12月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

キャバクラのお店選びのポイントと自分に合ったお店の選び方【未経験向け】

ども!夜職屋さんです(´・ω・`)

キャバクラで働くとき、いっちゃん重要なのがお店選びです。

自分に合ったお店で働くかどうかで、稼げる金額もしっかり上下します(マジ)

でも、キャバクラが初めてだったり、経験が浅いキャバ嬢さんは、

自分に合ったお店なんて分からんし・・・

そもそも、時給以外にドコ見ればいいんだし・・・

って思う方もいると思います。えぇ。

そこで、この記事では、

  • キャバクラのお店選びのポイント
  • 自分に合ったお店を選び方

について、元スカウトマンの僕が全力で書いていくぅ!

夜職屋さん

面接行っても落ちまくり、どこのお店も同じに見えるぜぇぇって方は参考にしてみてねっ

キャバクラのお店選びのポイント(未経験向け)

とりあえず、体入(体験入店)とか面接に行ったら何見ればいいんや!ってポイントとして、次の7つを重点的に確認しましょう。

で、これらを見て入店するかどうか、他のお店も見てみるかを選べばいいと思います。

  1. 引かれるもの(控除)は妥当かどうか
  2. バック項目と金額はどれくらいか
  3. 給与システムはどんな内容か
  4. 保証期間はどれくらいあるか
  5. スタッフの対応はどうか
  6. 新規のお客さんが入っているか
  7. 営業許可証はちゃんとあるか

夜職屋さん

それぞれ詳しく紹介しますっ

①:引かれるもの(控除)はどれくらいか

キャバクラには、稼いだ金額から引かれる控除項目があります。

主に次のようなものです。

  • 所得税
  • 厚生費
  • ヘアメイク料
  • 送り代
  • 衣装レンタル代

で、お店によっては、このような控除項目の金額がブッ飛んじゃってるお店もあります。

例えば、所得税が20%くらい取られたり、厚生費が何千円も取られたり。

基本的に所得税は10%・厚生費は1000円が普通で、厚生費2000円だったとしてもヘアメイク料が込みだったりします。

でも、中には厚生費3000円で送り代やヘアメイク料も別みたいなヤベェお店もたま〜にあるので注意しましょう(特に求人だと)

衣装レンタル代は、厚生費込みか無料のお店が多いです。

所得税20%とかはマジで謎。

夜職屋さん

所得税とは

②:バック項目と金額はどれくらいか

キャバクラでは、時給だけじゃなくて、お客さんからドリンクを飲んだり指名を貰ったりすると+で歩合給が貰えるんスよ。

で、主なバック項目は次のようなもの。

  • 同伴バック
  • 本指名バック
  • 場内指名バック
  • ドリンクバック
  • ボトル・フードバック

これらのバックは、どこぞのお店でも必ずと言っていいほどあるけれど、お店によってバック金額が異なります。

例えば、A店はドリンク1杯につきオール200円だけど、B店はS・M・Lのドリンクサイズによって金額が違うとか。

あと、VIPルームで貰った指名なら2倍とか。

この辺りのバック詳細は、お店によってそれぞれで、辛いお店もあれば高額バックなお店もあるので、チリツモ気にする人はよく見とくと良いっスよ!

夜職屋さん

ここで書いた意外にも、変わったバック項目があるお店もあるよ

③:給与システムはどんな内容か

キャバクラでは、入店時に決まった時給が永遠に続くわけじゃなくて、お店規程のシステムに沿って変動します。

で、そんなキャバクラの給与システムに多いのが次の3つ!

  • 売上制
  • ポイントスライド制
  • 給率制

簡単に言えば、売上制なら売上◯円以上が時給◯円・ポイント制なら◯ポイント以上が時給◯円みたいに、実績によって時給が上下するわけです。

ここで各給料システムについて語っていると一生記事が終わらなくなるので割愛するけど、1つだけ言えるのは未経験でいきなり給率制だけは辞めとけよってことです。

キャバクラなので、どの給与システムもある程度お客さんありきだけど、給率制が1番お客さん少ないと厳ぃと思います(´・ω・`)

お店によっては、

  • 売上関係なく固定時給(初心者向け)
  • お店既定のスライドシステム(経験者向け)

みたいに、二種類のシステムが用意してあって、好きな方を選べるお店もあるんスよヽ(・∀・)

夜職屋さん

固定時給だとお客さんが増えてきたとき損するかもだけど、初心者のうちは固定時給の方がいいかも!

