キャバクラ在籍

【キャバクラで稼ぎたい】キャバ嬢が知っておくと役立つ稼ぐためのポイント

\キャバクラで稼ぐ方法まとめ/稼げるキャバ嬢になるための3箇条

体入するなら…

夜ログがお世話になってるキャバ専門紹介会社→JANEL(ジャネル)さんに相談!

※厚生労働省認可&紹介店舗は審査クリア店のみ

→気になるお店があるか調べてみる

JANELに店舗探しを任せれば…

「求人サイトの嘘に騙されなくてすむ」

「容姿による不採用がなくなる」

「入店後のトラブルサポートもしてくれる」

相談するだけでも、全然大丈夫なのでお店選びに消耗してる人は頼ってみてほしい  (もちろん無料です)

あなたの理想…いや、それ以上の条件のお店が見つかります!

→希望エリアにお店があるか見てみる

もし悪質なお店や地雷店に入店してしまってからでは、辞めたくても辞められない…、給料も貰えない…、なんてことにもなり兼ねません

そうなる前に、お店選びはシッカリ行うべきだよ。コレ、絶対。

JANEL公式ページの「エントリーはこちら」から相談できます↓

もち、問い合わせたら面談、体入しなきゃいけないわけじゃないので安心してください!


  • キャバクラを始めたけど、ぜんぜん時給が上がらない・・・
  • ノルマが厳しくて、いつもペナルティばかり・・・
  • 稼いでいるキャバ嬢はどんなことをしているの?

「水商売はとりあえず稼げる!」という漠然なイメージを持ってキャバクラで働きはじめてみたものの、上手に稼げないキャバ嬢さんも多いです。

僕は元スカウトマンでしたが、お店を紹介した未経験の女性が保証期間を終えてすぐに辞めてしまうパターンは何度も見てきました。

保証期間中は時給が固定ですが、保証が切れれば時給は下がり、かといって売上も上がらず、別のお店で保証の打ち直しを求めてしまいます。

しかし、そのような意味のない移籍を繰り返すことは、小銭は稼げても大きくは稼げません。

このページ読めば、キャバクラで稼ぐ為の基本的なポイントは全て掴めます。

キャバクラを始めたばかりで伸び悩む初心者さんは、ぜひ参考にしてみて下さい!

キャバクラで稼げない原因

時給が上がらないと嘆くキャバ嬢に多いパターンが、次の2つです。

  1. 売上を全く意識していない
  2. 保証時給の意味を理解していない

売上を全く意識していない

それは、時給ばかり意識していて売上ベースで考えていないからです。

キャバクラでは、時給制のお店がほとんどで、売上によって時給が変動します。

獲得ポイント数によって時給変動するケースもありますが、売上が関係していることには変わりありません。

なので、時給を上げる意識を持つのではなく、常に売上を上げる意識を持てば時給は自然と上がるものです。

保証時給の意味を理解できていない

キャバクラの保証は、時給の前借りと変わりません。

保証時給と保証期間とは?

保証時給・・・入店後の数ヶ月間だけ売上関係なく固定される時給のこと

保証期間・・・保証時給が適用される期間のこと

保証は、お店が新人の子に期待して能力以上の時給を出してくれている間に、その時給相応の仕事ができるようになって下さいねというものです。

しかし、よくある悪い例が、保証時給と保証期間だけを重視してお店を決めてしまうパターン。

こういった場合、入店後の数ヶ月は高時給で安定するかもしれませんが、お店のシステムが自分に合っていない場合、保証が切れた後はガツンと時給が下がります。

マジで下がる時は、2,000円以上も下がったりするよ

そうなると、売上を全く意識していなかったキャバ嬢は、保証切れと同時に時給とモチベーションが下がりお店を辞めていきます。

保証はあくまで、お客さんが少なく売上を上げにくい期間の補填だということを理解して、保証が切れた後のことをイメージして仕事をしましょう。

保証時給と保証期間についてもっと詳しく知りたい方は、初心者キャバ嬢が勘違いしがちなキャバクラの時給の話を参考にどうぞ!

「ノルマが厳しいから」キャバクラで稼げないは嘘!

「ノルマが厳しくて・・・」みたいなこともよく聞く話です。

でも、そもそもキャバクラのノルマって面接のときにしっかりと説明されますよね。

初めから厳しいと知っていれば、別のお店を検討するはずです。

それか、あまりの高額保証に釣られたか。

だから、こういったケースのほとんどが、ノルマが厳しいんじゃなくて、そもそもノルマをマジでクリアしようとしてないんですよ。

これも、さっき書いたように、いつも売上を意識していれば問題なくクリアできるはず。

要するに、ノルマをクリアするために頑張るんじゃなくて、売上アップを目指したら当たり前にノルマもクリアしてたってのが理想です。

居るだけキャバ嬢になっていませんか?

