このブログを書いてる人のプロフィール

キャバクラってどんな仕事?1日の流れまで具体的に元キャバ嬢が解説

サリー

元キャバ嬢の矢沢サリーです。

「キャバ嬢って何をするの?」

「どんなスケジュールで働いてるの?」

キャバクラで働こうと考えている方はこんな疑問をお持ちの方も多いでしょう。

キャバ嬢は華やかなイメージですが、プライベートに関しては意外と謎に包まれていますよね。

今回は元キャバ嬢の私が、キャバクラで働いていた時の1日の流れを大公開しちゃいます♪

個人差はありますが、売れているキャバ嬢ほど、時間の使い方も上手な人が多いんです!

キャバ嬢を目指している方は是非参考にしてください♡

キャバクラの仕事内容とは?思ったよりもやることは多い!

キャバクラ未経験の女性にとって、キャバクラは未知の世界…。

最近はドラマなどでキャバクラが舞台のストーリーなんかもありますが、実情は働いてみないと分からないものです。

接客業の中でも「究極の接客業」と称されることも多いキャバ嬢の仕事内容をまずはザックリ説明!

お客様が気持ち良く飲めるようにするのがキャバ嬢の仕事!

キャバ嬢の仕事で1番大切なのは、来店したお客様が心地よく飲める環境を作ることです。

そのために会話などの接客スキルが必要なのです。

接客スキルといっても、最初から難しく考えなくても大丈夫!

お客様を「接待」している気持ちで接し、「楽しんでもらおう」という気持ちが伝わるだけでもOK♪

お客様に心地よく楽しんでもらうため、会話だけでなくグラスの水滴を拭いたり、灰皿を交換したり、お酒を作ったり、タバコに火を付けるなどの細かい気配りも必要です。

大げさに言えば、「王様扱い」をしてあげるくらいの気持ちですね。

店外での仕事もたくさんある

キャバ嬢の仕事は店内でお客様を接客するだけではありません。

会社員や昼のバイトように、定時まで仕事をしたら後は完全プライベート!というわけにはいかないのがデメリットかもしれないですね。

プライベートでもお客様への営業連絡は必要ですし、同伴やアフターなどもあります。

同伴はまだバックが付きますが、アフターは完全にプライベート(時給やバックが付かない)時間になります。

それだけ聞くと、アフターは損だししたくない…と思うかもしれませんが、お客様にお店に来てもらうため、お店でお金を遣ってもらうためには必要なことだったりもします。

アフターのおかげで売り上げが上がれば、給料も上がりますから損だと考えるのは逆に損かもしれませんよ。

元キャバ嬢の1日の流れを公開!

では続いて、私がキャバクラで働いていた時の1日の流れを解説します。

どのキャバ嬢もこういったスケジュールで動いているわけではありませんが、私はできるだけ規則正しい生活を心がけていました

その理由も後程紹介しますね。

7~9時:一時起床

夜中に帰宅してメイクを落とし、肌のケアをしてベッドに入ります。

朝7~9時の間に一旦起きて、昨晩来てくれたお客様にお礼の連絡、その他のお客様にもおはよう連絡をします。

ちょうど、昼の仕事の人が出勤中くらいの時間帯に送るようにしていました。

キャバ嬢からの朝~昼の連絡は、喜んでくれるお客様も多いので意外と大事な営業なんです。

昼過ぎ~夜にしか連絡しないと、「営業感」が出てしまって嫌がる人もいます。

12~14時:起床

おはよう連絡をしたら、再び寝ます。

毎日どれだけ眠くてもお昼くらいには必ず起きるようにしていました。

夕方まで寝ても良いのですが、そうすると毎日仕事だけのために起きるようになってしまい、プライベートの時間がなくなります。

そうすると段々、世間で起きていることなんかにも疎くなりますし、ストレスも溜まりやすくなるので、できるだけ規則正しい生活を心がけていました。

ニュースや新聞を見るようにすると、お客様との会話にも役に立ちますよ♪

16~19時:出勤準備

昼に起きて自分の時間を過ごしたら、のんびり出勤準備を始めます。

お風呂に入ってメイクをします。この時間帯にネイルに行ったり、マツエクやヘアセットをしに行ったりもしていましたね。

また、軽く運動をするためにジムに行って汗を流してから、出勤準備をすることも。

趣味を楽しむ時間をしっかり持つことも大事です♡

仕事前にテンションを上げることをすると、楽しい気持ちで仕事に向かえます。

18時~:同伴など

同伴が入っている時は、大体18~19時くらいにお客様と店の近くで待ち合わせをし、食事に行きます。

同伴がある日は家を出る時間も早まるので、遅れないように計算して準備をしましょう。

仲の良いお客様だったり、イベントがある時なんかは同伴で買い物に行くこともありました♡

同伴に行くお店は、お寿司か焼き肉が多めですね。

お寿司ならカウンターなので隣同士で話しながら食事ができますし、焼き肉ならお肉を焼いてあげたりすることで距離が縮まることも。

20~21時:出勤

20~21時頃に、同伴出勤や出勤をします。

出勤したら、更衣室でドレスに着替え、同伴の客席に行くか、待機をします。

キャバクラは夜のお仕事ですが、時間に厳しいお店が多いです。

時間にルーズな女性は、お客様との待ち合わせに遅れたり、接客もルーズだったりする印象を持たれます。

マイナスの印象を与えやすいので、出勤時間は必ず守るようにしましょう。

遅刻する際は、早めの連絡を入れるようにしてください。

1時~:アフターなど

大体0時頃まで働いた後は、アフターに行くことも。

アフターは、サービス残業のようなもので、同伴と違ってバックが付きません。

ですから、翌日に用事がある日や、体調が悪い時なんかは断っても大丈夫です。

アフターには行かないようにしているキャバ嬢もいるには居ますが、お客様のフォローやお客様を繋いでおくために、アフターは有効な手段でもあります。

アフターで行くお店は大体、バーなんかが多いですね。

アフターがある日はタクシーで帰宅、無い日は送りで帰宅します。

キャバクラで働くならアフターの必要性を知っておこう!メリットを分かりやすく解説

キャバクラでの仕事の流れはこんな感じ!

キャバ嬢の1日の流れを解説しましたが、お店での流れも紹介しておきます。

  • 出勤
  • 待機
  • 客席に着く

という流れで仕事を始めます。客席に着いたら、

  • 名刺を渡す
  • お酒を作る・ドリンク交渉
  • 煙草に火を付ける・灰皿交換
  • 連絡先交換
  • 指名交渉
  • お礼の連絡

というのが接客の大体の流れですね。

それぞれの詳しい内容について解説している記事もあるので、こちらも参考にしてください♡

基本的な接客から接客のポイントまで解説してるよ!

キャバクラの接客の流れを元キャバ嬢が分かりやすく徹底解説するよ

夜の仕事でも規則正しい生活をするべき!

今回はキャバ嬢の1日の流れを紹介しました!

キャバ嬢は夜のお仕事ですし、アフターなんかをすると帰宅が朝方になることもしょっちゅうです。

それでも、昼には起きる規則正しい生活をすることが大切!

夕方に起きて仕事に行く生活を続けると、精神的に不安定にもなりやすいです。

また、お客様は昼間が活動時間なので、昼間に連絡のやり取りができると、指名も増えやすいでしょう。

できるだけ日の光は浴びるようにして、健康的な生活を心がければ、酒太りや肌荒れなんかも防げますよ♡