10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

【体験談】キャバクラ派遣会社の運営でよくある辛いトラブルベスト10

【体験談】キャバクラ派遣会社の運営でよくある辛いトラブルベスト10

ども、どもッ!夜職屋さんです。今日もバリ絶好調です。

僕は2018年までキャバクラ派遣会社を運営してたのですが、登録に来る女性によってはまぁクセが強い強いっ!

契約をいただけるお店も、担当者によってはまぁクセが強い強いっ!

っとなれば派遣会社側は、お店や紹介女性のトラブルに板挟みになることもザラなのです。

っつーことで、約2年半ほど運営期間で派遣先を紹介した女性がやらかしたエピソードや、「マジかよオイ…」って思った出来事をランキング形式で紹介します。

いや、マジで誰得!?って感じだけど、暇な人は読んでくれおぱとらヽ(・∀・)

これから派遣会社を立ち上げる方には多少参考になるかもよ!

 icon-check 関連記事キャバクラ派遣事業を売却した僕が立ち上げから運営して感じたこと

【体験談】キャバクラ派遣会社の運営でよくある辛いトラブルベスト10

キャバクラ派遣会社の従業員として働いている中で、アルアルなトラブルベスト10は次の通りッ!

10位:時給に対する文句

9位:待ちぼうけ

8位:集金できない

7位:派遣先でのクレーム

6位:女の子が帰らされる

5位:引き抜き

4位:確定ミス

3位:店舗キャンセル

2位:出る出る詐欺

1位:飛ぶ

我ながらマジで渾身のチョイスだと思う。

10位:時給に対する文句

キャバクラ派遣は、担当者として女性の派遣先選定を決めたりすることがあります。

女の子の出勤希望に対して、希望しているお店のランクに見合わないケースがあるので、あーでもないこーでもない言って別の依頼に誘導することもザラです。

で、そうなると起きる問題が、

なんでアタシはいっつも希望のお店に行けないんですかッ!?

女の子

って怒られるという問題。

そりゃー僕だってなるべく希望のお店に入れて差し上げたいんだけどさ、ランク的に厳しいからどうすることもできないんスよ。

かといって、

夜職屋さん

アナタの可愛さレベルが足りないから紹介できないんです。

なんて口が裂けても言えないし、心が痛みつつも筋の通らない言い訳を毎度繰り広げるわけです。

正直に言いたいけど言えない、でも言いたくて言いたくて震えるこの気持ちに誰か名前をつけて欲しい。

ちなみに、サイトにシステムを組んで、ランクごとに登録者を分けて、出勤できないお店はそもそも女の子のマイページに表示されないような仕組みにすれば解決します。

5回くらい断ると温厚な女性でもガチギレするので、これから派遣事業を立ち上げようとしている猛者の方は、なるべく早めのシステム化をオススメします。

9位:待ちぼうけ

キャバクラ派遣の面接は、思っている以上に女性が来ません。

夜職屋さん

じゃあ事務所で待ってるから○時に来てね〜

ってだけじゃ、事務所まで来てくれる子は良いとこ40%くらいじゃないでしょうか。

だから、あの手この手を尽くして女性が登録しやすいように考えるわけです。

で、僕がやってたのが出張面接。

事務所まで来るのが面倒で面接をバックれられるくらいなら、こっちから指定された場所まで行ってやろうじゃないかというわけです。

でもでも、片道1時間かけて女の子に指定された場所まで行って、女の子が来ないというカオスな状況もバリバリあるんです。

午前中に当日確認も済ませて、バッチリの状況なのに、何故でしょうか?

たった数時間か半日の間に、彼女たちは何故変わってしまうのでしょうか?

こんなカオスな状況が多発する世にも奇妙な現実に誰か名前をつけて欲しい。

8位:集金できない

売り上げ金は、振込やコンビニ支払いではなく、足を使って集金に回ります。

なぜ振込じゃないかと言えば、直接取りに行かないと全然平気で支払ってくれないからです。

悪気があるとかじゃなくて、単純に忘れてるだけのお店が多いけど…。

数十店舗ってお店を一つ一つ回るわけですが、必ず、絶対、間違いなくスムーズに集金できないお店が現れます。

・一万円以下の金額でもお金がないと言い張る人

・「忘れてたから明日来て」を無限ルーブする人

・当日派遣取れなくてムカつくから払わないって言う人

どんなに心が寛大でも文句言いたくなるくらい理不尽な理由も結構あります。笑

ちなみに、今までで一番頭きたのは、

お店の人

これから一週間、人数入れたいんで毎日女の子くださいッ!

時給も出すので、なるべく優先的に下さい!

マジでお願いします!

っと言って平均よりかなり高い時給で依頼くれたお店が、一週間フルで使い切った翌日に店閉めて飛んだこと。

集金に行ったらお店の入り口に「借主募集中」の札が貼ってあって目の前が真っ白になったあの時の状況に誰か名前をつけて欲しい。

7位:派遣先でのクレーム

もうね、特に出勤中の女の子からしょっちゅうあるのよ。

夜なんて寝れたもんじゃないよヽ(・∀・)

送りが少しでも遅れれば、女の子から「どーなってんすか?あ?」って電話来るし、

少しでも希望勤務時間を過ぎれば、女の子から「どーなってんすか?あ?」って電話くる。

もうお店もお店だし、女の子も女の子だしって理由が多くて、でもどちらの味方にもなれないし、とにかく挟まれることしかできないんスよ。

特に最悪なのは、お店でトラブって、ついカッっとなった女の子が勝手に帰っちゃったりしたとき。まさに地獄。

逆に「バックが間違ってるよ!」みたいなトラブルなら、明確にお店のミスだから話が早いから全然優しいレベル。

10分で対応して再び夢の世界へ戻れます。

6位:女の子が帰らされる

夜職屋さん

うーん、この子、ランク的に大丈夫かな?ダメかな?