誰でも数千円の時給が貰えるからといって、売上を意識せず居るだけキャバ嬢になってしまうとガチで稼げません。

面倒なアフターは、行かないよりか行った方が後に繋がります。

同伴だって、してくれるお客さんには有難いと思うべきです。

本業が忙しくて同伴できないは言い訳、それなら初めから本業と掛け持ちで続けやすいお店を選ぶべきです。

ドリンクだってプッシュしないよりした方が良いに決まってます。

席を外れるときの「もう少し居ても良いですか?」の一言で場内が取れるかもしれません。

そういった努力が、何一つ欠けないくらいできてますか?

ノルマがクリアできない時は、一度自分の仕事内容と向き合ってみよう!

稼げるキャバ嬢に必ず共通する6つのポイント

稼ぐキャバ嬢は、人それぞれ特別なノウハウがあるかもしれません。

例えば、高級ボトルをバンバン入れてもらうテクニックだとか、お客さんのお財布からズブズブお金を使わせるテクニックだとか。

でも、そんなんじゃなくて、基本的な部分では必ず共通するポイントが3つあります。

それが、次の通りです。

  1. 出勤日を増やす
  2. お客さんとの連絡を切らさない
  3. 常に営業を欠かさない

①出勤日を増やす

キャバクラで稼ぐためには、ある程度の出勤日数を確保することは必須です。

なぜかと言えば、出勤数が多いキャバ嬢ほど新規のお客さんを掴みやすいからです。

週に2日しか出勤できないキャバ嬢と、週に4日出勤してるキャバ嬢とでは、単純にフリーのテーブルにつける回数が倍違うよね。

となれば、お客さんを掴みやすいというか、新規のお客さんを自分のお客さんにするチャンスが増えるということです。

それに、お店にいる頻度が高いということは、既存のお客さんを呼べるタイミングも多くなります。

  • 週末しか出れないキャバ嬢
    icon-arrow-right 週末に来れるお客さんしか呼べない…
  • 毎日出勤できるキャバ嬢
    icon-arrow-right お客さんの来店に臨機応変に対応できる!

週末しか出勤できないキャバ嬢よりも、毎日出勤できるキャバ嬢の方が当たり前に売上を上げれる可能性は高いですよね。

また、出勤日数は時給との関係性も高いです。

例えば、同じルックスの女性でも、週に2日しか出れない人と、週に5日出勤できる方では間違いなく時給に差が出ます。

基本的に、在籍としてキャバクラで働く場合、最低でも週3日以上でれるようにしましょう!

詳しくは、キャバクラの出勤日数は時給決定の重要ポイント!週にどれくらいがベスト?を読んで下さい。

②お客さんとの連絡を切らさない

マジで勘違いしがちですが、お客さんってそんなにコロコロ来店しません。

一度場内を貰ったくらいで、お店が暇な時だけしれっと連絡して来てくれるような都合の良いお客さんは残念ながらいません。

お客さんはにも、色々なタイプの人がいます。

  • 日替わりで様々なお店に遊びに行く人
  • 週末しか遊びに来れない人
  • 平日しか遊びに来れない人
  • よく飲みにいくけど指名はしない人
  • 付き合いで上司に連れて来られただけの人

こういったお客さんを、自分のためにお金と時間を使ってくれるように教育するのがアナタの仕事です。

そんな関係値を構築するために使う手段の一つが、電話やLINEです。

LINE一本でいつもお店に呼べるお客さんを持っているキャバ嬢は、そうなるまで時間をかけて自分にハマらせただけです。

お客さんの数は売上に直結するので、しょうもない日常会話のようなLINEでも、それを返すか返さないかによって後の売上にも関わってきます。

お店にいるときや待機中しかお客さんと連絡を取らないのではなく、プライベートでもマメに連絡を返す癖をつけておきましょう。

詳しくは、営業メール(LINE)のコツと指名客を増やす為の方法を参考にどうぞ。

③常に営業を欠かさない

お客さんと連絡を切らさないことの先には、当然ながら営業をして来店してもらうという目的があります。

なので、ただ連絡を切らさないだけではなく、しっかりと営業活動をすることのほうが重要。

もちろんメールなどのオンラインだけでなく、オフラインでの営業も効果的!

