキャバクラで働きながら、「パパ活しても良いかな〜」って人がいれば自然な流れでパパ候補にすれば良いと思います。

お店で何度も接客したことのあるお客さんなら、ある程度はどんな人だかも分かるし、言い方は悪いけど”貢いでもらう“っていう関係を作りやすいです。

「キャバクラやりながらパパ活なんて有りえない!」とか、

「そもそもパパ活自体有りえない!」

みたいな考えもあると思うけど、個人的には別にパパ活を悪だとも思わないし、キャバクラと掛け合わせて稼ぎが上がるのなら良いんじゃねーの?って思います。

でも、まあ、キャバクラもパパ活もやったことない方は、まずはキャバクラから始めてみるのが無難だと思いますよヽ(・∀・)

安全だし。

っつーことで、以上!

 icon-check オススメキャバクラの紹介会社ならJANEL1択!メリットとデメリットも紹介