10月に1番応募が多かったキャバクラ派遣会社

キャバクラ派遣事業を0から立ち上げて売却までした経験談を語ろうと思う

ども!夜職屋さんです(´・ω・`)

僕は現在、死にかけの個人事業主でして、2016年からキャバクラ派遣事業を運営してました。

でも、約2年半ほど全力で駆け抜けて、2018年末に事業売却して本格的に燃え尽きました。

キャバクラ派遣の運営(しかも個人)なんてマニアックな業種、いったい誰が興味あんだよって感じですが、まぁ、食べ盛り・遊び盛り・好きな芸能人のタイプは小島瑠璃子な20代メンズが、それなりに贅沢をして生き延びられた事業です。

もしかして、もしかすると、これからキャバクラ派遣を自分で始めてみたいとお考えの、好きな芸能人のタイプはローラな方もいるかもしれません。

っということで、この記事では、実際に事業立ち上げから売却まで経験している僕が、

  • キャバクラ派遣でどれくらい儲かるのか
  • キャバクラ派遣を運営してみて感じたこと

などを、赤裸々に振り返ってみたいと思います。

夜職屋さん

これからキャバクラ派遣の立ち上げを考えている事業主の方や、あとひとつ収入源が欲しい個人スカウトの方の参考になれば幸いですっ

そもそも、キャバクラ派遣の運営って何する仕事なん?

一般の方からすれば、なかなかマニアックな業種すぎて、わからない方もいるかもなので、念のため職種の紹介もしておきます。

キャバクラ派遣ってのは、女の子の足りないお店に、1日単位で自社に登録している女の子を紹介する仕事です。

ほら、日雇い派遣ってあるじゃないっスか?

あれの水商売バージョンでございます。

あんまり職種としての認知はないかもだけど、マツコ会議でキャバクラ派遣が取り上げられたりして、今はナイトワークの中でも女の子に人気な業種の1つなんですぜ。

夜職屋さん

稼ぎたい女の子と、人手が足りないキャバクラを繋ぎ合わせるキューピットビジネスなのである

なんでキャバクラ派遣の仕事を始めたのか

まぁ〜、ここに書くと長くなるので、詳しくはプロフィールをみて下ちぃ。

ただ、めっちゃ端折って紹介すると・・・

会社員時代のお客さんがキャバクラ派遣は儲かるぞって教えてくれる→マジかよ!じゃあやるわ!(会社やめる)

って感じです。けっこう頭おかしいよね!笑

で、始めてみたら、あれよあれよと地味に上手くいって、気付いたら食っていけてたまんもすうれぴーって感じ(´・ω・`)

夜職屋さん

20代なんて、無謀の塊くらいがちょうどよろしいのです

ぶっちゃけ、キャバクラ派遣ってどれくらい儲かるの?

たぶん、この記事を読んでいる99.7%くらいの方が気になるのって、収入だと思います。

一体、どれくらい売上があって、どれくらいの利益が出ていたのか早く教えろよと。

で、さらっと本題だけど、平均の売上が月に150万〜180万円くらいで、利益が毎月140万円〜170万円くらいでした。

12月の繁忙期だけ、250万円を超えてくるような感じでした。

・・・ドヤァ、うぇい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

って感じではないよね。

夜職屋さん

そう、風が吹けば吹っ飛んでしまいそうな売上なのであります

売上や利益の数字はおいといて、1人でやればマジで儲かる

もちろん、事業主として、売上が毎月200万円にも届かないってのは、多分やばいのかもしれないです・・・

分からんのですよ、初めてなので・・・

でも、キャバクラ派遣は経費もほとんどかからないし、在庫を抱えたりする商売でもないので、とにかく利益率が高かったです。

本当に経費って、事務所代と交通費くらいなので、「売上=ほぼ利益」なのであります。

ようは、稼いだ売上がそのまんまドカンと入ってくるわけですよ。

売上は150万円しかなくても、利益で140万円あるんですよ。

お国のために税金をお支払いしてグレーなことも一切せず、お店からの派遣要請と女の子からの出勤希望を、ベッドで鼻クソほじりながら右へ左へスマホで流して150万円は個人的にはけっこう満足してました(´・ω・`)

もちろん、関東大手のキャバクラ派遣会社さんとかは、想像できないくらいの莫大な売上があると思うので、その辺と比べられても困るんだけど、法人でなく個人で細々とやる分には良い仕事なんじゃないかと思います。

夜職屋さん

ちょっとは、やってみたくなったんじゃないでしょうか?