営業の種類には色々あって、自分の得意な営業スタイルを選べばOK!

例えば・・・

  • 飲み営業
  • 友達営業
  • 色恋営業
  • 本営業
  • 枕営業

なんて営業スタイルがあります。

どのスタイルで責めるのかはアナタのキャラにもよりますが、自分の指名で来てくれるお客さんがいてこそ売上が上がり、結果的に自分の給料アップにも繋がります。

④細客をたくさん掴む

「売り上げ=太客」というイメージもあるかもしれません。

しかし、太客というのは数が少ないもの

太客ばかりに頼っていると、1人切れてしまっただけでもかなり痛手になります。

太客はもちろん大切ですが、それ以上に数が多い細客も同じくらい大切なのです。

細客をたくさん掴んでおけば、「ボウズ(指名がない日)」を防ぐこともできるでしょう。

出勤したら必ず本指名のお客様が1人は来る状態を目指しましょう。

⑤ボーイや他のキャバ嬢と親しくする

お店で一緒に働くボーイや他のキャバ嬢と親しくしておくのも大切です。

といっても、プライベートまで積極的に仲良くなる必要はありません。

仕事に支障がないくらいにみんなと気の置けない会話ができるくらいで大丈夫です。

売り上げを上げるために一緒に飲んでくれたり、ヘルプについて売り上げを上げてくれたり、指名客の枝を紹介してくれるなどができる関係性を築くのが理想ですね。

良い関係を築けていれば、協力してくれるはずです。

同じように他のキャバ嬢に協力してあげるのも忘れずに!

⑥1回の単価よりも回数を重視する

売り上げを増やしたい!と思うと、どうしても目先の金額に一喜一憂しがちです。

やる気になりすぎて、お客様に無理をさせてしまったりすることも。

その時は売り上げが上がるかもしれませんが、そんなやり方では長くは続きません。

長い目で見て利益を増やせるように、ペースを崩さずに少しずつ売り上げを上げていきましょう。

キャバ嬢が「指名が途切れない」ために努力していること

では続いて、人気キャバ嬢が「指名が途切れないため」に努力していることを見ていきましょう。

キャバ嬢として働くのであれば、心がけておいて損はないことばかりです!

ちなみに、努力している姿はお店からの評価も上げてくれます

「店からの評価が上がる→フリー客や熱い客席に着けてくれる→指名が増える」といった良い循環ができやすいんです。

努力がお給料になって返ってくる仕事はそうそうありません。

せっかくキャバクラで働くならたくさん稼ぐ努力をして「人気キャバ嬢」を目指しましょう!

約束を守る

「約束を守る」というのは「人気キャバ嬢」でなくても社会人として当然のマナーです。

お店との決まり事はもちろん、お客様との小さな約束事などは必ず守るようにしましょう。

「人気キャバ嬢」は当たり前のことを当たり前にできる人でもあります。

お客様との間に信頼関係を築くことができれば、長くお客様とお付き合いができるキャバ嬢になれるでしょう。

お客様を大切にする

「人気キャバ嬢」と呼ばれるキャバ嬢で、お客様を区別する人を見たことがありません。

キャバ嬢はある程度、お客様に優先順位を付けることも必要ですが、「細客だから」と適当な接客をしたり連絡しないなどはNG。

頻繁に来てくれるお客様と半年に1回来るくらいのお客様を一緒にするのは、頻繁に会いに来てくれるお客様に失礼なので「自分の中で優先順位を付ける」のは大切です。

ただし、どちらも自分のお客様なので無下にはしないでください。

指名が途切れないキャバ嬢は基本的に「お客様を大切にできるキャバ嬢」です。

本心から大切にしているかどうかではなく、「大切にされている」とお客様に感じさせる接客や接し方ができるということ。

人を大切にする

指名が途切れないキャバ嬢は店内でも「味方」が多いもの。

一緒に働くキャバ嬢やボーイなど、お店の人も大切にすることができるキャバ嬢は、指名にも良いお客にも恵まれやすいんです。

お店の人たちと信頼関係を築けていれば「他のキャバ嬢が指名客の枝を紹介してくれる」「ボーイが良い席に優先的にまわしてくれる」といったこともあります。

「お客様メモ」をつける

売れっ子キャバ嬢や、人気キャバ嬢が実践しているのが「お客様メモ」を付けること。

ノートや携帯のメモ機能などを使って、お客様の情報をまとめておくというものです。

キャバ嬢は日々、多くのお客様とお話するのでつい前回の会話を忘れてしまったり、お客様の情報を忘れてしまうことも珍しくありませんよね。

そんな時に「お客様メモ」があればめちゃくちゃ便利なのでおすすめです!

