10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

【未経験向け】キャバクラで働くまでの3つの手順【注意点も解説】

どうも。夜職屋さんです。

キャバクラで働きたいけど、未知の世界に多くの疑問を抱える方も多いかと思います。

これからキャバクラで働きたいけど、何から始めればいいのか分からない。

お店の探し方は?必要なものは?大学生でもできるの?

女の子

本日は、このような方に向けた内容となります。

 

この記事を読むと分かること

  • キャバクラで働くまでの手順
  • キャバクラで働く上で最低限必要な物
  • 自分に合ったお店の探し方

この記事を書いている僕は、元スカウトマンであり、キャバクラ派遣会社の経営経験があるナイトワークの紹介屋です。

今まで多くの女性にお店を紹介してきた経験を活かして、なるべくシンプルに分かりやすくキャバクラで働くまでの手順を紹介します。

【未経験向け】キャバクラで働くまでの3つの手順【注意点も解説】

主な手順は次の3つです。超簡単!

キャバクラで働くまでの手順

  1. 求人に応募
  2. 面接を受ける
  3. 体験入店(体入)をする

順番に紹介します。

①:求人の応募する

求人サイトを使うも良し、誰かにお店を紹介してもらうも良し。

まずは、勤務先の選定をして応募しなければ何も始まりません。

ナイトワーク業界でも真面目な求人サイトは、「体入ドットコム」一択です。

風俗系の求人掲載は一切ありませんので、安心して使ってやって下さい。

ただ、ナイトワーク求人は嘘の塊なので、見極めだけはしっかりと行いましょう。

具体的には、「キャバクラ求人は嘘が当たり前。騙されない為の対策を解説」の記事を参考にしてみて下さい。

また、僕の方でもお店選びの無料相談は行ってます。

LINE・メールからドウゾ。

▶︎夜職屋さんに相談する

②:面接を受ける

面接では、

  • 何故キャバクラで働こうと思ったのか
  • 何故このお店を選んだのか
  • 週何日くらい出れるか

この3つは必ず聞かれます。

単純にネガティブな発言は避けて、ヤル気をアピールするようにしましょう。

で、週何日出れるかに対しては、週末を含めて実際に考えている出勤日数より1日くらい多めに持って伝えることをオススメします。

時給の選定は、メインが容姿、次に見られる部分が出勤日数になります。

容姿はどうすることもできませんが、出勤日数は自分次第でどうにでもなりますので、取り敢えずは多めに伝えることを忘れずに。

この辺りは、「キャバクラ未経験者が体入面接に落ちる原因を徹底解説する」の記事で詳しく説明していますので、時間がある方は合わせてドウゾ。

3:体験入店(体入)をする

面接に受かれば、お店で実際に体験として働くことができます。

この体験入店で、今後も働いていけるお店かどうか見極める必要があります。

雰囲気や在籍している女の子などは、人それぞれ合う合わないがあるので直感だと思いますが、全てのお店に共通して重視すべき点は、フリーのお客さんがどれくらい入っているかです。

フリーが全く入らず、指名客ばかりだと、入店後にお客さんを掴むことが難しくなりますので、結果としてあまり稼げないお店となってしまいます。

もし可能であれば、平日と週末共に1日ずつ体入させてもらい、フリー客がどれくらい入っているのか、またどれくらいの頻度でフリーのテーブルに付けてもらえるかを確認しましょう。

キャバクラで働く上で最低限必要な物

欲を言えば、ドレスやポーチ、ハンカチなどたくさんありますが、その辺りの物は全てレンタル可能です。(ハンカチくらいは持参しましょう!笑)