キャバクラ派遣事業を売却した僕が立ち上げから運営して感じたこと

キャバクラ派遣を回していく中で、良くも悪くも感じたことは沢山ありました。

なかでも強く感じた部分を、ピックアップしてご紹介しますっ!

  1. 思った以上に立ち上げは簡単だった
  2. お金になるのがめっちゃ早かった
  3. ある程度稼げるけど天井が低かった
  4. 最初はめっちゃシンドかった
  5. ストレスがめっちゃ溜まる仕事だった
  6. 2年半の間マジな休みはなかった
  7. 女の子といっぱい知り合えた
  8. 怖い人との繋がりは一切なかった

夜職屋さん

順番に振り返りますっ

①:思った以上に立ち上げは簡単だった

キャバクラ派遣って、ぶっちゃけスマホ1台あれば、今すぐ始められます。(許可がないと違法だけどね)

今日からキャバクラ派遣会社だァァァ!って思えば、アナタは立派なキャバクラ派遣人です。(許可がないと違法だけどね)

僕は、ショボいブログで登録者を集めて、LINEで女の子・お店と連絡を取って回しまくるアナログなやり方でバリバリ成り立ちました。

初期費用も、事務所として借りたボロアパート代と、HP兼ブログのサーバー代で1万円くらい。

でさ、当時「キャバクラ派遣 開業」とかでめっちゃググってたんスけど、これからキャバクラ派遣会社を立ち上げたいであろう方の質問がYahoo!知恵袋に掲載されてました。

回答には「派遣業の資格が必要」ってめっちゃ書かれてて、他のサイトにも「派遣業は必須やで!」って書かれてたけど、この辺りは募集サイトの見せ方次第で解決できます。

で、みんな口を揃えて派遣業の許可と言うけど、キャバクラ派遣は1日紹介なので、一般労働者派遣事業許可じゃなくて必要なのは有料職業紹介です。

だから、派遣業の許可なんていらないのだ(´・ω・`)

じゃあ、有料職業紹介の許可は取得してたの?って話だけど、持ってたよ。いつ取ったのかはなぜか思い出せないんだよね。

夜職屋さん

ちゃんと資格取ってから運営してたからね。資格ないときは、キャバクラ派遣って名乗ってただけだからね。いやホントだしね。

②:お金になるのがめっちゃ早かった

キャバクラ派遣の売り上げは、「派遣人数 × 手数料」です。

例えば、手数料3000円で1日に5名派遣したら、日給15000円になります。

なので、もとから協力してくれる女の子が数人いる方なら、お店と契約さえできれば運営初日から数万稼ぐことだってできるのです。(すごい)

さらにさらに!

僕は、売上の回収方法を手集金の1週間に1度の支払いサイクルにしていました。

毎週が給料日!やばい!金欠状態でもお財布ゲージの回復スピードぱねぇ!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

・・・状態になるわけです。

マジで稼いだお金がすぐに手元に来るって、モチベーションが上がりまくります。

始めたばかりの頃は「1日に10人派遣できれば・・・ムフフ」なんて考えていたのを、今でも鮮明に覚えています。(懐い)

それに、僕が派遣を始めたときは時期がよかったのもあったけど、開始3ヶ月目くらいには40万円くらいの売上があって、もう派遣だけで食っていける状態でした。

夜職屋さん

ここまでお金になるのが早い仕事を個人でできるって、派遣、素晴らしくない?

③:ある程度稼げるけど天井は低い

立ち上げ〜成長までは早いんだけど、ある一定の売上までくると面白いくらい伸びなくなりました!

原因は、派遣依頼をくれるお店よりも、出勤したい女の子の方が多くなっちゃったから・・・

キャバクラ派遣を運営する上で難しいのって、実は女の子を集めることよりも、お店から依頼をもらうことなんス。

これは、やったことある人なら絶ッッ対に分かるはず!!