  • お客様の名前、仕事、年齢、特徴
  • 接客で話した会話の内容
  • 誕生日などの記念日
  • 来店日

などをメモしておくと必ず役立ちますよ!

「久々に会ったキャバ嬢が自分のことを忘れていなかった」と思うとお客様も嬉しいでしょう。

頻繁に来てくれるお客様でも、しっかりとした関係を築きやすいので「メモ」は必ずつけておくようにした方が良いですね!

ポジティブを心がける

キャバ嬢はお客様に「夢」を売るお仕事です。

これはキャバクラに限らず、水商売で働く女性はよく耳にする言葉ですね。

お客様の前では「悪口」や「愚痴」「ネガティブな受け答え」はNG。

そんな話を聞きながら楽しくお酒が飲める人はいません。

人気キャバ嬢や売れっ子キャバ嬢は常に「笑顔で前向きで明るい」とお客様に思わせることができる女性です。

もともとの性格がどうあれ、お客様の前ではポジティブでいることを心がけましょう。

報告・連絡・相談を欠かさない

人気キャバ嬢になるには「マメさ」が必要です。

人気キャバ嬢は、店に対して「報告・連絡・相談」をマメにするのはもちろんのこと、お客様への営業連絡もマメにできる人がほとんどです。

お店に対して「報告・連絡・相談」をしておくことで店との信頼関係を築き、良客に着けてくれることも増えるでしょう。

そうすることで「働きやすい環境」にすることも可能です。

なかなか売り上げが上がらない時の対処法

売り上げを上げているキャバ嬢でも「良い時と悪い時」はあるものです。

「良い時」があるのであれば問題はありませんが、どれだけ努力してみてもなかなか売り上げが増えない、良くならない場合は、根本的に環境を変えるのが良いかもしれません。

売り上げが上がらない時の対処法を紹介します。

イメチェンしてみる

なかなか売り上げが上がらないのは、お店のカラーや客層に馴染めていないからかもしれません。

お店で売り上げを上げているキャバ嬢を見れば「ギャル系」がウケるのか「清楚系」がウケるのか分かるはず。

他のキャバ嬢と被らない程度にイメチェンしてみるのも良いのではないでしょうか。

接客方法を見直してみる

太客ばかりを大切にして、細客をないがしろにしていないか。

自分のことばかり話したり、お客様がキャバ嬢の話に合わせてくれている状況になっていないか。

お客様に合った営業方法ができているか、などを振り返ってみましょう。

売り上げが上がらない原因はいろいろありますが、「お客様が続かない」のが原因の場合は接客方法が間違っている可能性が大きいです。

思いきって店を変える

客層やお店が合っていないと、どれだけ接客上手でも魅力的な女性でも指名が取れないこともあります。

努力しても売り上げが上がらない…と思うなら、お店を変えてみるのも良いでしょう。

自分に合ったお店で働くことで「能力を発揮」できるはず。

A店ではナンバーに入っていたキャバ嬢が、B店では指名も取れなかった。

なんてことは結構よくある話なんですよ。

↓自分に合うお店選びのコツはこちらの記事をチェックしてください!↓

キャバクラの紹介会社は利用すべき?メリットを元スカウトが徹底解説

保証を打ち直すための移籍は意味がない

これもあるあるな相談ですが、「保証が切れて時給が下がったからお店を変えたい・・・」って方をよく見ます。

でも、これってマジで意味のない移籍です。

そもそも、キャバクラって、一つのお店で長く続ければ続けるほど給料が良くなります。

お客さんが積み重なっていくから当たり前のことです。

それなのに、数ヶ月単位で保証が切れたからといって別エリアへの移籍を繰り返しているようならキャバクラ派遣で十分です。

目的のハッキリとした移籍をしよう

別に移籍することは悪いことじゃないです。ときには移籍をすることでプラスに働くこともあります。

大切なのは、どんな目的で移籍をするのかです。

さっき書いたように、保証目当てでの移籍は意味のない移籍です。

しかし、自分の給料に限界を感じた場合の移籍などは意味のある移籍となります。

キャバクラには、お店によって様々なシステムがあります。

  • 初心者向けのシステムなのか
  • 中級者向けのシステムなのか
  • 上級者向けのシステムなのか

例えば、初めてのお店を固定時給のお店にした場合なんかは、どこかで移籍のタイミングも考える必要があります。

ゴリゴリにお金を使ってくれるお客さんが増えたにも関わらず、お店のシステムが固定時給なら、時給が下がることはなくても上がることもありません。

このような場合は、お客さんを引き継げる範囲のエリアで、売上折半制の上級者向けのお店に移籍したり、給率制のお店に移籍することで大きく収入アップを見込むことができます。