④:保証期間はどれくらいあるか

保証期間ってのは、入店後の◯ヶ月は売上に関係なく時給を保証するよっていう期間です。

この保証期間も、お店によって期間の長さがまちまちだけど、当たり前体操に長ければ長いほどいいです。

基本は1〜2ヶ月で、3ヶ月出れば「お、長い!」って感じ(´・ω・`)

年末近くとかだと、繁忙期に向けて年明け2月まで保証みたいなのもあったりします。

⑤で上げたようなキャバクラの給与システムは、お客さんありきで稼げる仕組みです。

だから、新人キャバ嬢さんは入店後に付く保証期間中に自分のお客さんを作らなアカンわけなのです。

夜職屋さん

まれに永久保証のお店もあるよ

⑤:スタッフの対応はどうか

当たり前だけど、お店によってスタッフの対応は異なります。

一流企業の営業マンみたいな、紳士で女の子1人ひとりを大切に対応してくれる方もいれば、いかにも水商売っぽいチンピラみたいなスタッフもいます。

未経験の子に対して、1からしっかり仕事を教えてくれるお店もあれば、軽い口頭説明だけでいきなりお客さんのテーブルにブチ込むお店もあります。

お客さんのお触りを注意してくれるお店もあれば、スタッフ全員が見てみぬフリするお店もあります。

しっかり給料を払ってくれるお店もあれば、マジで払ってくれないお店もあります。

そう、いろいろあります。

お店のスタッフさんや店長さんがどんな人達かってだけで、お店の質ってめちゃ変わるので、体入や面接のときは「人」もちゃんと見ましょう。

夜職屋さん

こんなこと言ったら怒られるかもだけど、マジで「普通の人」が少ない業界です

⑥:新規のお客さんが入っているか

キャバクラには、フリーのお客さんと指名のお客さんが来ます。

  • フリーのお客さん
    icon-hand-o-right 特に目当ての女の子がいないお客さん
  • 指名のお客さん
    icon-hand-o-right 特定の女の子目当てで飲みに来たお客さん

入店したお店が、フリーのお客さんが全く入らず、指名のお客さんしか来ないようだと一生自分のお客さんを作れません。

お客さんから本指名を貰うまでの流れって、フリーのお客さん icon-arrow-right 場内を貰う icon-arrow-right 指名として再来店って流れになるので(´・ω・`)

自分のお客さんを作れないまま保証が切れたら一気に時給が下がるので、指名客ばかりでなく集客力の強いお店かどうか、体入時に確認しておきましょう!

夜職屋さん

店内が広いお店だとフリーのお客さんも多く入りやすいよ!

⑦:営業許可証はちゃんとあるか

取得してるのが普通だけど、無許可でオラオラ営業してるお店も全然あります(マジ)

とくに、田舎のお店なんかだと、無許可営業が当たり前みたいな雰囲気出してるエリアもあるので要注意!

夜職屋さん

お会計するところ付近に賞状みたいなのがあればOK

(オマケ)営業期間の長いお店を選ぶ

これは僕の勝手な考えなので、あくまでオマケ程度に見て欲しいんだけど・・・

実際にお店の紹介してると、長い期間お店の運営をしていて系列店があるような店舗だと安定しているイメージが強いです。

そういうお店って、いわゆるグループ展開しているお店なので、スタッフの対応とかお店のシステム面・集客率とかも安定です。

個人店とグループ店って、例えればベンチャー企業と大手企業みたいなもんっスからね。(例えの悪さ)

なんていうかな、エリアでも大きめなグループ店って、特別ズバ抜けてるわけでもないけど、失敗はしないかな・・・って感じ。(語彙力)

で、個人店は、良いお店と悪いお店の波が激しいって感じ。(語彙力)

そんな感じ(´・ω・`)

だから、どこが良いのか分からんし全部一緒に見えるし・・・ってなったら、とりあえず系列店いっぱいあるお店に応募しとけばOK!

最悪、面接したお店の人が「アナタはウチよりも系列店の方が雰囲気的に向いてそうだから」ってもっと自分に合うお店を紹介してくれますヨ。

夜職屋さん

もちろん、1店舗だけの個人店でも良いお店はたくさんあるんスけどね

自分に合ったお店の選び方

ここまでは書いたのは、基本的なお店選びのルール。

で、ここからは自分に合ったお店の選び方です。

どこのお店にしようか自分で選べない方は、次の3つを考えてみてくださいヽ(・∀・)