女の子は毎月・毎年新しい子が増えるけど、お店の数は限りがあるので・・・

だから、運営をはじめてから半年くらいで売上が100万いったんだけど、それから2年間、年末以外は1回も200万円超えてないっスからね(´・ω・`)

僕は田舎エリアでやってたんですけど、もっと稼ぐにはエリア拡大しなくちゃだし、拡大すれば大手が猛威振るってるし、伸ばすのは難しそうな感じだったと思う。

夜職屋さん

大手の食べ残しを拾って生きるので精一杯でした

④:最初はめっちゃシンドかった

最初から片手間でサクッと!ってほどには行きません。

僕の場合はサイトも自分で作ってたし、アクセスを集めるための作業も自分でやりました。

それに、サイトが完成したら田舎とはいえ、1日に車で200キロとか移動してお店に営業回ったりもしてました。

営業はキャバクラ自体が無限にあるわけじゃないので、ある程度回ったら新規店がオープンしたときくらいになるけど、合わせて女の子の面接も入ってきます。

しかもこの面接、だいたい毎日入るし、特定の会場でまとめて面接とかじゃなくて、1人ひとりの希望場所まで僕が出向くスタイルだったので、もう死にそうな移動距離。

で、不採用ランクの子とか来てみなさいよ。もう泣いちゃうよ夜職屋さん。

営業が落ち着いて、週1回の集金回りと面接だけになればまだ楽なんだけど、ゴリゴリ営業期間の最初はマジでシンドかった・・・

夜職屋さん

「いや、人雇えよ。」は禁句

⑤:ストレスがめっちゃ溜まる仕事だった

忘れてはいけない。キャバクラ派遣は人材マッチング事業です。

お店は、当日のキャスト不足に散々悩み抜いて、最終手段として派遣会社を利用します。

で、僕が、すごく頼れる感じで、

夜職屋さん

大丈夫です!ちゃんと1名出勤取れました!

21時出勤でお店に行かせます!

って伝えても、女の子ってみんな出勤の1時間前に体調悪くなったりするんだよね。(なぜなのか)

ひどいときなんか、無断でバックレる子もいるんだよね。

そうすると、お店から激しいブッ詰めがお待ちしております。

ほんとにね、僕だって代わりの子派遣したりしたいけど、無理なものは無理なの。

それに、女の子のバックレなんて事前に把握できないよ!だってバックレだもん(´・ω・`)

それでもお店の人たち容赦なく詰めてくるからさ、「はぁ・・・飛んでんの俺じゃねーのに・・・」って思うことはさすがにある。

で、次の日の集金とかに、今度はお店の人が支払いしないまま飛んだりするからオモシロくて辞めらんねーんだコレが。笑

夜職屋さん

ちなみに、支払いをバックレられたら怒りと苦しみに精神を削られて消耗します

⑥:2年半の間マジな休日がなかった

キャバクラ派遣会社って、お金持ってる大手さんとかだと、お店と女の子の管理をシステム組んで自動化してたりします。

だから、お店と女の子のマッチングは、24時間スマホで自動で行われます。

でも、僕のやり方は、1人ひとりをLINEで連絡とって手動で繋げる最強アナログシステム。

なので、いつお店から依頼がくるか、いつ女の子から出勤希望が来るか分からないから、1時間とかスマホを放置することが2年半で1度もなかったです。

思い返してみれば、いかなる場合でもスマホの存在を忘れませんでした。

友人と温泉に入ってる時、15分置きに更衣室戻って確認したり、

イヤホンしてマッチングの電話しながらスノボー滑ったり、

映画館では電話が来すぎて出入りが激しいから、出入り口の通路でバイオハザードみたり・・・

BBQとか海とかでも、昼間にお酒飲んで夕方忙しくなった時に酔っ払ってるとマズイので、昼間からお酒は飲めないんです(´・ω・`)

あと、LINEいっぱいするから、17時〜18時は車乗れない。

それくらい、動かなくてもスマホに縛られてたので、事業売却した初日はマジで心地よかったです・・・照

まあ、お金のない個人事業主だったから、仕方ないんだけど(´・ω・`)

夜職屋さん

たかが連絡取るだけだけど、寝てる時とかもクレームの電話でしょっちゅう起きるので、そこを仕事だと思ってできない人には厳しいと思う

⑦:女の子といっぱい知り合えた

あそびたい、でも遊べない。でも遊びたい、いや、遊んじゃダメだ。

何度この事実に向き合ったことでしょう。

ほぼ、1日最低1人とかのペーズで新しい若き女性との出会いが待ち構える日々です。

そりゃーそんだけ増えれば、1人か2人くらい頻繁にドチャクソタイプな子が出現するわけです(´・ω・`)

だけど、コレは仕事・・・

僕はスカウトマンのときから遊びと仕事はしっかり分けてきたタイプで、迷ったりはするものの、今まで仕事の子と飲み行ったことは本当に数回しかありません。

なので、隠しきれない本能をなるべく隠して、2年半の間で1度しか飲みにいきませんでした(ちゃんと遊んでる)