このように、「移籍をするときは何のために移籍するのか?」という目的を持って、自分のスキルに合わせたお店を選ぶことが大切です。

移籍をするならプロに相談しながらお店を決めよう

移籍したところで、今より条件が下がったり、稼ぎにくいお店を選んでいては意味がありません。

なので、もし移籍をする時は、キャバクラ紹介会社に相談することをオススメします。

キャバクラ紹介会社を利用すれば、あなたのルックスや前店での実績を客観的に評価した上で最適なお店を提案してくれます。

自分一人で求人サイトから闇雲に探すよりも効率的なお店探しができるので、ぜひ相談してみて下さい。

キャバクラ紹介会社が何だか分からない方は、キャバクラの紹介会社とは?を読んで下さい。

関東・関西・名古屋でお探しであれば、JANELという会社が、紹介店舗数・紹介実績ともに多くておすすめなんでいろいろ聞いてみて下さいね。

→紹介会社JANELに無料で相談してみる

→希望エリアに気になるお店があるか一覧で見る

キャバクラで稼げるようになるには努力が必要!

キャバクラで稼げない人の原因や指名が途切れないキャバ嬢が努力していることなどをお話しました。

当然ですけど稼ぐためには、何より努力が必要です。

売り上げを増やしたいなら小さな日々の積み重ねと努力が必要です。

何もせずに売り上げが上がることはほとんどありません。

新人期間などで一時的に指名が増えることはありますが、努力をしなければそれも続かないでしょう

少しでも軽く見たり、甘く考えているとすぐに足元をすくわれ、指名も無くなってしまうでしょう。

基本的にはお店ともお客様とも「信頼関係」を作ることを意識してみましょう。

そうすることで自然と、上手に稼げるキャバ嬢になれるはずですよ。

まだ一人でお店探しに消耗してるの?

このブログではずっと言ってるんだけど、求人サイトに依存しないお店選びを推奨してます。

「求人内容なんかに騙されないよ!!」っていう人ならいいんですが、かなり難しいかと…

だからこそ、紹介会社を通して働きたいお店を探してほしい。

昼職を探すときだって、ハローワークに相談に行くでしょ?

あれと一緒です。

夜のハローワーク

言うなればキャバクラの紹介会社は夜のハローワークです。

時給、条件、エリア…いろいろ働く希望の条件ってありますよね。

でもね、キャバクラって容姿による採用基準があるんです、でもその採用レベルは自分では判断できません。

希望条件を伝えるだけ!お店探しがとても楽になる

紹介者が相談にのってくれるから、容姿レベルのミスマッチもなくなり面接で落とされたりなんてこともなくなります。

嫌な思いもしなくて済むし、お店選びがとてもスムーズになります。

うちでお世話になってるキャバ専門の紹介会社が→JANELさん

とくに関東に関しては紹介実績No1で厚生省認可なので安心して頼ってもらって間違いありません。

→【店舗検索】働きたいお店を見つける

在籍ではなく派遣という働き方

実は意外と知らない人も多いんだけど、キャバクラにも派遣としての働き方が存在します。

これも昼職の日雇いと同じで、1日単発でOKな派遣キャバ嬢です。

体入荒らしするくらいなら、キャバクラ派遣するほうが全然いいのは言うまでもありません。

イメージするならお店が認めた体入荒らしがキャバクラ派遣です。

気軽かつ即金性が高い

なんといっても気軽に働けて、その日のうちに給料をうけとれるのは最強です。

・完全自由出勤
・いつでも全額日払い
・ノルマや罰金が一切ない
・連絡先交換が不要

在籍まではしたくない…でも定期的に全額日払いで稼ぎたいんです!って人はキャバクラ派遣との相性は抜群ですよ。

キャバクラ派遣で”超”おすすめなのが→Jewelsさん

盛ってるわけでもなく、現状とくに関東圏ではJewelsに登録していないと派遣ライフは始まりません。

\登録は完全無料です/

Jewelsに登録する


-キャバクラ在籍
-,

© 2021 夜ログ|元路上スカウトマンのナイトワークブログ