  1. 絶対に譲れない条件を洗い出す
  2. 自分のビジュアルレベルを客観的に知る
  3. キャストカラーとお店の雰囲気を知る

夜職屋さん

それぞれ詳しく紹介しますっ

①:絶対に譲れない条件を洗い出す

みんなさ、頭のどこかで「こんなお店がいいな〜」くらいは考えてると思います。

で、結局は求人サイトとかでエリア絞って時給の高いところを狙い撃ちで面接行くけど、

時給以外は全然条件合わなくてワロタw

みたいなの、あるとおもいます。

だから、まずは時給もそうなんだけど、絶対に自分が譲れない条件をまとめておくことをオススメします(´・ω・`)

例えば・・・
  • 平日は昼職あるから2時には上がりたい
  • 最低でも時給3500円は割りたくない
  • 人前で歌うのが辛いからカラオケ無しのお店がいい

ってな感じで「これだけは・・・っ!」っていう消去法に消去法を重ねて導き出した自分条件を決めるわけです。

そうすると、自分が面接に行くべきお店もかな〜り絞られるので、そこから数店舗に面接&体入して1番条件良くでたり雰囲気が良いお店を選べばOKです。

時給だけ見てなるべく高いところに・・・みたいな感じだと、マジで無限すぎて決まらんだし、他の条件を捨てて時給に全振りしても入店後続きません。

夜職屋さん

時給なんてあくまで数ヶ月の保証だし、長い目で見て続けられる条件でお店を決めた方がいいっス

②:自分のビジュアルレベルを客観的に知る

体入時給3000円のお店もあれば、体入時給6000円のお店もあります。

でも、これってお店のランク(高級度)によって変わるんスよ。

なので、時給3000円が妥当なビジュアルの姉さんが体入時給6000円のお店に面接行っても普通に落ちます(マジ)

「体入時給6000円保証!」みたいな求人に応募しても、受かれば6000円貰えるかもだけど、落ちればもれなく交通費と時間を無駄にします。

仮に奇跡的に採用されて入店しても、周りのキャストレベルが高いと超絶苦労することになるので、背伸びせず客観的に自分を見て、妥当なランクのお店を選ぶようにしましょう。

夜職屋さん

自分とお店のランクなんて分からんよって方は、紹介を通して第三者に任せようね

関連キャバクラ未経験者が体入面接に落ちる原因を徹底解説する

③:キャストカラーとお店の雰囲気を知る

お店によって、女の子の年齢層も違うしお店の雰囲気も違います。

自分の年齢やタイプに対して、キャバキャバしたTHE・キャバクラにするのか、落ち着いた雰囲気のしっとりしたお店にするのかを考えると良きです。

お店ごとのコンセプトに沿って選ぶだけでも、採用率や条件も全然変わってきます。

年齢層低めのお店に30代前後の方が在籍たとして、例えビジュアルが良くてもやっぱり浮きます(´・ω・`)

なので、なるべく自分に近い年齢・カラーの女の子が在籍するお店で、自分の雰囲気に合ったお店を選びましょう!

夜職屋さん

これも、求人から読み取れないなら紹介者を通して第三者に任せよう

(おまけ)ローカルなエリアから始めてみる

もちろん、未経験からいきなり高級店とかも全然OKなんだけど、他の女の子のレベルが高すぎてついていけないかもです。

なので、未経験とか経験が浅い時期は、まずはローカルエリアで経験を積んでみるのもアリかなって思います。

高級店とかで自分と同等・もしくは自分より高いランクの子達と戦うより、少しズレたエリアで1番を目指した方が経験も得るものも大きいです。

で、しっかり経験とお客さんを積んで激戦区に移籍すればOKですヽ(・∀・)

夜職屋さん

っていうオマケ話

まとめ

こんな感じで、多くの子が主に時給だけを見て面接するお店を決めたりするけど、実際は時給よりも見るべき部分ってたくさんあります。

それに、キャバクラは、お店によって条件が違うだけじゃなくて、同じお店でもビジュアルで時給が上下したりする仕事です。

時給・条件・雰囲気全てが自分にピッタリだと思って面接に行ったら不採用・・・なんてことも日常茶飯事!

求人サイトでは、採用レベルのことは一切書かず、盛った情報でとにかく当たりの子が来るまで応募数を稼ぐ流れが主流です・・・

だから、スカウトマンや紹介会社を利用する女性もいて、需要が絶えないんです(´・ω・`)

効率的にお店を探したい方は、最初から紹介会社や信頼できるスカウトさんにお願いするのが吉っスよっ!

よいお店探しをヽ(・∀・)

夜職屋さん

ってなわけで以上!あでぃおす

オススメ求人サイトよりも安心&安全!お店探しなら夜職屋さんのキャバクラ紹介!

オススメキャバクラの紹介会社ならJANEL1択!メリットとデメリットも紹介