自営業でなので、登録者との関係をどのようにして保つかは自分次第だからね。

夜職屋さん

女の子大好きすぎるスケベだと、信用を失って仕事にならんかもですね

⑧:怖い人との繋がりは一切必要なかった

水商売の自営業ってなると、怖い人と関係を持たなくちゃならないみたいに思われるけど、僕は今まで1回も関わりませんでした。

ただ、1点だけ気をつけていたことといえば、法人企業のライバル会社はともかく、スカウト会社直営の派遣会社に登録している女性は引き抜かないようすることを徹底してました。

相手がスカウト会社だと、ガッツリ裏の繋がりもある可能性が高いので、登録女性1人が原因で揉め事になったり目をつけられるのはコスパが悪過ぎます(´・ω・`)

僕の派遣会社は二重登録もOKにしてたし、いつでも他の派遣会社に浮気していいよスタイルでやってたけど、たぶん大手の会社は他も同じだったと思います。

ガンガン大手派遣会社から引き抜いてたし、こちらも引き抜かれてたけど、一度もトラブルになったことはありません。

夜職屋さん

応募してきた女の子を風俗に流したりしないで、税金払って健全に運営してればなんも問題はないみたい

キャバクラ派遣事業を売却した経緯

この辺も詳しくはプロフィールに買いてるけど、ざっくり説明すると次のような感じ。

  1. 今は良いけど、このまま一生派遣だけも不安
  2. なんか別のこともやりたいなやろうかな
  3. 派遣を事業ごと買ってくれる人現る
  4. 売る
  5. やることなくなる。ブログ書く。ニート

おもしろいでしょう?(´・ω・`)

1番は、やっぱりタイミングもあった!でかかった!

天井が見えちゃってる段階で、伸ばす施策もうまくいかなくて、そんな不安感じてるときに買ってくれるって言うから、まぁ良いんじゃね?って感じっ。

せっかくお金目的でキャバクラ派遣はじめたのに、なんか上限見えたまま何もできずに立ち止まるのもなぁ〜って。

だったら、踏ん切りつけて、別のこと始めてもっと稼ぐぜ!!っ的な。

そんで、いまは引きこもってブログ書いたりサイトいじくったりしてんだからカオスですよ本当に。(マジ)

え?お前が新しくやりたかったことってブログ?それで派遣より稼ぐの?ww

って周りから言われるけど、自分が1番そう思ってるから、まだ救いようはあると思う・・・(マジ)

でも、スカウトとはまた違った女の子の集め方を知って、派遣を運営してた2年半で少しだけWebに強くなった気がするから、とりあえずがむばるぜヽ(・∀・)

え?収入ですか、もちろん絶賛下落中に決まってるじゃないですか。

いつかきっと、ブログスカウトだけで月200万円行ったわwwすげぇw俺!みたいな記事をここに追記したいと思います。たぶん

もう追記の準備しちゃおっと(´・ω・`)

追記:20◯◯年◯月◯日

ブログスカウトだけで月200万円行ったわwwすげぇw俺!

夜職屋さん

頑張れ俺っ!

これからキャバクラ派遣を開業したい方へ

まずは、ゼロから低資金でコツコツと信用を集めましょう!

ホント、これに尽きます。

僕と同時期にスタートしたキャバクラ派遣会社さんが2社ありましたが、1年持たずに潰れてました・・・

あとから関係者の方にお話を聞けたんだけど、サイト制作費と出勤管理システムの初期費用がかかり過ぎた割には上手く派遣が回せなかったみたいです。

すでに多くの登録者がいる大手だからこそ、放っておいても勝手にお店と女の子がマッチングするけど、立ち上げたばかりの弱小派遣会社は人の手なしでは上手く回りません。

なので、常に女の子とお店の間に入って、信用を積み重ねていくのが1番です!

大手が対応してない細かい対応までして、めんどくさいクレームにも自腹切って対応して、それを繰り返して少しずつお店と女の子から信用がたまります。

で、担当者が夜職屋さんだから依頼するよ!って言ってくれるお店があったり、こっちから頼んで出勤してくれる子がいたりして、回りに助けられながら少しずつ成長します(´・ω・`)

あとはアナタのやる気次第なので、とにかくガムシャラに動いてみるのが良いと思います!

ってことで、あでぃおす!

夜職屋さん

小さな事業を模索している方の、今後の突破口となれば幸いですっ

関連キャバクラ派遣運営スタッフの仕事内容を元経験者の僕が公開しようと思う