えーい、振っちゃえ!

って感じで、ギリギリ見た目の女の子をお店に紹介したとき。

一歩間違えると帰らされます。

紹介した子が帰らされると、お店に損害金として一名分の紹介手数料が無料、さらに、帰らされた女性に当日の時給×保証時間分の手当、

もれなくその女性に精神的ダメージが発生します。非常によろしくないですね…。

トラブルというより、派遣会社側が仕事できてないだけですが、ネタ切れで6位にランクイン。

数千円の派遣手数料に目が眩んで賭けに出ると、痛い目合うよって事例ですね。

5位:引き抜き

派遣会社から紹介される女性を、お店が次回は直接出勤させたり、本入店の交渉をすることは禁止です。

僕も当時は必ず契約するお店には口すっぱく注意喚起を入れてました。

が、しかし、お店はゴリゴリに引き抜きしてきます。

  • 信頼関係が〜
  • WINWINな関係で〜

みたいなこというお店ほど、バチバチに引き抜いてきます。

一応引き抜き行為が発覚した場合、買取って感じで取り決めてたけど、お金をもらったことはありません。

注意して、また数ヶ月後に新しい引き抜き・交渉が発覚する→以後無限ルームです。

もう、引き抜いてもいいからさ、僕らが気づかないようにやって欲しいよねホント。

4位:確定ミス

依頼を受けてるお店に出勤する女性が決まったら、お店に確定メールを送ります。

確定メールってのは、こんな感じの入れる女の子決まったぜーってメールです。

  • 21時出勤 1名
  • 時給○○円
  • 保証○時間
  • ○○送り
  • 最大2時上がり

これがね、一日に何十人って振り分けるので、たまに送り忘れることがあるんスよ。お恥ずかしいことに。

確定メールを送り忘れると、女の子が時間通りお店に入っても、お店は「聞いてないよ。今日は他の会社から呼んじゃったから取れないよ。」ってなります。

どれくらいヤバイ状況か分かって貰えると思います。

こうなると、女性へ当日の最低保証分の給料を自腹で払って、オマケに女性の逆鱗に触れることとなります。

ってかまあ、コレも普通に僕が仕事できないだけの話ってオチなんだけどね…。

3位:店舗キャンセル

確定メールも済んで、女の子も家を出てお店に向かってるとき、お店から依頼キャンセルをくらうときがあります。

お店の人

すみませんー!

急遽体入の子入ったんで、今日の派遣キャンセルでおねしゃすー

みたいな。

いやいや、勘弁してよ。女の子向かっちゃってるよどうするよ状態になります。

夕方くらいの際どい時間にキャンセル食らうと、女の子は他の依頼を探すにも良い依頼はすでに埋まっちゃってるし、最悪働けない場合もあります。

だから、僕たち派遣会社の人間が、お店に変わって女性からの怒りを全力で受け止めます。

普通にキツイです。おかげさまで、”スミマセン“が口癖になりました。

2位:出る出る詐欺

派遣はね、すでにある依頼から選ぶ子と、依頼をリクエストしてくる子がいます。

金曜日、時給4500円の依頼があれば出たいんだけど探してくれませんか?

女の子

みたいな感じでね。

で、リクエストがくれば、こっちは全力で指定された条件で探しまくるんスよ。

いざお店が見つかって、あとは当日の確定を待つだけってなってから、マジで確定時間ギリギリにキャンセルされることが結構あります。

こうなると、お店には何日も前から無理して時給出してもらったのにキャンセルの連絡を入れ、

さらにその日出れる別の子を限られた時間内に探し出すという高難易度ミッションが発生するわけです。

ちなみに、一度出る出る詐欺する子は、他の派遣会社も利用して依頼比較してるので、高確率で再犯を犯します。

たまったもんじゃねえぜヽ(・∀・)

1位:飛ぶ

キャバクラ派遣だけに限らず、水商売で絶対に避けては通れない辛い出来事といえば、女性が飛んでしまうことです。

いわゆる無断欠勤・バックレですね(´⊙ω⊙`)

お店も確定して、入店したら一本LINE下さいって言っといたのに、待てども待てども連絡が来ない…

女の子が飛んじゃったときは、次回の手数料を無料にしてたんですが、お店の反応はだいたい次の二種類。

①:まあ、飛んだのは派遣会社のせいじゃないから仕方ないよね

②:いや、困るから!どうすんのコレ?次回じゃなくて今日必要なんだけど?

①の場合は、優しい。こちらの管理不足でご迷惑をおかけして申し訳ない。

②の場合は、とにかく全力で謝る。むしろそれしかできないのですヨ。

だってバックレは事前には分からないので、発覚は20時過ぎとかになります。

20時過ぎから出勤できる女の子を新たに探すのは非常〜に困難なのです。

だから、地面にデコ擦り付けて謝る。コレが最善!

それでも、ブチブチのブッチ切れされるお店もあるので、脳内を無にして謝る。

相手が何かいう前に”すみましぇん“を連呼する。

まとめ

結論:キャバクラ派遣は、謝るのが上手になる

昼間の派遣会社の方は、ストレスで鬱になるとかって聞いたことあるから、夜はまだ優しい方なんだろうなって思います。

それでも1人でやれば、中々ウマーな月収も目指せるので、やってみたい方はぜひ挑戦してみて下ちぃ。

っつーことで、以上。

また読みに来てくれよなっヽ(・∀・)

あでぃおす。

 icon-check 関連記事キャバクラ派遣運営スタッフの仕事内容を元経験者の僕が公開しようと思う