体入時から気合いを入れて買い揃えていく必要はありません。

ただ、顔写真付きの身分証明書だけは必ず用意しておきましょう。

例え18歳以上だとしても、キャバクラでは顔写真付きの身分証明書が無ければ働くことはできません。

免許証は取れなくても、パスポートやマイナンバーカードは割とすぐに取れますので、もし何も持っていない方は最優先で発行申請を行いましょう。

キャバクラで働きたいと思ったときに抑えておくべき注意点

言い出したらキリがありませんが、未経験の段階で押さえておくべき点は次の3つです。

  1. 求人内容は7割くらい嘘です
  2. 身分証提示が無いお店はNG
  3. 体入時のメイク・服装は気合を入れる

①:求人内容は7割くらい嘘です

このブログ内でも何度も触れてますので、繰り返しになりますが、水商売の求人は本当に嘘が多いです。

書いてある内容を鵜呑みにするのではなく、本質は面接時に見極めましょう。

なお、一人で求人だけで探すのではなく、紹介会社やキャバクラ派遣会社を使うのも一つの手です。

この辺りは「【未経験者向け】騙されない為のキャバクラ体入店舗の探し方」の記事をご参考下さい。

②:身分証提示が無いお店はNG

たまに身分証明書の提示無しで体入出来るお店がありますが、そのようなお店に在籍するのは絶対にNGです。

キャバクラは、風営法により在籍キャストの顔写真付き身分証明書の確認及び保管は義務付けられています。

提示だけでOKのお店や、提示すらないお店はアンダー(18歳未満の女性)を雇っている違法店である可能性が非常に高いです。

在籍したお店が違法店だった場合、突然の閉店や給与未払い・最悪警察による事情聴取などによりアナタ自身に被害が加わるケースもありますので注意しましょう。

③:体入時のメイク・服装は気合を入れる

キャバクラは容姿が第一優先の仕事です。

時給は、面接時の第一印象で8割型決まると言っても間違いではありませんので、面接時はいつも以上に気合いを入れた服装・濃いめのメイクで臨んでください。

なお、この辺りは「【条件UPにも繋がる】体入で好印象を与える服装のポイント」の記事が参考になりますので、ぜひご覧下さい。

補足:キャバクラは勢いが重要。働きたいと思ったら細かいことは考えない

キャバクラで働きたいと思っても、様々な不安がアナタの行動にストップをかけることも多いと思います。

例えば、未経験者にありがちな不安は次のようなものです。

  • 無理矢理入店を強要されたらどうしよう
  • コワイこととか無いのだろうか
  • 女の子やボーイさんのイジメとかあるのだろうか
  • 罰金などで高額な請求をされたらどうしよう

未経験だからこそ、このような不安が山積みにらなるのは分かりますが、悩んでいるだけでは何も始まりません。

まずは動きながら考えてみることをオススメします。

幸いにもナイトワークには体験入店がありますし、一日だけ働いてみて合わなければ辞めればいいんです。

もちろん、入店の強要や女の子同士のイジメ・派閥も100%無いわけではありません。

ただ、その気持ちがストッパーになっている限り、キャバクラで働くことはできません。

まずは身分証だけ握りしめて、勢いで面接を受けてみることから始めればOKです。

どうしても不安であれば、求人で探すのではなく、紹介会社を使えばいいですし、みんな始めは同じような気持ちで勢いに身を任せて飛び込んでます。

アナタが想像しているよりナイトワークはクリーンな業界になってきていますし、いきなり不当な罰金を取られたりすることもありませんので大丈夫ですよ。

キャバクラで働きたいと思ったからには、それなりの理由があるのだと思いますが、仮にそれが稼ぎたいという気持ちなら、不安よりその気持ちが勝ればやってみればいいだけです。

もし、不安の方が強いようであれば、残念ながらキャバクラで稼いでいくのは難しいと思いますので諦めるべきです。

ちなみに、僕も始めてナイトワークの世界に足を踏み入れたときは、裏の繋がりやアンダーグラウンドなイメージに不安を抱えて1日で辞めました。笑

でも、後々考えて、やっぱりお金を稼ぎたいという気持ちが強かったので、出戻っています。

もし、不安が強すぎて身動きが取れなくなっているようであれば、是非一度僕にご相談下さい。

▶︎夜職屋さんへの相談はこちら

もちろん、相談料も頂きませんし、入店の強要もしません。

なんなら、お店の情報だけ聞き出して自分で決めて貰っても構いません。

思い切って飛び込んでみたら人生変わるかもしれません。やってみてダメなら諦めればいいだけです。

キャバクラは、学生でも月に100万円以上稼げるポテンシャルを持った職業です。

今の気持ちを不安で無駄にしないよう願ってます!

・・・。

っとまあ、最後はスーパー精神論っぽくなりましたが、そういうことです(´⊙ω⊙`)

夜職屋さん

やるからにはガッツリ稼ぎましょう。それがナイトワークの一番の魅力ですヨ!

こちらからは以上です!

また読みに来てくれよなヽ(・∀・)